ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2022年09月06日

農園のウメちゃん

房総では秋の稲刈り真っ盛りとはいえ、日差しには夏の名残がいっぱい。

1-1.jpg

おや、初めまして。ウメちゃんですか? 今日は暑いね。
そう声をかけると、まだ生後5カ月くらいと思われる三毛さんが体を起こしました。
やや警戒していますが、「なんでアタシの名を知ってるの」と不思議そうです。

2-1.jpg

ウメちゃんが寝そべっているのは、「さしあげます」の畑の野菜の置かれた机の下。

3-1.jpg

田んぼに囲まれたこの丘に、この坂を登ってやってくるのは2回目です。
来る途中、菜の花色のいすみ鉄道の電車が田園風景の中を通り過ぎてきました。

4-1.jpg

ウメちゃんは、ここ「農遊舎」というカフェをやっている農家の齊藤さんちの新入り猫です。

5-1.jpg

前回来たときは、「まっちゃん」こと「マツ」くんが、相席してくれました。
10歳の、とてもフレンドリーなオトコです。
前回帰りがけに「うちにはやってきたばかりのウメという猫もいるんですが、店には出てこなくて」とお聞きしていたのでした。

6-1.jpg

敷地内には、穏やかでフレンドリーな「タケ」くんという犬もいます。

7-1.jpg

「ジャック」という4歳の犬もいますが、「猛犬」「かじります」「危険」の札付き。シッポを振ってくれるのですが、札がある限り近寄れません。

8-1.jpg

風が入るように戸が外されたカフェの店内からは、田んぼが一面に見下せます。
ここで飼っているニワトリの産んだ卵オムレツに、いすみの高秀牧場のチーズがのっていて、なんておいしい! キュウリもトマトも、ハーブも、斎藤さんの畑育ち。

斎藤さんご夫妻は、結婚して間もなく大阪からここいすみ市へやってきたそうです。夫の博さんが「農業をやりたい」と願ってのことでした。
このカフェは、最初の住まいを建て直したもの。丘の上にある新しい住まいも、鶏舎も、温室も、このカフェも、ぜーんぶ博さんの手作りというから、驚きです!
そして、食べるものも自給自足です。

「自分たちが安心して食べてるものを一緒に食べようよ、というのが、このカフェなんです」と、夫妻はニコニコ笑います。ああ、いい笑顔!
「この人、とにかく遊ぶのが好きなんです」と、妻の直子さん。
「農遊舎」の意味がわかりました。

9-1.jpg

おや、ウメちゃんが、おっかなびっくり店内に入ってきました。
ウメちゃんは、ひと月前にもらわれてきたばかり。昨日まではお客さん大好きのマツ君がお店に常駐していましたが、ウメちゃんがお店に興味を持ちだすと、マツ君は来なくなってしまったのだとか。グイグイいくウメちゃんに、マツ君、ちょっと腰が引けているそうな。そのうち、2匹で仲よく迎えてくれることでしょう。

10.jpg

猫好きなお客さんに、草の猫じゃらしで遊んでもらって、ウメちゃん、ご機嫌。

11-1.jpg

足元に来てくれました。

12-1.jpg

ウメちゃん、と呼ぶと、「にゃっ」とお返事してくれます。
犬も猫もニワトリもいて、メルヘンだなあ~と思っていたら、じつは、「松竹梅」の犬猫トリオにジャックくん、れっきとしたお役目をもって農家にもらわれてきたのです。
山や田畑の原風景の中で農作物を作ったり養鶏をしたりの暮らしは、さまざまな野生動物の被害に直面する日々でもあります。
畑を荒らすイノシシやタヌキやイタチやハクビシンなどの獣除けは犬コンビの役目。
ニワトリの餌を食べてしまうネズミ除けは、マツくんから若いウメちゃんへとバトンタッチされ、ネズミは出没しなくなったそうです。いい仕事してるね、みんな。

