ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2021年02月16日

元ノラから看板猫になったギラちゃん

千葉県の柏駅から歩いて数分の住宅街にあるペットフード&グッズのお店「ペッツアイ」には、こんなかわいい看板猫がいます。
(喫茶店アンチ―ブの男前看板猫ドラ君に会いに行く道すがら、飛びこんだお店でした)

1.jpg

名前はギラちゃん。
生後4か月くらいでしょうか。ちょっとやんちゃな顔つきが男の子っぽいけど・・・女の子です。
真っ白なソックスをはいた太い脚や、きりりと張った瞳をもつゴージャスな長毛さんですが、れっきとしたノラ生まれですって。

2.jpg

ギラちゃんは、この店のスタッフの奈緒さんの出勤日に一緒に出勤してきます。
これまで、店にはオーナーでもある店長さんの飼い犬や飼い猫(みんな保護猫)が代々看板犬・看板猫を務めてきましたが、若いギラちゃんが3代目看板猫を引き継ぎましたばかり。
1代目のニャン太郎と、2代目のホッピーは、今は、この通り、店長さん宅でまったりの日々。

3.jpg

このお店、「別にボランティア団体ではない」と店長さんが強調しているにもかかわらず、近隣のボランティアさんが譲渡先が見つかるまでの保護子猫を預けたり、小学生が拾った子猫を持ってきたりと、お客さんだけでなく、保護子猫も次から次へとご来店なのです。

ギラちゃんも、去年の12月の初め、近隣で保護された2匹のノラ子猫姉妹の1匹でした。

4.jpg

2匹とも、すごいべっぴんさん! 母さんがものすごいべっぴんノラさんなのですって。

5.jpg

奈緒さんが、ドラゴンクエストの呪文から、黒っぽいほうを「ギラ」、三毛のほうを「メラ」と仮に名づけました。
2匹は、1週間ほどシャーシャーいっていたものの、なつくと、ものすごい甘えん坊に変身したそうです。

ギラちゃんは、一度もらわれていったのですが、先住猫さんと合わずに、戻ってきました。
それで、奈緒さんのおうちの子に。
奈緒さんの家には、すでに、柴犬1匹と、先住猫3匹がいます。
猫たちは、皆、保護団体から譲渡された保護猫たちです。

ロミオ、ロッテ、チョコ先輩たちと遊びたいギラちゃんは、威嚇されても猫パンチを食らっても、まったくめげずにプロレスを仕掛ける毎日。
キャットタワーで、先住さん3匹が仲良く眠るそばで、ひとりぼっちで眠るギラちゃんに、奈緒さんは心を痛めました。

6.jpg

が、ギラちゃんは、そんなことではへこたれない女の子なのです! 母さん譲りの「つわもの」なんです。
奈緒さんにはべったり。
「寝始めは、必ず出窓のマイベッドで寝るんですが、夜中に目覚めたとき名を呼ぶと、返事をして布団に入ってきます。起きて遊びたいときは、小さな手でピタピタ顔を触ってきます」と、奈緒さんも、ギラちゃんのいじらしさに夢中。

7.jpg

愛想がよくて人見知りしないギラちゃんは、看板猫にうってつけ。

8.jpg

お客さんに、なにやら話しかけられて、じっと見つめています。

9.jpg

「そろそろ、ここから出してちょうだい。私を店内に放牧して!」

10.jpg

忙しくない時を見計らって、店内放牧となるギラちゃん。
帰るときは、奈緒さんのリュック型キャリーに入り、自転車で帰宅します。

11.jpg

「ノラの子は、保護が早ければ早いほど、慣れるのが早いんだけどね......」と、店長さんのつくため息と、店長さんの手の傷のわけは、店の奥にもう一つあるケージハウスにあるようです。

12.jpg

もう一つのケージハウスの主は・・・。界隈で有名なギラちゃんのノラ母さんとは・・・・。ペッツアイに保護子猫たちが次々やってくるわけは・・・。
そのお話は、次回に。

2日前、奈緒さんからこんな写真が届きました!
「今日初めて、ギラが他の子と一緒に寝せてもらっていました! 2か月かかりました」

13.jpg

ギラちゃん、頑張ったね、よかったね。
そうそう、ギラちゃんの姉妹のメラちゃんも、近所の郵便局の人にもらわれて、幸せに甘えん坊をしているそうです。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

