ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2018年04月17日

春猫は眠い

「あれ、お母さんがお客さんつれてきた」

20180417-1.jpg

春の昼下がり。埼玉県の田口家の玄関で出迎えてくれたのは、うす茶色の長毛がふわふわの「レンレン」くん。
お母さんの幸代さんの車の音を聞きつけて、玄関でお出迎え。
ちょっと眠そうなお顔なのは、今まで窓辺で寝ていたから。

20180417-2.jpg

「レンレン君、カッコイイね~。写真撮っていい?」
「いいよ~」

20180417-3.jpg

ふわわわ~~。まだ眠いんだね。
後の2匹は2階で寝ているはず、とのことで、2階へ。

20180417-4.jpg

16歳のたもたもくんが、マイベッドの中から、顔を出しました。
「あれ、いらっしゃい」

たもたもおじいちゃんも、フレンドリーです。
眠そうながら、ベッドから出てきました。
「窓辺で写真撮らしてね」
「いいよ~」

20180417-5.jpg

わわわわ~~~。
たもたもくんも、おおあくびです。

20180417-6.JPG

そのおとなりの部屋では、3歳の黒猫「にに」くんが、やはり春の惰眠中。
目を覚ますと、こんなきりりとしたイケメンでした。

20180417-7.JPG

「ににくん、今日の記念に写真撮らせてね」
「いいよ~」

20180417-8.JPG

あれれ、ににくんも、大あくび。ににくんのあくびは、とりわけ豪快です。

田口家のオス猫3匹。
それぞれに、お気に入りの場所で春を満喫しています。
3匹がここにやって来たわけを伺いましょう。

「たもたもは、よそのおうちの縁の下で生まれた子で、産んですぐに母親がいなくなってしまったのを、もらいうけました。その時、先住猫が1匹いて、あんまりかわいいので、『もしこの子が死んじゃったら、さびしすぎる』と思ってもう1匹探していたんです。もらってきたとき、主人は『いい加減にしてくれ』と言ってましたが(笑)」と、幸代さん。
でも、先住猫さんは、やってきた子猫が気に入らず、たもたもくんが寄っていくたびに猫パンチをかましていました。

「それで、先住猫を見送ったあと、絶対にたもたもと仲良くできる猫を迎えようと思って。子猫なら、大丈夫かな、と」
保護猫サイトを見ていると、こんな猫に目が留まります。
「この子は保護した時、死にかけていて、他の兄妹3匹は助かりませんでした。医療費がかかりますが、覚悟して飼ってくださる方に」という但し書き付きの子猫です。

「当然、誰からもオファーがなく、気になって気になって、もらうことにしました。やってきた時はガリガリで、背中などこぶつき恐竜のようでした」
それが、レンレンくん。
みるみる元気になって、「遊んで、遊んで」とたもたもお兄ちゃんにつきまといます。
「たもは、迷惑そうながらいじめることはなかったんですが・・・ちょっとお疲れ気味だったので、『もう1匹いたら、バランスが取れるかも』と思い付き、ににをもらいました」

ににくんは、保護されたノラ母さんから生まれた子。2か月、母乳で育ったので、健康そのもの。
ちょっとだけ年上のレンレン君とすぐに、兄弟分になりました。
というわけで、あれよあれよと3匹の猫息子が増えた田口家ですが、ご主人からのブーイングはなかったのでしょうか?

「主人も、今ではすっかり猫たちにメロメロです。帰宅すると『ただいま。そこにいたんでしゅか~』なんて話しかけています。じつは2年前、父が具合が悪くなったとき、実家にいた『キキ』という年寄り猫を、『キキもうちに連れておいでよ』と言ってくれたのは主人でした。キキは、3匹いるわが家にやってきて、若返りました。おかげで、キキの最後を寂しい思いをさせることなく過ごさせ、見送ることができました」

20180417-9.jpg

「多頭飼いの面白さは、それぞれの猫にそれぞれの性格があって、日々笑わせてくれたり、いろいろなことを教えてくれること。たもたもは、トイレに一緒に入ってきて膝の上に乗ってくるので、いろいろ語り合う(笑)。レンレンは、ご飯の支度してると、肩トントンして『ゴハンより、ボクと遊ぼう』と甘えてくる。にには、一番でっかいくせに、かまわれたがり屋でしょっちゅう「にゃあ、にゃあ」としゃべっています」

この季節の、幸代さんの至福のひとときは、朝の時間だそうです。
「たもは、いつも左わきの下で、私の腕を枕に。レンレンは、左ひざの上あたり。レンレンにくっついて、にに。『そろそろ起きようか~』と言えば、彼らも目を覚ます。春の朝はとくに気持ちがよくて、しあわせだなあ~と感じますね」

20180417-10.jpg

「たもお兄ちゃん、一番あったかい場所、ひとり占めずるい」って、ときどき他愛ない兄弟げんかもあるけれど・・・。
田口家の春はきょうものどかです。

20180417-11.JPG

たも・レン・ににトリオの至福も、幸代母さんのそばにいる時みたいですよ。

そうそう、トイレ内での幸代さんと長老たもたもくんとの、ひそかな語りあい。
こっそり教えてもらいました。こんなことを、幸代さんはたもくんに話しかけているそうです。
可愛くてありがとう。
いつもみんなにやさしくてありがとう。
元気でいてくれてありがとう。
猫又になっても、生きていてね。


※発売中の「猫びより」5月号は、ボス猫特集です。2つの記事を担当しています。
  道ばた猫日記でもご紹介したことのある、うどん店お多福の大番頭シマちゃん。
  そして、5年前に「ゴハン待ち」で紹介した漁港のマリちゃんが、なんと、
  堂々たる女ボスになって登場です。あの「つしま」くんも同特集に出ています。
  見てくださいね!