13-1.jpg

ご夫妻と話し込んでいて、ウメちゃんいなくなったと思ったら、お店の前の葉陰に移動していました。「ウメちゃん、見っけ」と言ったら「にゃっ」とお返事。

14-1.jpg

あと半年もしたら、堂々たる三毛猫になって、かなりの人間好きになっていそう。
マツおじちゃんと仲よくなって、お仕事上手に分担してね。

15-1.jpg

お店には屋根裏部屋があって、マツくんのお気に入りの場所なのですが、ウメちゃん、さっそく探検し始めました。

16-1.jpg

「ウメちゃん、またね」
またもや「にゃっ」とお返事してくれました。
あ、そうそう、帰り際に「猛犬ジャック君のかじり具合は甘噛みなんですか?」と聞いたら、博さんからこんな答えが。「いやいや、本気噛みです。俺なら大丈夫だよ~と言って腕を血だらけにされた人が何人もいます。皮のグローブ貸しますから触ってみますか?」 ご遠慮しましたとも。

※農遊舎...千葉県いすみ市引田1105
金曜~月曜 12時~17時まで。満月の夜は17時~20時営業。
※お知らせ
9月12日(月)~21日(水)まで、東京都墨田区のギャラリーでグループ展に参加します。写真と絵を展示のほか、クレヨン画や絵はがき、著書を販売する予定です。お近くの方、ぜひお立ち寄りください。
ギャラリーアビアント...墨田区東橋1-23-30 リバーピア東橋1階



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

P9210072-2.jpg
猫との約束
猫は人生にドラマを運んでくる。ささやかでも、至福のドラマを

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

Instagram

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

お茶目なウメちゃんと凛々しいマツくん、猫も性格が表情に現れるから不思議、もっともワンちゃんの猛犬振りはこの写真からは到底想像できないが…。農遊舎!、文字通り自然とともに自然に楽しく生きる、は素晴らしい。ワンニャンたちも一緒に、それぞれの持ち分・持ち味を精一杯発揮していかれますように。コロナ終息の折には、是非とも訪ねてその雰囲気を味わってみたい。

by Y.M 2022-09-06 15:52

猛犬ジャック君、いいですね~。イノシシも逃げちゃいますね。
梅ちゃん、きれいな三毛さんですね。好奇心の塊のようなお目々もかわいいです。豊かな自然と犬猫さんがいて、美味しいお食事が頂けて、楽園ですね。

by ちぃ 2022-09-06 17:50

なるほど! 犬/猫それぞれの役割が違うとは。自然の中で動物と暮らすことはこういうことなんですね。
ウメちゃんの表情が可愛らしすぎ、オムレツを食べながらこんな顔されたらたまりませんね。

by ヤンヤン 2022-09-07 05:17

いいな、夢のような暮らしです
猫さん、わんこさんたちにとっても理想的ですね🎵

by ネエ 2022-09-07 13:16

>Y.Mさん

いすみ地方は移住者も増えている田園地帯。
世俗から離れて、ひとときだけでもここの空気を吸いにくれば生き返る心地です。

by 道ばた猫 2022-09-07 13:54

>ちぃさん

今度は満月の夜営業というのに行ってみたいと思っていますが、帰り道は真っ暗闇でしょうから、田んぼに落っこちないようにしなくちゃ(笑)。

by 道ばた猫 2022-09-07 13:59

>ヤンヤンさん

農家の動物には、元来それぞれの役割があって、共存してきたんでしょうね。
私の生まれた田舎の家もニワトリと猫を飼っていましたっけ。

by 道ばた猫 2022-09-07 14:01

なんて素敵なカフェ!満月の夜は17時~20時営業というのもおしゃれで素敵!
ウメちゃん、模様もお顔もにゃっという返事もキュートですねぇ(^-^)可愛さあふれてますね♪マツくんはなかなかの男前!ジャックくんもタケくんもいい味でてますね~。ワンコもいい!
行ってみたいお店がまた増えました(^^)
ギャラリー、行きたいです!

by とも 2022-09-07 19:05

>ネエさん

猫さんたちは、けっして敷地から外へは出かけないそうですから、安心ですね。
丘の上の暮らしって、楽しそう~~。

by 道ばた猫 2022-09-12 22:17

>ともさん

ホント、犬も猫もいい!(笑)。いつか行くぞ~っていう場所がいくつもあるのは、楽しいことですよね。

by 道ばた猫 2022-09-12 22:20