ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2022年05月10日

真っ白フワフワな女の子

1.jpg

あずきちゃんは、1歳になったばかりの女の子。

2.jpg

真由美さんが、ご両親やお兄さんと暮らす家にやってきて数か月たちました。

3.jpg

ようやく家族には甘え始めたけれど、お客さんは、まだまだ怖い。
ニンゲンに馴れてないので、ビビって、姿を消そうとします。
あずきちゃんは、とある多頭飼育崩壊現場の子だったのです。
現場に入ったケアマネージャーさんが、ご自分の職を賭してまで守り抜いてくださった子たちの1匹です。
保護団体goensが保護譲渡をバトンタッチしました。

4.jpg

譲渡先募集の写真が、これ!
この写真に一目ぼれしたのが、真由美さんでした。
取材の日はお勤めだった真由美さんに代わって、お母様がそのいきさつを話してくださいました。

「うちは、一家全員が大の動物好き。去年まではさくらという猫がいました。ある日、家の前に車が止まったかと思うと、小学生くらいの女の子が降りて、何かをポンと置いて、車は行っちゃったんです。それが、まだ目も開いていないさくらでした」
その2年後に、トイ・プードルのレオちゃんを迎えます。

5.jpg

さくらちゃん14歳、レオちゃん12歳の2年前、捨てられたのか家の前をウロウロしていたオスの子猫を保護。
それが、こむちゃんこと、こむぎちゃん。

6.jpg

さくらちゃんはずっと猫1匹だったので、こむちゃんが来た時、とても素っ気なかったそうです。こむちゃんは遊んでほしい年ごろ。さくらちゃんを慕って追いかけ続けましたが相手にされず。
それでも、さくらちゃんと一緒に寝るようになり、最後の日々は添い寝をしていたとか。
さくらちゃんが去年5月に16歳で旅立った後、さびしそうなこむちゃんのために、もう1匹迎えることを決め、サイトを見ていた真由美さんが目を止めたのが......真っ白フワフワの女の子。
「まだ臆病さんで人に対しては緊張してしまうところがあります。ゆっくり猫ちゃんのペースで仲よくなってもらえる方とのご縁をお待ちします」とあり、「多頭崩壊現場からgoensが保護しました」と付記されていました。
真由美さんは、この仮の名「もなか」ちゃんにひと目ぼれ。
お母様と一緒に譲渡会に行って、ふた目ぼれし、迎えました。
もなかちゃんは、あずきちゃんとなりました。

7.jpg

さて、新入りのフワフワ女子に、犬のレオちゃんも、先住猫のこむちゃんも、大喜び。
こむちゃんの「好き好き」攻勢に、ちょっとたじたじだったあずきちゃんも、今では、お互いの姿が見えないと鳴いて探し回るほどの仲良しに。いつも一緒にいるそうです。

8.jpg

2階に隠れていたあずきちゃん、こむちゃんにつられて降りてきました。

9.jpg

チュール...ほしいけど、お客さん、まだ怖い!

10.jpg

お母さんが笑いながら言います。
「こう見えて、あずきはけっこうおてんばなんですよ。ご飯も、自分のを食べ終わったら、隣のこむぎを頭で押しのけて食べます。鷹揚なこむぎはされるがまま(笑)」
朝は、お母様の寝室まで、2匹そろって起こしに来るそうです。
「飼ってる以上は、ずっと愛情を注ぎたい。生き物ですからね。どうして捨てたり、猫のしあわせを考えずに飼ったり、そんなことができるのでしょうね。あずきはまだ人間のことが怖いみたいだけど、甘えん坊になる日が楽しみです」
お父様も登場。そばの水槽を指さしながら、笑顔でこうおっしゃいます。
「うちは、動物が好きで好きで。メダカもエビもいるし、カメはもうすぐ冬眠から覚める頃です。家の中に動物がいるのはいいですよねえ」

11.jpg

あずきちゃん、多頭飼育でつらいことや我慢することもいっぱいあっただろうけど、自分を出せて可愛がってもらえる家族ができて、よかったね!
「ニンゲンって、ちっとも怖くないわ」と思い始めたかな。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

P9210072-2.jpg
猫との約束
猫は人生にドラマを運んでくる。ささやかでも、至福のドラマを

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

Instagram

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

この時代、軽々に美人などと言うと差別だと指摘されかねないが、本当に女の子らしいい鼻筋の通ったあずきちゃん、ワンニャンも一緒の真由美さん一家に支えられて辛かった過去からの離脱ももうすぐの雰囲気。どこかキョトンとしていながら世話好きそうな、こむちゃんとは良いコンビになりそう。末永くお幸せに。

by Y.M 2022-05-10 16:41

>Y.mさん

あずきちゃん、おずおず娘から、奔放姫に変身の予感です(笑)。
おっとりこむちゃんと相性ピッタリではないでしょうか~。

by 道ばた猫 2022-05-11 01:54

あずきちゃん、実に可愛らしい!
わけあって一緒になれたレオくん、こむちゃんとのワンニャンライフも実に楽しそうです。
お空の上からさくらちゃんも見守っていてくれるでしょう。
幸せに暮らしてね。

by ヤンヤン 2022-05-11 05:21

あずきちゃん、ふわふわ可愛い~美人さん~!
こむぎちゃん、優しいね♪
あずきちゃん、人間はこわくないよ、「なーんだ、人間も猫も優しいね」ってわかってくる日がきっと来ますね(^^)穏やかに楽しく過ごしてね。

by とも 2022-05-11 07:02

あずきちゃん、賢そうなお顔をしていて、まさに才色兼備ですね。いっぱい可愛がってもらってくださいね!
種を超えたファミリー素晴らしいですね。とてもほっこりしました。虫も鳥もカメもニャンコもワンコも、動物たちすべて、そして人間たちもみ~んな仲良く平和に暮らしたいものです。

by ぺったんの母 2022-05-11 13:36

白猫さん、かわいいですよね。うちの仔もおてんばさんですが、とろける声でなかれると、つい、抱っこしてしまいます。
あずきちゃん、幸せになったね。良かったね。

by ちぃ 2022-05-11 17:53

>ヤンヤンさん

気が合えば、犬も猫もいる暮らしって、最高に楽しいですよね!
うちにも昔、猫が大好きな犬がいました(笑)。

by 道ばた猫 2022-05-17 12:29

>ともさん

用心深い猫さんほど、安心した後も甘え具合もひとしおですから、
あずきちゃんのおうちの皆さん、これからが楽しみですね~~。

by 道ばた猫 2022-05-17 14:05

>ぺったんのお母さま

こんなに種を超えて仲良くできるのに、なんで同じ人間同士いがみあうんでしょうね?
見習わなきゃ。

by 道ばた猫 2022-05-17 14:17

>ちぃさん

とろける声で鳴くんですか、かわいいですねえ!
うちは、顔は可愛いんだけど、どすの聞いた低い文句っぽい声で鳴きます(笑)

by 道ばた猫 2022-05-17 14:19