20180417-12.jpg


「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『里山の子、さっちゃん』『猫だって……。』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

熟睡中や寝起きの猫さんは、本当に可愛いですね。昔実家にいた子は、よく寝言を言っていました。自分の寝言に驚いて飛び起きて、また寝る。それを繰り返していました。私の姉に、どんなに変なポーズにされても起きない子もいました。猫さんが安心して寝てくれる環境って、大切だと思います。れんれんくん達はきっと、凄く幸せなんですね。

by ふみちゃん 2018-04-17 16:12

豪快なあくびの写真最高ですね!春はひたすら眠い!ニンゲンも同じです。最後のトリオが写っている写真、ほのぼのしてとてもいいですね。実は、にに君、私が初めて(にゃんこと)一緒に生活を共にした”茶々丸”とうりふたつなんです!!空に旅立って16年になりますが、そちらでお世話になっていたんですね・・・。幸せそうで良かった・・・。先週に引き続きビックリ!!でした。

by ぺったんの母 2018-04-17 17:04

レンレン君、元気に育って良かった。みんな幸せそうで いい顔してる。私も猫と一緒に寝る時お喋りします。うちの子になってくれてありがとう。今日も可愛いね。いい子だねって。

by サンちゃんママ 2018-04-17 17:47

男の子は甘えん坊って言われてますよね〜幸代ママはそんなみんなの性格を尊重しながらメロメロな毎日を過ごしてらっしゃる♪(^^)
キキちゃんも寂しい思いをせず猫生を全うできたんですね〜♡
ただ今、私は入院中の身です。佐竹さんの著書を持ち込み、じっくり読み込んでいるところです。同室の方にもお貸ししたところ「読みやすい!」との感想をいただきました!

by マム 2018-04-17 19:35

今回は茉莉子さんに素敵な文章にしていただきとても感謝しています。
我が家の猫事情。私が一番幸せだとバレバレですよね〜
とても良い時間。楽しく嬉しい時間を文書と言う形で作ってくださりとても感謝です。コメント下さった皆様「同じ同じ!」って一緒に幸せ感じて頂けたら幸いです。

by 幸代 2018-04-18 00:02

「猫又になっても生きていてね」って、実家の猫にずっと話してました。わかりますそのお気持ち。おかげで25歳まで頑張ってくれましたっけ。

by るんたた 2018-04-18 11:18

>ふみちゃんさん

「猫さんが安心して寝てくれる」・・・ほんとうに、それって、その家やその町のしあわせ度ですよね!
保護したビビリの子が初めてお腹を見せて寝ているのを見たうれしさは忘れられません。

by 道ばた猫 2018-04-18 17:54

>ぺったんのお母さま

先週のナッツちゃんに似たチー子ちゃん、今週のににくんに似た茶々丸くん。続けてドキドキッでしたね。それぞれ幸せに過ごしているので、ご安心を。

by 道ばた猫 2018-04-18 17:59

>サンちゃんママさん

幸代さんちの3びきは、みなおっとりさん。いろいろな場所でくつろげるようになっているので、ストレスもないのだと思います。ママは、取り合いですけどね(笑)。

by 道ばた猫 2018-04-18 18:04

>マムさん、入院中ですか! 猫本がお慰みになってうれしいです。
退院したら、留守番猫たち、うんと甘えん坊になってるかも。術後経過のよいことを、心より祈ります。

by 道ばた猫 2018-04-18 18:08

>幸代さん

はい、幸代さんが一番「しあわせ!」ってお顔でしたよ。皆さんにも、写真でバレバレと思います(笑)。楽しい取材をありがとうございました!

by 道ばた猫 2018-04-18 18:11

>るんたたさん

ご実家の猫さん、25歳まで!! すごい!
うちは、1昨年、昨年と、続けておばあちゃん猫が、それぞれ23歳で旅立ちました。猫又になりかけていたのですが。

by 道ばた猫 2018-04-18 18:17

レンレンくん、たもたもくん、ににくん、みーんな大あくび(*^_^*)まさに春眠暁を……ですね!(春になると1度は耳にしますよね~(^-^))普段のキリリとしたお顔も素敵!
甘えん坊さんばかりで可愛いなぁ!!猫は日本の…いえ、世界の宝と常に思います!!

by とも 2018-04-19 07:02

レンレンくん、たもたもくん、ににくん、みーんな大あくび(*^_^*)まさに春眠暁を……ですね!(春になると1度は耳にしますよね~(^-^))普段のキリリとしたお顔も素敵!
甘えん坊さんばかりで可愛いなぁ!!猫は日本の…いえ、世界の宝と常に思います!!

by とも 2018-04-19 07:02

>ともさん

猫は世界の宝。同感です!
猫がこの世からいなくなったら、味気なく、笑顔も減るだろうなあ~ 平和や共生の象徴でもありますよね。

by 道ばた猫 2018-04-20 13:00