ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2020年01月14日

ロクとナナ

「わ、わ、知らないヒト!」

1.jpg

マンションのドアを開けるなり、こんなびっくりポーズで出迎えてくれたのは、黒白のロクくん。
生後半年を過ぎたやんちゃ盛りです。

「ロクったら、何ビビってんの。このひと、猫好きってすぐわかるじゃない」と、ゆったり迎えてくれたのは、ロクくんと仲良し兄妹の、縞三毛ナナちゃん。

2.jpg

そうだね~と、すぐに、ロクくんのほうも打ち解けてくれました。

3.jpg

2匹が香江さんの家にやってきたのは、昨年10月。

4.jpg

香江さんの一人息子瑛仁(えいと)くんの仲良し、音翔(おと)くんのお母さん孝枝さんから「可愛い子猫がいるから見に来ない?」と言われたのが、きっかけでした。
孝枝さんは、二人の息子共々、千葉県の保護団体goens(ごえん)のミルクボランティアをしているのです。ミルクボランティアというのは、保護猫がまだ授乳を必要とする仔猫の場合、預かって育てるボランティアのこと。

飼っていた犬も猫も見送って、譲渡会などで犬を探していた香江さんでしたが、誘いに応じて子猫を見に孝枝さんの家に。

「やんちゃなロクは、そこらじゅう跳びまわっていました。人に懐かないと言われていたナナが、なぜか私の膝に乗ってきて、ゴロゴロゴロゴロと下りようとせず、そのまま寝入ってしまったんです」

そんなナナちゃんにハートをギュッとつかまれてしまった香江さん。
「わかった、わかった、うちの子にするから」と、ナナちゃんに約束をしました。

体重が1キロを超えてワクチンを打ってからの譲渡となるため、その後、ロクとナナ兄妹は、授乳期を終え、次の預かりボランティア鶴子さん宅へ。
ナナちゃんがやってくるのを待つあいだ、香江さんは考えました。
「私がお店に出ている間、1匹ではさびしいのでは。そうだ、あの時のきょうだいも一緒に迎えよう」
香江さんは、味わいのある店が軒を連ねる中目黒銀座商店街で「ギャラリー翠(すい)」という、有田焼の器を中心としたセレクトショップを開いています。

そして、やってきた、ロクナナ兄妹。
ボランティア宅で、うんと可愛がられていたので、2日目にして、このくつろぎよう。

5.jpg

4年生の瑛仁(えいと)くんも、大喜び。

6.jpg

ナナちゃんは、初対面の時と同じく、香江さんにゴロゴロゴロゴロ。
ロクくんは、やんちゃ同士、瑛仁お兄ちゃんとすっかり意気投合して、飛び跳ねて後を追いかけているそうです。

こんなしあわせを絵にかいたような2匹。
じつは、千葉県のとある町で、多頭飼育崩壊現場から救出された子たちでした。

昨年道ばた6月の道ばた猫日記「『かぶきあげ』くん」でご紹介したgoensのメンバー、金田さんが、多頭飼育の家の掃除に入ったときに発見した、5匹の生まれて間もない痩せた仔猫たち。すでに同じ大きさの子猫2匹は亡きがらになっていました。
飼い主は、どの猫がお腹が大きくて、仔猫をいつどの猫が産んだのかさえ知らないという、過酷な現場でした。

生き残った3匹は、白黒と縞三毛と黒猫。
白黒(ロク)は、274グラム、縞三毛(ナナ)はたったの138グラムでした。

7.jpg

goensのみなさんに大切に命を繋いでもらって、今の2匹の命としあわせがあるのです。
一緒に保護された、もう1匹の黒猫さんも、譲渡先でしあわせに暮らしているそうです。

8.jpg

そんな過去を共にしてきた仲良し兄妹。
いたずらを楽しむのも、一緒です。

「とにかく水に目がないんです。水浴びの好きなロクはふろ場のシャワーを勝手に使いますし、ナナは、キッチンのウオーターサーバーを勝手に押して水を飲みます。ティッシュを箱から全部引き出して水につけて遊んだり、キッチンのごみ入れを倒して中身を出して入ってたり、ふたりで、知恵を寄せ合っていろいろやらかします。お皿を洗ってても、顔を洗ってても、手を出してくるんですよ」

