ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2020年10月27日

秋雲の下

秋が深まる午後の里山にやってきました。
青い空と美しいうろこ雲に誘われて。

1.jpg

この子は、初紹介のメグちゃん。
いつの間にか里に居ついた子です。
気立てのいいやさしい女の子なので、雄猫たちの「妹」的存在になりました。よかったね!

里山猫たちは、さっちゃんが空の上にのぼってから、メグちゃんを含め、また少し顔ぶれが増えました。
どこからかやってきていつの間にか居ついた流れ者猫たちのために、猫小屋分室ができ、新入りたちは夜はそこで仲良く眠ります。
もちろん、日中お天気のいい時は、先住猫さんたちに交じって、広い里山で遊びまわります。

2.jpg

きょうは、めずらしくキャンプ場が空いているので、見渡す限りののどかな里山の秋風景。

3.jpg

あれ、足元に大きなものが落ちています。
ちくわくんは不器用なので、歓迎のあいさつは、こうやって先回りして転がっているのです。

4.jpg

ちくわくんとノンちゃん。オス同士だけど、けっこう仲良しです。

5.jpg

ベンチに集まってきたオス猫たち(左からしゅう、福、ちくわ、ノン、さき)が、いっせいに背後の山の方を見上げました。
父さんが、犬の散歩で山から帰ってきたからです。

裏庭では、去年の台風で倒れた大木が、いまも若い猫たちの遊び場に。

6.jpg

逆光で青空と白い雲とあいくんとを撮ってみました。あいくんとさきくんは、左前脚欠損のあっこちゃんの息子たちです。

7.jpg

こてつ兄貴もやってきて、2匹のシルエットがきれい。

8.jpg

ちくわくんが、ダイナミックな背伸び。
そろそろ夕飯の時間です。
朝から忙しくち立ち働いていた麻里子さんが、石の上で休憩すると、たちまち猫たちが集まってきました。
もうすぐ5歳のゴローくんは、若いみんなを見守るような立ち位置に。

9.jpg

ああ、まるで童話の一ページのよう。
私は、そっと聞いてみました。
「麻里子さんは、さっちゃんのお墓の前で、どんなことを話しかけているの?」
麻里子さんは、微笑んで答えます。
「私は、おくりびと。年齢を考えるともうこれ以上は迎えがたいけど、今いるこの子たちは、サチの元へ、1匹ずつちゃんと順番に送り出していくから、見守っていてね。元気でがんばるからね、って」

この夢のように平和な愛に満ちた、里山の秋の風景が、これからも毎年続きますように。

第2猫小屋の住猫たちは、折に触れてこれから紹介してきたいと思いますが、なかなかのメンツです。

10.jpg

このオトコは、こてぴ。こてつに色合いがよく似ているので、この名をつけられました。

11.jpg

このオトコは、トネ。
人馴れせず触れずにいたため避妊手術ができずにいたあっこちゃんが去年産んだあいくん・さきくん兄弟の父親とみられます。
(今では、全員手術済み)
とねもこてぴも、メグちゃんをそれはそれは可愛がっています。

12.jpg

夕方になって、みんなが猫小屋に戻った後も、のほほんと里山に居残って毛づくろいしているのは・・・・。
ここはムーミン谷?と思ってしまうようなシルエットではありませんか、ちくわくんってば。

13.jpg

お見送りしてくれた、ノンちゃん。

14.jpg

帰り道、池のほとりの柿の木のそばでまったりしていたのは、いちご園のふうちゃん。
1年半ぶりでしたが、「ふうちゃーん」と呼んだら、駆け寄ってきてくれました。




「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

yorisoiatte.jpg
寄りそう猫
しあわせは猫の隣り。心温まる17の実話。

nekodatte200-290.jpg
猫だって......。
ふつうの猫たちが語る、22の愛情物語。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。町々で出会った猫たちと寄り添う人たちとの物語を文と写真で発信している。写真は自己流。著書に『寄りそう猫』『猫だって……。』『里山の子、さっちゃん』など。朝日新聞WEBサイトsippoにて「猫のいる風景」を連載中。

カテゴリ: 道ばた猫日記
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

久しぶりの花はなの里、仲間に会えて良かった。佐竹のお姉さまありがと。色とりどりの花の中に新しい仲間も大勢いたね。キョトンとしたメグちゃんには驚き、ちくわ君は相変わらずだね。白い雲の上にいた僕、みんなには見えたかな⁉

by サチ 2020-10-27 15:11

ちくわ〜!もぉっ!大好き!♡
麻里子さんのお気持ち、とてもよくわかります。私も同じです。
また里山に行きたくなりました。

by 16にゃんず 2020-10-27 17:17

ああ、仕事を抜け出して、10分でいいから、この世界へ行きたい!
ウロコ雲の下でちくわ君とゴロンゴロンしたい。

by さび猫びいき 2020-10-27 18:49

ちくわ君の「捨て身」の歓迎。これが彼の醸し出す不思議なキャラの秘密なんですね。

by ムヨク 2020-10-27 19:08

柿の木に残った柿の実の景色が、大好きです。日本の秋っていいなぁと思います。そこに猫さん達!個性的で認めあって生活している姿に心洗われます。

by ちぃ 2020-10-27 20:23

ちくわく〜ん💕あの白いお腹に顔を埋めてみたい(笑)
秋も深まって来て、美しい景色の中で麻里子ママさんとニャンズが楽しく過ごす様子が見られて心が和みました。

by シーマン 2020-10-27 20:32

里山もすっかり秋の景色になったんですね。
サチのこと、猫を送るってこと、読んでたら涙が出ました。
ちくわくんのボスっぷりも定着しましたね。
あ〜、また里山に遊びに行きたい今日この頃です。

by まあぼんた 2020-10-27 21:25

>さっちゃん

さっちゃん、空の上でバジル君に会えたかな。新しい仲間がずいぶん増えてみんな楽しく暮らしてるよ!
さっちゃんが好きだった落ち葉が里山を覆う季節ももうすぐ。みんなの心の中にさっちゃんはいつもいるよ!

