ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2019年06月25日

「かぶきあげ」くん

「かぶきあげ」という変わった名前の猫さんに会いに行きました。
先週紹介した祐貴さん母子が預かりボランティアをしている保護活動団体goensのHPを見ていたら、
goensボランティア・メンバーの由希さんが保護した猫の写真が載っていて、
会いたくてたまらなくなったのです。
その名もさることながら、何ともそそる顔立ちのオトコだったので。

20190625-1.jpg

ね、なんとも個性的なお顔でしょう?

20190625-2.jpg

かぶきあげくんは、推定4~5歳。
濃い栗色と白のツートンカラーで、ちょっと目が寄っています。
その目の色は、黄緑がかったレモン色。
そして、ユニークな顔模様。
一度見たら、クセになる猫さんです。

20190625-3.jpg

大きななりして、やたら甘えん坊で、グルルルルルルと喉を鳴らしながら、スリスリしたら、甘噛みしてきたり。
由希さんも、そんなかぶきあげくんが可愛くて仕方がない様子です。

20190625-4-2.jpg

このかぶきあげくん、保護当時は、まさにボロボロ状態でした。
今年3月のこと。
由希さんは、千葉県内の多頭飼育崩壊現場から救出した子猫を病院へ連れて行こうとしているところでした。そこへ、友人からこんな連絡が。
「数日前からアパートの周りにいた猫が、アパートの前で動けなくなっている。どうしよう」

動物病院へ行く途中で寄ってみると、茶色だか灰色だか、薄汚れた猫が、力なくうずくまっています。よだれを垂らし、前足に咬まれたようなケガもしています。
すぐさま、キャリーに入れ、病院へ。

「もう、この子、死にかけてるよ」
先生は、そう言いました。
そう、かぶきあげくんは、保護当日、こんなにもひどい状態だったのです。

20190625-5.jpg

ケガの手当てなどでしばらく通院することに。血液検査の結果、白血病キャリアということもわかりました。
もう長くはないような先生の口ぶりでした。

「それが、抜歯後、食欲が出てきて、少しずつ元気に。シャンプーをしてやったら、灰色だった部分の毛は真っ白になりました」と、由希さん。

20190625-6-2.jpg

そして、今は、食欲もあり、動きも活発。体もずいぶんふっくらしてきました。
気になる名前の由来はというと...。
歌舞伎役者の隈取のような顔模様なので「かぶき」という名を考え、由希さんがせんべいの「歌舞伎揚げ」を好きなこともあって、「かぶきあげ」に。

かぶきあげくん、隈取イケメンながら、かなりの甘えん坊で、さびしがりや。
由希さんのおうちには、現在、かぶきあげくんの他にも、譲渡先募集中の保護猫が、1階2階合わせて10匹!
2件の多頭崩壊現場から救出した子猫たちを含め、行き場のなかった猫たちを預かって、譲渡会などでおうちを見つけています。

かぶきあげくんは、キャリアなので、専用部屋で1匹暮らし。
由希さんが仕事から帰って来るのを待ちかねて、グルルルルルと、ひたすら甘え倒します。

20190625-7.jpg

おしゃべり大好き。腰ポンも大好き。

20190625-8.jpg

とにかく、人間がそばにいれば、ご機嫌のかぶきあげくん。
元は飼い猫だったのでしょうか。
それとも、長いこと人の愛に飢えていたのでしょうか。

20190625-9.jpg

隣室で、由希さん夫妻が、保護子猫たちをかまっている声が壁越しに聞こえると、
「アオーン~アオーン~」と大声で呼びます。

20190625-10.jpg

かぶきあげくん、動きにつれ、ふとしたはずみに首のところに小さな濃茶のハートマークが現れます。
これは、きっと強運のシルシ。
たっぷり甘えてストレスなく暮らしていけば、このまま発症せずに、ノンキャリアの猫さんと変わらず長生きできるのでは。
そう思っていたら・・・・。

かぶきあげくんを迎える準備をしている方がいるんですって。
ひと目見て、「すごくカワイイ!」と、すっかり気にいってしまったそうな。
由希さんの同僚の方だそうです。

「まずは、ペット可の住まいを探して、もしも発症してしまった時の医療費も貯めなくちゃ!」と言っているその方に、
由希さんたち周りではこう言っています。
「大丈夫! その時は、私たちがカンパするから」
力強い応援団ですね!

20190625-11.jpg

道ばたで死にかけていたキャリア猫のかぶきあげくん。
いま、安心できる温かな居場所を得て、終生のおうちと家族ができるまで、あと少しです。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『里山の子、さっちゃん』『猫だって……。』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

気になる由来

それはおいら事だな(^_^;)
とにかく由来由来
言い続けているだに(^_^;)

なかなかおいらのハートをわしづかみ
しているではないだにか?

