ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

わんにゃん支援活動

2018年04月05日

「特定非営利活動法人 HEART」さまの活動レポート(2017-18前期)

フェリシモ猫グッズの販売額の一部である「フェリシモの猫基金」、フェリシモメリーポイントの「動物たちの保護と飼い主探し支援」、 毎月ひと口100円「フェリシモわんにゃん基金」等でみにゃさまからご支援をいただいている団体さまの活動レポートです。

実施場所:徳島県

■ 今回も印象的だったレスキューのうちのいくつかを紹介させていただきます。
一つは、片目の子猫の保護でした。
生後2ヶ月半くらいで、首輪が付いている子猫がうちに迷い込んで来てしまったと相談があり、こちらで保護することにいたしました。
病気の酷いせいで完全に片目は潰れてしまっていました。
残念ながら、元の飼い主さんは現れず、片目は化膿がひどく失明してしまいましたが、今では施設ですっかり元気になって、新しい家族との出会いを待っています。

HEART-171204-1.jpg
片目は、潰れたけど茶トラのとっても人懐こい男の子

二つ目は、二匹のラブラドールレトリバー(以下ラブ)の保護でした。
飼い主からの直接の依頼でした。飼えない理由は生活困難という理由でした。
二匹のラブは、雄と雌のカップルで、雄の方は40kgを越える大きな子で、対照的にメスの方は20kgにも満たないくらガリガリでした。
2匹とも10歳近い歳で、雌の方は、未避妊で恐らく4、5回は出産しているような感じでした。
若い時には利用され、歳を取れば見限られるという可哀想な経験をしましたが、今は施設で元気にしており、高齢でも新しい家族との出会いを待っています。

HEART-171204-2.jpg
老犬だけどまだまだ元気。

HEART-171204-3.jpg
メスの子は少しずつ体重が増えて来ています。


<ご支援くださっているみなさまへ>
私たちの活動は、不幸な動物達に心を痛められている皆様の善意によって成り立っております。
動物達にとって苦しみない未来が来ることを信じて、皆様と共により多くの命を救って参りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。



「特定非営利活動法人 HEART」
www.heart-tokushima.com

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!