9.jpg

香江さんは、楽し気に言います。何をやっても、可愛くて仕方ないんですね。

10.jpg

ロクくんは、じつにダイナミックに動き回ります。
食器棚や換気扇の上など、ひとっ飛び。

11.jpg

「ロク、すごーい!」と、ナナちゃんから羨望の目で見あげられて、どや顔のロクくん。

12.jpg

「兄妹で迎えて、よかった!」と香江さん。
ひとりっ子の瑛仁くんも、毎日「可愛い、可愛い」と、言い続けているそうです。

ところで、ロクとナナの名前の由来、とっくにお分かりですよね?
そう、エイトくんの可愛い妹と弟だから、ナナと、ロク。

13.jpg

香江さんとナナちゃんの後ろの恐竜の絵は、瑛仁くんが1年生の時に描いたもの(向かって左)と、3年生の時に描いたものだそうですが、なんてセンスのいい、のびのびした色使いなのでしょう。ナナちゃんとロクちゃんの絵も、ぜひ見たいものです。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

今日もかわいいロクとナナの記事ありがとうございます
水浴びが好きとはうらやましい
家のぽんちゃんは最初にお風呂入れた時は暴れまくって大変でした(^_^;)
最近は慣れてきたみたいで良かったけど
でも水浴び好きでも大変みたいですね(^_^;)

by ぽん子 2020-01-14 16:56

カワイイ〜!カワイイ〜!やっぱり連呼しちゃいますよネ(^^)
絵のセンスバツグンのエイト君に、妹ナナちゃんと弟ロクくんが加わり、賑やかな様子が伝わってきます。
イタズラも元気があってヨロシ♪(笑)

by マム 2020-01-14 17:30

ロク(^_^;)
最初毛が逆だってる(^_^;)

しかしこのネーミング
もう一匹飼ってしまったら

「ゴン」

にするしかあるまい(^_^;)

それよりなにより

ナナのクッションの

「ししまい」

みたいなのが気になって仕方ない(^_^;)

by ドラ猫マスター 2020-01-14 17:48

6・7・8
9として私ももらわれたい。笑い
多頭飼育崩壊ですか・・・
本当になんとかならないかなぁー

8画伯のセンス♪♪♪

by ミンディー 2020-01-14 18:16

どんなに過酷な場所で生まれても、猫はみんな天真爛漫に見えるところがすごい!
うちの猫は、風呂に入ったことがありません。一度入れようとして、手から腕から傷だらけになったので、無駄な抵抗はやめました(^-^;。
ナナちゃん、自分で水出して、もう人間の域では。なんか喋りだしそう…‘’今日は水の出が悪いわ‘’とか。ロクくん、白いソックスかわいいですね~。白黒猫さんは、他の柄にはない愛嬌があるように感じます。いたずら好きそうな。
2匹とも首からお腹にかけて白いところが、さすが兄妹ですね。柄も似るのかな。

by さび茶風 2020-01-14 19:32

猫は本能でネコ好きの人がわかるんですね。
幸せになって、本当に良かったです。前の人間との暮らしが辛かった分もこれからは、ずっと幸せでいてほしいです。
昨日、ぽんずが弟の足に初めてスリスリしたんです。家族と認めてくれたようです。ちなみに彼は火曜日生まれです。佐竹さんのブログの日に生まれたなら、きっとネコ好きな子になると思います。

by ふみちゃん 2020-01-14 20:33

どんなにイタズラされても、猫と生活するのは楽しい!そんな様子がひしひしと伝わって来ますね。
水が好きなニャンズなら、お風呂に入るのは余裕かな?そのうち人間が使うトイレも平然と使っていそう(笑)

by シーマン 2020-01-14 22:53

>ぽん子さん

ナナロクコンビのいたずらは、もっぱら「水」らしいですよ。浴室のドアが開いていたら、必ずシャワーを浴びに行くのだとか。留守の時は、しっかり水回り点検ですって(笑)。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:04