今度「すき家!」
の牛丼セットならおごってやるだに!


さてお名前
お顔云々別にして
歌舞伎揚げ好きなら、そこで

「確定!」

そんで
ハ、ハートマーク?

それはどっかの

「お腹ぼよんぼよん」

と同じではないか!


まあこれは大物になるだにね。
しかもボディも(^_^;)

強運なネコたんだわ、これは

安心しただによ(^_^;)

by ドラ猫マスター 2019-06-25 16:28

美味しそうな名前と、個性的な顔立ち。一目見たら、忘れられない、人間を引き付けて離さない魅力的な子ですね。願わくは白血病が発症しないで長生きしてくれること。我が家のそらのようにならないで。
そらには、大きいお兄ちゃんになるんだよ。弟か妹が元気に生まれて来るように守ってね。と声をかけています。

by ふみちゃん 2019-06-25 16:38

かぶきあげ君の保護された状況が、3年前にやはり道端で保護した猫にソックリです。

全身を覆うかさぶた。あばら骨が出て毛もぬけおち、どんな毛が生えているかわからない状態でした。
でも大きな声で鳴き助けを求めていました。
その猫はその後丸々と太り、スッカリ見違えるようなイケメンになりました。

かぶきあげ君は里親さんも見つかったそうで、幸せな猫生を送って下さいね。

by リオママ 2019-06-25 16:47

かぶ君♡(勝手に短縮しました!)本当に良かったね。死にそうだったとは思えないくらいふわふわモフモフのイケメン?によみがえりましたね。リオ君のときと同じですね。助けてくれたみなさんに敬意をはらいたいです。うちのぺったんは栄養状態は問題なかったけれど、保護したばかりの当時はシャンプーするまでしっぽの形がビーバーみたいにぺったんこでした(笑)
かぶ君のお顔一度みたら忘れられませんねえ~。

by ぺったんの母 2019-06-25 17:30

まあ、なんとも言えない
憎めないお顔(^_^;)

名前もお姿も美味しそうですね
これはかわいいだろうな

家の愛猫は最初マフィンてつけたんですが
家にきてから激太りしたので改名しました

もうあの頃には戻れない(^_^;)

by ぽん子 2019-06-25 17:51

生い立ちといい面立ちといい、かぶきあげ君、これが茉莉子さんのターゲットとする猫ちゃんの本道といえますね。

by ムヨク 2019-06-25 19:12

猫好きな人には猫好きが寄って来る。
かぶきあげくんを迎える同僚の方、素晴らしい‼️
猫エイズが発症しませんように!
いっぱいいっぱい甘えさせてあげればノンストレスで、発症しないかな

by ペンギン 2019-06-25 19:26

かぶきあげくんの長めの名前に、少し笑ってしまいましたが、ここまで、酷い状態から今、奇跡な姿に涙が出ます。本当に良かった。
キャリアでも、長生きして欲しいし、
新しい家族にも逢えて幸せにもなって欲しいです。

by とら 2019-06-25 19:36

カブキ君という猫は知っているけど、かぶきあげ君という猫がいたとは!印象的なお名前ですね。甘えん坊のかぶきあげ君、新しい家族と暮らせるようになったら、うんと甘えるんだよ!

by シーマン 2019-06-25 20:22

幸せに長生きして欲しい
私の残りの寿命ちょっとだけ渡したい
ちょっとだけね

by ユキヒロ 2019-06-25 23:02

3枚目の写真
かぶきあげくんが可愛くってたまらない由希さんと
ちょっと照れてるかぶきあげくん
すごくいいです。

by さび猫びいき 2019-06-25 23:42

かぶきあげくん!いいお名前!そして顔の模様、味があってほんとに素敵です♪(人間にいそうなお顔でもあるような。イケメンですね)保護されたときの壮絶な姿、胸が痛みます。でも今はなんとまぁきれいな毛並みの素敵な猫さんでうれしいです。たくさん幸せになってほしいです(^-^)

by とも 2019-06-26 01:21

>ドラ猫マスターさん

かぶきあげくん。同名の猫はちょっといないでしょうね(笑)。「せんべい」くんや「プリン」ちゃんや「どらやき」くんにはお目にかかりましたが。種ざおのたびに名前の由来を聞くのが楽しくなってきました~