夢見る瞳にチャーミングな口元のギラちゃんは、後継看板猫になる素質十分。保護ネコを次々に受け入れてくれるペッツアイの皆様に感謝しつつ、きっと活躍することでしょう。ところで、ノラ母さんの今後の豹変振りに期待するとして、「・・・保護子猫達が次々にやってくるわけは・・・そのお話は次回に・・」とは、一昔前の紙芝居の終わり方を思い出し、楽しみに待ちます。

by Y.M 2021-02-16 16:19

ひとりぼっちで寝るギラちゃんに胸がキュッとなり、最後の写真で、よかった~と声に出ました。
ギラちゃん姉妹、ほんとうに美形ですね。

by 眠たい猫 2021-02-16 16:33

ギラちゃんもメラちゃんもとても可愛らしいですね😀私もギラちゃんにお相手して欲しいなぁ。次回、ノラ母さんとケージハウスの主、チロル(仮)さんのお話楽しみです!

by シーマン 2021-02-16 22:32

>Y.Mさん

えへっ、紙芝居の終わり方でしたね(笑)。
ケージハウスの主は、長年保護猫を預かり、手なずけて譲渡してきた店長も初めての野生児。じつは、ギラちゃんの・・・・なんです。

by 道ばた猫 2021-02-17 00:41

>眠たい猫さん

先住さんたちは皆12~13歳なので、やんちゃなギラちゃんにびっくりしたのでしょうね。
それでも、ゆっくり仲間になるって、やっぱり猫の世界は素敵ですね!

by 道ばた猫 2021-02-17 00:45

>シーマンさん

おっ、ケージの張り紙を見ましたか。)。見逃さないところを見るとシーマンさんは、ミステリーがお好きかな(笑)。次回、お楽しみに。

by 道ばた猫 2021-02-17 00:48

可愛くてたまらないですね~。ギラちゃん、名前もナイスですね。次回のお話とっても待ち遠しいです。

by ぺったんの母 2021-02-17 10:20

>ぺったんのお母さま

ぎらちゃんって名前、インパクトあって元気いっぱいでいいですよね~。千葉の内房では、ギラというコアジくらいの大きさの魚の干物がおいしいんですよ、最初そっちかと思ってしまいました(笑)。

by 道ばた猫 2021-02-17 21:04

わぁー!ギラちゃん、絵本から出たような可愛さ♪力強い!赤いおしゃれな首輪がまたお似合いで可愛いですね。立派な看板猫さんですね。1、2代目看板猫さんたちの今はまったり暮らしている様子もいいですね。メラちゃんもまたとびりきの美人さん。ペッツアイさんに野良子猫さんまで集まってきて(ねこねこネットワーク?)面倒をみてもらえて猫さんたちは幸せですね。どの写真も可愛くて温かい気持ちになりました。

by とも 2021-02-18 07:17

可愛いですね こんなに毛の長い猫が野良猫でいるんですね 誰かがどこかでペットショップか何かで買ってきた猫が かかってしまったんですかね 買ってまで 買った猫をてる人がいる 悲しいですね

by 名無し 2021-02-18 16:39

>ともさん

ギラちゃん

by 道ばた猫 2021-02-19 09:56

>ともさん

わ、ご送信してしまいました!ギラちゃん、「100万回生きた猫」の主人公によく似てますよね。生命力あふれる目。メラちゃんは、ロマンチック!

by 道ばた猫 2021-02-19 09:59

>名無しさん

ずいぶん前から、明らかに洋猫長毛のノラが増えてます。買われて捨てられた猫、またはその子孫なんでしょうね。人間は罪作りです。

by 道ばた猫 2021-02-19 10:02

ギラちゃん😻
風ちゃんによく似ていて、可愛いですね💕

by 風草 2021-02-23 09:26

>風草さん

賢そうな瞳や太い脚、ふっわふわのボディ、風ちゃんによく似てますよね!
風ちゃんが風になって、もうすぐ、4年。早いなあ・・・・。

by 道ばた猫 2021-02-23 11:01