>マムさん

はい、元気があってヨロシ。なくなっていた2匹の分まで引き受けて、しっかりいたずらをしているようなお二方でした。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:07

>ドラ猫マスターさん

さすがお目が高い。気になさっている「ししまい」みたいなものは、石垣島「米子焼き工房」のシーサーです。すごく元気のある色と形ですよね~。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:10

>ミンディーさん

新参で仲間入りなら、9でなく、5となりますよ(笑)。ファイブちゃんかな、ごうちゃんかな。
毎日楽しく暮らせそうですね!

by 道ばた猫 2020-01-15 00:14

>さび茶風さん

そうなんです、2匹とも、お腹の白い模様が同じなんですよ!
私にとって白黒猫は、予想外の行動をするマイペースイメージです。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:16

>ふみちゃんさん

はい、12月17日、珍しくコメントがなかったので、「あ、生まれたな」と思いましたよ(笑)。
スリスリをしたなら、もう兄弟の契り完了ですね、これからうんと可愛がってくれることでしょう。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:21

>シーマンさん

そのうち、手や顔を洗い出したりして・・・。
兄妹2匹同じ趣味だと、水撥ねの後片付けも、大変かも(笑)。

by 道ばた猫 2020-01-15 00:25

ロクくんのびっくりポーズ!最高の一枚ですね♪ナナちゃんの甘えん坊上手なのも可愛い!香江さんや瑛仁くんに抱き抱えられる二匹の甘ったれな様子も本当に可愛いなぁ~。お名前のセンスもおしゃれですね。香江さんもお美しいし香江さんによく似ていらっしゃる瑛仁くんもきれいなおぼっちゃまでロクくんナナちゃん、すっかり良家のおぼっちゃま、おじょうちゃまのようです(*^-^*)小さな命が助かり幸せに暮らしているお話はいつもいつもうれしくてお話のなかの家族がこれからも幸せでありますようにと思います。あ、猫が水好きなんてびっくりですー!猫も進化しているのですね。

by とも 2020-01-15 07:05

色んな猫を見てきましたが、ウォーターサーバーから水を出そうとする猫を見るのは初めてです 笑

by アツシ 2020-01-15 08:57

>ともさん

猫たちのしあわせを、いつも一緒に喜んでくださってありがとうございます!
しあわせな猫はまあるい目をしてますよね~

by 道ばた猫 2020-01-16 03:34

>アツシさん

猫のかくし芸大会があったら、エントリーしそうなナナちゃんですよね。
うちは…来客があったときの「隠れ芸」かな(笑)

by 道ばた猫 2020-01-16 03:37

8画伯すご~い!もう見いっちゃったよん。
絶対才能あるから絵は続けて欲しいな。
どんな形でもいいから。

ウォーターサーバーを器用に使いこなすナナちゃん。アッパレ\(^_^)/
水に興味あるのは微笑ましいけど、実生活で困ることもあるんだよね。
ウチの黒助は入れ物に入った水に手を突っ込んでバシャバシャやったり掬って水を飲むのが大好き!
猫友達には大好評なんだけどね。
特に困るのが、その濡れた手を振りながらあちこち歩き廻るんですよ。
私は家では基本裸足なんで歩いたら「冷てぇ!」事件が頻発。真冬は靴下で歩いてるんで靴下が知らないうちに濡れてることもしょっちゅう。
それは下僕が習慣を改めろ!という事かもしれませんが...(苦笑)

ついつい脱線してしまいました。
でも、どんないたずらされてもかわいいくて仕方ない気持ちはよくわかるのだぁ!
かわいいもんね~。
ナナちゃん、そのちいささでよく生き延びてくれたね。
ありがとう。
携わってくださった皆さんありがとう!

今日の一枚は毛が逆立っちゃってるロクくん。
個人的にこういう写真大好物なのだ。(笑)
876兄弟いつまでも仲良くくらしてね!


by 才蔵 2020-01-16 15:12

>才蔵さん

毛を逆立ててる猫さん、久しぶりに見ました(笑)。可愛いなあ、ブローチにしたいなあ、と思っちゃう形です。この1枚を選んでくださってうれしいです。

by 道ばた猫 2020-01-18 02:58