ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2021年01月12日

猫美術館員見習い兄妹・キラとララ

思い立って、松の内に、「猫の美術館」として知られる、千葉県匝瑳(そうさ)市の松山庭園美術館へ。
何度か道ばた猫日記に登場してくれた虎之介くんが通いで猫スタッフをしている、田んぼに囲まれた丘の上の美術館です。

1.jpg

前庭で、遊びまわっていたのは、新入りの兄妹。
茶トラのキラくんと、茶白のララちゃんです。

2.jpg

じつは、2匹には、彼らがやってきた直後の11月終わりに会っています。
黄色いネズミみたいにチョロチョロしていましたっけ。

3.jpg

港町銚子で半野良をやっていたそうで、お爺ちゃん猫やおばあちゃん猫が次々旅立って寂しくなっていた美術館にもらわれてきたのでした。
ちょうど館では大きなクリスマスツリーを飾り付けたばかり。
そのツリーをアスレチック代わりにしてやんちゃし放題。
ワクチンも済ませてお庭デビューしたと聞き、どんなに大きくなったのか、とても楽しみでした!

4.jpg

館主のコノキ画伯の石彫作品の上で、ご機嫌なキラくん。

5.jpg

ララちゃんは、お空を眺めています。

6.jpg

おや、ララちゃんが、何かに狙いを定めました。
これまでは館でいちばん若手だったアイドル、紅丸お兄ちゃんにかまってほしくてアタックするようです。
背後から飛びかかって・・・・。

7.jpg

不意打ちはずるいぞっと、シッポを膨らませた紅丸くんにすごまれ、こんなカワイイ降参ポーズ。
紅丸くん、まさにぶつかり稽古の胸を毎日貸しています。

8.jpg

めげないララちゃん、今度は、智尾(ちび)お姉ちゃんに、こっそり近づきます。
2匹がやってきたとき、シャアシャアご立腹だった智尾ちゃん、今では2匹を受け入れ、見守り役に。

美術館の1月の展示は「ガラス絵展」です。
虎之介くんと瀬奈ちゃんのお母さんで、画家の花澤さんも、キラララ兄妹のガラス絵作品を出品しています。

9.jpg

別館にて。
「展示が高くて、ボクたちにはよく見えないよう」

10.jpg

本館では、コノキ・ミクオ作品もたっぷり。
コロナ感染予防を徹底した広々とした館内で、密にならず、ゆっくりと作品を楽しめます。

11.jpg

コノキ画伯の代表作の一つ、大作「菁曄碧天」の前まで案内してくれたララちゃん。
学芸員の素質十分!

12.jpg

「えーと、この作品もコノキ父さんの絵なんだけど、絵からこわーいトラが飛び出してきて噛みつかれそうだから、大急ぎで通り抜けなくちゃ」と、キラくん。

13.jpg

「コノキ父さんはね、コロナ自粛で、猛然と創作意欲が湧いたんだって。それで、アトリエに閉じこもって青い絵を何枚も何枚も描いたの」と、ララちゃん。

14.jpg

「お父さん、何のお勉強をしてるの?」と、のぞき込むキラくん。

15.jpg

虎之介くんは、チビ猫2匹を見ると、いまだ逃げ回っているそうですが、(この日は寒かったので、欠勤)
キラくんはね、キミのちっちゃかった頃にそっくりだよ。ゆっくりと仲良くなろうね。

コノキ画伯の青を基調とした作品の数々のテーマは「時のページをめくる」。
世代交代はあっても、猫館員たちの接待は、時のページと共に脈々と受け継がれているのでした。

16.jpg



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

自然の中の美術館、生き物には世代交代が避けられないけど、芸術は永遠。コノキ画伯の数々の作品の中に新顔のキラとララ、素晴らしい所に迎えられて本当に良かった。やんちゃ振りは、その顔つきからして持って生まれた個性のようだけど、その澄んだ目も永遠であってほしい。先輩猫達の指導を受けて、美術館がより楽しい場所になるよう活躍することを願いたい。

by Y.M 2021-01-12 13:12

キラちゃんが怖がってるトラの作品、よく見たら、トラ2匹なんですね!
キラちゃんララちゃんのやんちゃの図みたいで、笑っちゃいました。

by さび猫びいき 2021-01-12 13:37

>Y・Mさん

猫のいのちと作品のいのちが響き合ってますよね~。
茶トラの猫に、青い絵のなんとよく映えていたことといったら。

by 道ばた猫 2021-01-13 00:42

>さび猫びいきさん

よく気が付きましたね!作品名は「トラトラ」でした。ところで、6枚目の写真のララちゃんのお顔の真ん中にに「馬」がいるのは、気づきました?

by 道ばた猫 2021-01-13 00:45

キラちゃん、ララちゃん無条件に可愛すぎます!!たまらないですね~♡

by ぺったんの母 2021-01-13 10:11

かわいい学芸員さんですね💕見習いの域を超えて十分役に立っていますよ!虎之介くんや瀬奈ちゃんも大人っぽくなったかな?いつかまた紹介して下さいね。

by シーマン 2021-01-13 12:08

>ぺったんのお母様

冬毛の子猫は、まるまるふくふくして、ほんとに無条件に降参です。
キラララ兄妹は、とっても食用旺盛だそうですから、さらに。

by 道ばた猫 2021-01-13 21:38

>シーマンさん

虎之介君はお顔はいつまでもかあいいのに、お腹周りは中年太りおじさんなんです(笑)。瀬奈ちゃんは、すっかりレディーです~

by 道ばた猫 2021-01-13 21:42

ああ、可愛い可愛い!!松山庭園美術館さんの猫さんはみんな美男美女さんですよね~☆キラララ兄妹もホント可愛い!!通い猫虎之介君もとっても可愛いお顔でお腹は中年なのですね(笑)それも見たい(笑)素敵な美術館ですよね、行きたいのですがなかなか行けなくて(今はコロナもあって外食すら10ヶ月くらいしていません…)いつか絶対に行きたいです。

by とも 2021-01-14 01:17

>ともさん

キラララ兄妹がちっこいので、先住さんたちが、みんな巨大猫にみえてしまいます。
智尾ちゃんなんて、まっくろ怪獣見たいですが、大きな猫たちに果敢にとびかかる兄妹、さすが銚子っ子!

by 道ばた猫 2021-01-14 07:34

>皆さま

キラくんララちゃん、カタカナではなく、漢字だったんですって!!
「煌(きら)」くんと、「羅羅「(らら)」ちゃんのようですよ。失礼しました!!
王子と王女みたいで、すてき!

by 道ばた猫 2021-01-15 18:40