ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2020年07月28日

ひとりぽっち×2=なかよし兄妹

「子猫がやってきました。遊びに来てください」
そんなお誘いを受けてやってきたのは海辺の直子さんち。

1.jpg

おお!なんて愛らしい茶トラくん。
こなつくん。生後4か月くらいのやんちゃ盛りです。

2.jpg

耳が短いのはスコティッシュの血が入っているからかと思いましたが、獣医さん曰く「どうして両耳ともかじられてるのかな。何にかじられたのかな」だそうです。

3.jpg

代々の猫さんたちに負けず、カーテン登りで、せっせとカーテン繊維を破壊中の様子。

4.jpg

そして、やんちゃ猫は1匹だけではありませんでした!
そのそばに、同じくらいの月齢の三毛猫さんが。

5.jpg

こはるちゃん。
同年齢でも、なぜか女の子の方がしっかり見えます(笑)。
「この子たちは、きょうだいではないんですよ」と、直子さん。

2年前の春に取材させてもらったときには、直子さんちには3匹の保護猫がいましたが、ジャガーちゃん(推定23歳くらい)とヘレンくん(推定15歳くらい)を次々見送り、4歳のナッツくんだけになって、家の中がぽっかりしてしまいました。
https://www.nekobu.com/blog/2018/05/post-1727.html

そんなとき、上の娘さんの友達で、造園の仕事をしている若者から、子猫保護の相談が娘さんに。
仕事先のお庭で、サツキの根元でニャアニャア鳴いていた子猫。土砂降りになったので、仕事の間、車の中に入れてあげていたそうです。そのおうちの方に『ノラの子』と聞いて連れ帰ったものの、自宅では飼うことができないとのこと。
それを聞いて、ナッツくんの新しい相棒にと、迎えることにしました。

6.jpg

ナッツと同じ毛色で、小さいから、小ナッツ。だから、「こなつ」という名になりました。
ナッツくん、元気いっぱいの子猫にたじたじ。遊んでほしいこなつくんからプイッと離れてしまいます。

7.jpg

そんな時、「子猫、もう1匹どう?」と、知人から保護猫情報が。
「こなつの遊び相手にもなるし、ナッツのストレス軽減にもなるかなと、その子も引き受けちゃいました」と直子さん。

8.jpg

やってきたばかりのこはるちゃんはしおらしい美少女の風情ですが、すぐにやんちゃ娘の本領発揮。
「こなつは、初対面の時、フーッと言いながら、じりじり後ずさりしてました(笑)」

9.jpg

ひとりぽっちだった子猫同士は、兄妹に。
三毛さんですから、けっこう勝気。
でも、こなつくんも負けてはいません。
起きている間中、取っ組み合ったり、追いかけ合ったり、一緒に探検したり。
ナッツくんも、いい距離で、のんびり。

10.jpg

直子さんと3ショットを撮ろうとしても、じゃれ合って、まったく静止してくれません。

11.jpg

やっと撮れたのが、この1枚。
そのあと、お決まりの、私の籠の中を探検に。

12.jpg

「久しぶりの子猫との生活。しかも2匹なので、楽しいやら目が離せないやら」と、直子さん。
路頭に迷っていたひとりぽっちの2匹を迎え、楽しい家族にしてくださってありがとうございます。

取材後、直子さんが送ってくれた「兄妹昼寝の図」。
つかのま、コロナ禍の憂さを吹き払ってくれる微笑ましさです。

13.jpg

「妹の家も、新入り保護猫が次々4匹やってきて、猫たちが暮らしやすい家に自分たちで大リフォームしたんですよ~」
ということで、続けて直子さんの妹路子さん宅も訪問しました。来週に続きます。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

わあーー!なんて可愛いのでしょう!!こなつくん、可愛いと言われるために生まれてきたような(笑)こはるちゃんもしおらしい表情も相当な美少女ですね。三毛さんの勝ち気さもいいなぁー(保護猫シェルターでゴロニャンしてくる三毛猫さんの横をただ通っただけの雄の茶猫が邪魔しないでよ!と三毛さんに何度はたけれているのをみたことでしょう(笑))二匹とも、可愛いの塊です♪
妹さんのお話も楽しみにしています!

by とも 2020-07-28 19:19

助けられてお兄ちゃんができて、妹もできて、シアワセな子!
それにしても、こなつ君、耳かじられたなんでドラえもんじゃあるまいしw耳折れスコにしか見えません。

by 3匹の母 2020-07-28 19:45

可愛い!!子猫の愛らしさは無敵ですね。一緒に遊んで、食べて、眠って、大きく育て!猫仕様にリフォーム、凄く興味があります。来週も楽しみです。

by ちぃ 2020-07-28 20:47

大人猫は落ち着いていて可愛いけど、子猫も愛らしくていつまでも見ていたいくらいですね。みんにゃで仲良く元気に過ごして欲しいです。
次回はどんなニャンズを紹介してくれるのかな。楽しみです。

by シーマン 2020-07-28 23:14

>ともさん

たぶん半年後には、こなつ君は、妹のお尻の下に敷かれていると思います(笑)。
それはそれで、平和かと、何しろ三毛さん最強ですから。

by 道ばた猫 2020-07-29 00:22

>3匹の母さん

こなつくんは保護したとき、ノミダニがすごかったそうなので、耳はダニにやられて縮んだ可能性もあるような・・・。いずれにしてもミステリアスなこなつくんのお耳です。

by 道ばた猫 2020-07-29 00:26

>ちいさん

路子さんのおうちは、前は一面の田んぼ、後ろはクローバーの原っぱ。元紡績工場を、さてどのように猫の家にしたのか、お楽しみに!

by 道ばた猫 2020-07-29 00:29

>シーマンさん

来週は、総勢7匹の個性派保護猫さん。多すぎて、1階組と、2階組の2週続きでご紹介します。
全盲の保護猫さんは3匹ですが、走ったり登ったり。

by 道ばた猫 2020-07-29 00:33

ジャガーちゃん!ヘレンくん。
新しい家族がふえて
天国で喜んでいるでしょうね♪

ヤキモチやくかな?
それはないですよねー (笑)

by ミンディー 2020-07-29 11:15

>ミンディーさん

雨にずぶぬれだったジャガーちゃん、お腹に穴の開いていたヘレン君。直子さんちに迎えられ楽しき日々を過ごしてしあわせでした。だから、天国から「おー、今度はちびっちゃいのがきた」と目を細めていると思います~

by 道ばた猫 2020-07-30 05:31

こなつくんの耳はカラスの仕業?と思ったけどどうなんだろう?

子猫はいつだって何してたってかわいい!
子猫同士の絡み合いは1日中見てても飽きないね。
(もちろんおとな猫だってかわいい。
おとな猫は、その生きてきた年月にプラス愛しさ倍増だけどね。)
..
子猫は柔軟性があるからどんな環境にも慣れるよ。飼い主しだいだよ。
と師匠に言われたのを思い出しました。

by 才蔵 2020-08-02 05:50

>才蔵さん

カラスは賢いから、獲物は逃がさないよう大腿部からつつくと聞いたことがあります。耳ダニかもしれませんね。子猫は、ほんと、エライ。幼くして母さんから離れても新しい環境に溶け込んでいくのですもの。

by 道ばた猫 2020-08-04 07:22