by 道ばた猫 2019-06-26 01:41

↑ すみません! 打ち間違えました。取材です。

by 道ばた猫 2019-06-26 01:43

>ふみちゃんさん

赤ちゃん誕生、もうすぐですか。待ち遠しいですね!
そらくん、お空で楽しみにしているでしょうね~

by 道ばた猫 2019-06-26 01:45

リオママさん

うちにも、ネズミのように痩せて細長かった猫が、今、ドテッと仕事椅子を占領しています。
せつない姿を知っていると、ついつい甘くなりますね(笑)。

by 道ばた猫 2019-06-26 01:49

>ぺったんのお母さま

保護主の由希さんも「かぶ~」って呼んでましたよ~
それはそうと、ぺったんという名も、ものすごくインパクトありました(笑)。

by 道ばた猫 2019-06-26 01:52

>ぽん子さん

えっ、マフィンから、まさかぽん子に?
雌だと思ってたら雄だったので「ミーコ」から「ミー太」にしたとかいうのは結構聞きますが、太ったからは初耳(笑)。

by 道ばた猫 2019-06-26 01:57

>ムヨクさん

お見通しですね。ターゲットというか、あくまで、好みですが。
かぶきあげくんは、りゅうくんに、ちょっと似ていると思いました。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:00

>ペンギンさん

そうですね。昔保護した猫も、白血病のキャリアで、長生きしないと獣医さんに言われましたが、その後、12年半のんびり生きました。かぶきあげくんも、こんがり長生きしてほしいです。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:03

>とらさん

こんなにひどい状態の猫を躊躇なく保護してくださった由希さんに感謝しかありません。
しかも一部屋もらって、甘えて甘えて、かぶくんはしあわせです。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:05

>シーマンさん

かぶき君という名の猫さんがいるのですか。
オペラ君という猫に会ったことがあります。高い声で鳴くおっさん猫でした。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:08

>ユキヒロさん

やさしい言葉を、かぶきあげくんに下さって、ありがとうございます。
猫さん自身は、寿命が短かろうが長かろうが、日々穏やかに甘えて過ごせれば、充分にしあわせではないかと。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:11

>さび猫びいきさん

そうなんです!
由希さんが、もう、ほんとうに「あのとき、この子に会ってよかった」という表情をしていらっしゃるので、こっちまでうれしくなりました。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:14

>ともさん

そうそう!
かぶきあげくん、2枚目の写真なんか、じっと見てると誰かに似てるんだけど、思い出せない・・。
両目の距離と、鼻の長さや口の位置が、すごく人間に近いんだと思います。

by 道ばた猫 2019-06-26 02:16

お~!珍名さんですねぇ!
私もかぶきあげ大好きです。しばらく食べてないと禁断症状出ちゃうんですよね。そういえば最近食べてないなって。
かぶきあげくんも同じですね♪
一度見たら忘れられないお顔。しばらく見てないと禁断症状が出そうです。そういえば最近かぶきあげくんのご尊顔にお目にかかってないな~って。
しかも私好みの大きな体。もうそのお腹に即思い切り顔を埋めたい!
しかもしかも甘えたさんで腰ポンもやりたい放題?!(笑)
(腰ポンされてる時の猫さまの歓迎してますよポーズが大好きなのです。ヨガの猫のポーズですね。でもウチの猫どもはあまり長くはやらせてくれないのです。)
由希さんがうらやましいです。


私が知ってる食べ物シリーズの名前猫さまでは「カブ」さん、「にんにく」さんという珍名?さんがいま。
カブさんは実は魔法使いサリーちゃんの弟から(これは知る人ぞ知るですね(笑))、にんにくさんはハチワレの形がにんにくに似てるから(ウチのりんこりんもにんにくに似てるのです(笑))

やっぱり珍名さんて面白いですね。


by 才蔵 2019-06-26 09:10

>才蔵さん

大きな体の甘えたさんや、一見こわもての甘えたさんは、そのギャップがほんとにカワイイですよね~
今度珍名さん特集やりますから、コメント欄で盛り上がりましょう(笑)!

by 道ばた猫 2019-06-27 05:46

かぶきあげくん、いい味出してますね~。人間っぽいお顔ですね。私は猫がうちに来る前、猫はみんな同じ顔をしていると思っていました。三角の耳、丸い目(たまに細くなる黒目)、ピンと張ったひげ…。でも、人がみんな違うように、猫もそれぞれ違うのだと、茉莉子さんのブログを読んで改めて感じます。ここに登場するのは、個性的な猫ちゃんばかり!毎週楽しみにしています。

by さび茶風 2019-06-28 19:11

>さび茶風さん

みんなお顔が違うんですよね~ 顔だけじゃなくて、鳴き声も鳴き方も、甘え方も、寝相も、肉球の色も、尻尾の形も……。だから、猫を訪ねる小さな旅はは楽しくてやめられない(笑)

by 道ばた猫 2019-06-29 00:54

こんにちは
保護した野良猫(推定2歳)が当初猫白血病ウイルス陽性でした。
でもその後陰転し、うちに来て13年になります。

成猫でも陰転することはあるので(詳しくは獣医師の先生に聞いてくださいね)
希望を持ってほしいと思います。

by 通りすがりですが 2019-07-11 20:39