ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2018年07月10日

看板猫修業ちゅう

「上の娘がまた子猫を拾いました。店にいるので、遊びに来てくださいね」

海辺の町の直子さんから、そんな電話をもらったのは、3週間前のこと。

「えっ、またですか」

というのは・・・直子さんのお嬢さんというのは、5月の道ばた猫日記「拾った子猫は、おばあちゃん」で紹介ずみ。
そう、小学生の時、12月の雨の朝、姉妹で登校中、ずぶ濡れの「子猫」をみつけて、「子猫ちゃんがずぶぬれになってる」と、キッズ携帯で母親の直子さんに連絡してきたあのお嬢さん。(その子猫は実際は「かなりのお歳」で、ジャガーちゃんという名をもらい、6年たった今も元気にしています)

さっそく、直子さんのお店「hay fiower(ヘイフラワー)」に会いに行きました!

20180710-1.jpg

20180710-2.JPG

わあ、ちっちゃい! なんていじらしい。
焦げ茶の床の上にいたら、踏んでしまいそうなサビちゃんです。
サビ猫さんは、賢くて温厚な子が多いけど、この子も賢そう。

20180710-3.jpg

「これでも、可愛くなったんですよ~」と、直子さん。
「拾った時は、両目がつぶれてて、もっと毛がまばらで、鼻詰まりのブチャイクちゃんでした。まだ、目が涙っぽいけど」

20180710-4.jpg

たしかに、毛はまだまばらです。
丸まった時の黒い毛のまばらな様子が、海にいる「ウニ」にそっくりなので、名まえは「ウニ」ちゃんですって。

20180710-5.jpg

拾った経緯を聞きました。
おばあちゃんだった「子猫」、ジャガーちゃんを拾った時はまだ小学生だった、上のお嬢さんは、いま、隣町の高校へ通っています。
6月の朝、そのお嬢さんから直子さんのもとにケイタイ電話が入りました。
「学校に来る途中、裏通りで、目のふさがった子猫がヨロヨロ歩いてたんだけど、遅れるから学校に来ちゃった。帰りに連れて帰りたいんだけど・・・それまでそのコ、いるかなあ」

直子さんは、すぐに答えました。ここが、「直子さん、すてき!」と、私がほれぼれするところなのですが。

「帰りにはいないよ。すぐに戻りなさい。車で迎えに行くから」

そして、母子は仔猫のいた場所で合流。お嬢さんは、担任の先生に電話を入れました。
「登校途中に保護した子猫を、母と一緒に獣医さんに連れていくので、1時限遅刻します」
返事は「そうですか」だったそうです。なんかのどかで、いいなあ。

20180710-6.jpg

診断は「猫風邪」。
鼻が詰まっているためか、最初は、まったくご飯を口にしなかったそうですが、治ると食欲旺盛に。

20180710-7.jpg

まだあまりに小さいので、お店に出ているときに留守番させられず、一緒に出勤です。

20180710-8.jpg

「娘と一緒にまた会いに行ける近くのおうちにもらっていただければと、里親を探してみたんですが、見つからなかったので、4匹目のうちの子にしました! ここの看板猫でがんばってもらいます」

20180710-9.jpg

お店は、千倉から館山方面への国道沿いにあります。
窓辺が、ウニちゃんのお気に入りの場所。(暑いのに!)

20180710-10.jpg

道のほうから見ると、こんな感じです。サビちゃんは、やっぱり、背景に溶け込んで目立ちませんね(笑)。

20180710-11.jpg

保護猫が4匹になってたいへんだけど、直子さんは、東京から移住してきたこの町を魅力的ないい町にしようと、がんばってます。
先月も、有志を募って、名ばかりとなっていた「フラワーライン」の道ばたに夏の草花を植えこんできたばかりです。

20180710-12.jpg

ヘイフラワーの店内は、直子さんセレクトのレトロ食器や古着やバッグや、直子さん手造り髪留めなどが、いっぱい。店内にはカフェコーナーもあるので、コーヒーを飲みながら、ウニちゃんをかまって、宝物探しを楽しめます。
これからだんだんオテンバ度が増していくだろう、ウニちゃん。大事な商品を割らないよう、看板猫修業がんばってね!

20180710-13.jpg

房総へお出かけの時は、ぜひ、新米看板猫に会いにお立ち寄りください。
いい風の吹く町です。

*★* hay flower
南房総市千倉町瀬戸2439-1
11:00~17:00
月・火曜定休 


  
「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『里山の子、さっちゃん』『猫だって……。』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

直子さん、本当にかっこいいですね。行動力も決断力もあって、憧れます。うにちゃんもジャガーちゃんもこんなに素敵なお家が見つかって良かったです。これからもずーっと、いつまでも幸せでありますように。
娘の入籍が11月に決まりました。ちゃちゃ子とぽんずも早くもパパに甘えています。パパの趣味の釣りの道具をおもちゃにして遊んでは困らせているそうです。

by ふみちゃん 2018-07-10 15:04

ウニちゃん、直子さんと娘さんに見つけてもらってよかったです。さび猫はあまり人気のない毛柄みたいですが、穏やかないい子です(ウチのコもさびです!)。これからどんどん可愛くなりますよ~。

by ふう 2018-07-10 21:45

>ふみちゃんさん

ほんとに素敵な母娘です。
ちゃちゃ子ちゃんとぽんずちゃんも、家族が増えて、うれしいでしょうね~ おめでとう。

by 道ばた猫 2018-07-11 02:02

>さび猫は、なぜか片眉の模様が多くて、ちょっと困った顔で、それが何ともいじらしい感じなんですよね~ 19歳まで生きたうちのさびも、穏やかでいい子でした。

by 道ばた猫 2018-07-11 02:10

幸せになった話は何度見ても聞いても嬉しいです。子猫が保護される季節でもありますね。私も、ウォーキング途中目を凝らして歩くのですが・・・まだ出会えていません。昨年なんと草むらから出てきたハムスターを保護して里親さんにお願いした経験はあるのですが・・・。うにちゃん、とっても可愛いくてたまらないですね。直子さん親子にエールを送ります!!

by ぺったんの母 2018-07-11 14:02

>ぺったんのお母さま

光を浴びると、紅茶色の瞳が何ともきれいでした。
きっとグレイスフルな美女になると思います~ 大きくなったら、またご紹介したいです。

by 道ばた猫 2018-07-11 23:40

直子さん!素敵です!!
そしてウニちゃん、とっても美人さん!ほんとに休んでいる姿がいじらしくて可愛い~♪
ウニちゃん、素敵なお嬢さんにみつけてもらえてよかったね♪ウニちゃん、直子さん家族にたくさんの幸せが運ばれますように。

by とも 2018-07-12 07:39

>ともさん

私が初めて保護した猫も、登校中に出遭った子猫でした。中間試験の最中で、膝の上に載せて、試験を受けていたら,先生が「どっかで子猫の声がするなあ~」って。遠い昔、のどかな時代です(笑)やっぱり暑い日だったので「ホット」と名づけました。

by 道ばた猫 2018-07-12 08:09

「帰りにはいないよ。すぐに戻りなさい。車で迎えに行くから」

やるな! 直子さん(^_^;)


担任
「そうですか」

世慣れしているよね(^_^;)


by ドラ猫マスター 2018-07-17 12:47

>ドラ猫マスターさん

はい、直子さんはただものではありません(笑)。
担任の「そうですか」は、娘さんのきっぱり度に、気圧されての言葉かと・・・。

by 道ばた猫 2018-07-18 07:39