by 道ばた猫 2020-10-27 23:44

>16にゃんずさん

猫と共に年を重ねていくものにとっては、共通の思いですよね。16にゃんずさんにとっては、ことに。
いつかはくる送る日を思うと、今のひとときひとときが、いとしいですね。

by 道ばた猫 2020-10-27 23:47

>さび猫びいきさん

ホント。どこでもドアがあったら、私もしょっちゅう里山にいって、ちくわ君たちと一緒に遊びまわっているでしょう。猫小屋にも泊まってみたい(笑)。

by 道ばた猫 2020-10-27 23:50

>ムヨクさん

遊びに行くと、遠くから真っ先に気付くのはちくわとゴロー。ゴローは飛んできますが、ちくわは知らんぷりして、先回りしてる。帰り支度を始めると、ゴローは名残惜し気ですが、ちくわはぷいっとどこかへ行っちゃう。どっちも、ういやつです。

by 道ばた猫 2020-10-27 23:54

>ちぃさん

柿の木の風景。私も大好きです! 春は菜の花畑、夏はシロツメ草の原っぱ、晩秋は落ち葉の上、冬はひだまり。そこに猫がいたら、最高!

by 道ばた猫 2020-10-27 23:58

>シーマンさん

ちくわ君のおなかに耳を当てたことがあります。
嫌がるかと思ったら、思いがけず、ゴロゴロと大きな音でのどが鳴りました(笑)。

by 道ばた猫 2020-10-28 00:00

>まあぽんたさん

麻里子さんは、ほんとうに1匹1匹その犬や猫の個性を愛しているのがよくわかりますが、サチはやっぱり特別だったと思います。だから、「サチのもとに送る」という言葉がとてもずっしり響きました。

by 道ばた猫 2020-10-28 00:03

佐竹さんの車が到着するとワンズは吠えて知らせてくれます。足音が近づいてくるとニャンズのお出迎え隊が❗️
いざカメラを持って取材撮影が始まるとわらわら後を追いかけて・・近づきすぎて集まりすぎて撮影困難な時も💦
見ていて不思議を感じます😅
佐竹さんにはニャンズに愛されオーラを感じます❣️
少し雑談をして帰る時には見送り隊の面々が曲がり角までお見送り😊

そして今回『白雪姫と7人の小人』の様な可愛い写真を撮って頂きありがとうございました❤️この年で白雪姫は申し訳ないですが・・とても嬉しいショットです😃
ありがとうございました❣️
そう・・最後の1匹までサチのいる天国に幸せに送ってあげられるよう頑張ります‼️
まかせて下さい❤️

by ダム麻里子 2020-10-28 13:24

たしかにおとぎ話のような素敵な光景が広がっていますね。

個人的にはゴローくんとちくわくん推しです。(笑)
ノンちゃんもいい!!(≧▽≦)

by みり 2020-10-28 13:44

おとぎ話のようなシーン素敵でした。羨ましいかぎりです。
楽しかったです。やはり里山の子達のほのぼのとした光景癒されます。
きっとさっちゃんも微笑んでいることでしょうね。
ちくわ君の大きなのび!しっぽがピンと上がって絶好調ですね!!

by ぺったんの母 2020-10-28 16:06

いつも素敵な文と写真ありがとうございます。毎週楽しませてもらってます。今回はなじみの
花はなとあってひとしおです。花はなのニャンズ、ワンズはやはり特別です。新入りも暖かく受け入れる集団は素晴らしい。うちの花はなから連れてきたさんたはまだ一歳五か月なのに、体型がちくわやパパのとねにそっくり。もちろん、ちくわの風格も筋肉もありませんが。しかし、社会性ゼロ。
これからもいろいろなニャンズの紹介よろしくお願いします。もちろん花派の記事も。

by sumi 2020-10-28 16:07

間違いました!花はなの記事、です。

by sumi 2020-10-28 16:10

花はなのニャンズとワンズが大好きで(もちろんサチと麻里子さんと長平パパも)月に一度は訪れるお気に入りの場所。先週末もお邪魔してたくさん写真を撮ったのに、当たり前だけど佐竹さんのような素敵な写真が撮れない。真理子さんの周りに集うニャンズ、ベンチに並ぶニャンズ、青い空。花はなの里はニャンズやワンズだけじゃなく自然がいっぱい。そんな魅力を紹介してくれる佐竹さんのブログ、楽しみにしています。

by ミロの父ちゃん 2020-10-28 19:49

素敵な里山取材をいつも楽しく見てます!もう里山の猫ちゃん達の写真を見ているだけで、ほっこりです〜ちくわ君、なんか面白くて(笑)かわいいですよね❤️

by えるくま 2020-10-28 23:58

>ダム麻里子さん

まさに白雪姫と9匹の猫たち状態でしたね。私には、麻里子さんがアルプスの少女ハイジのように可憐に見えました! 花はなのわんにゃんたちは、どうやら私のこと「ともだち」と思ってるようですね(笑)。

by 道ばた猫 2020-10-29 08:59

>みりさん

ちくわ君はテレ屋な不思議キャラ、ゴロー君はまっすぐな心根の優しいオトコ、ノンちゃんはちょっと仙人ぽい風格あり。それぞれに、オトコの魅力がありますね~

by 道ばた猫 2020-10-29 09:03

>ぺったんのお母さま

背伸びシーンは隣でいきなりだったので、シッポの先まで写せずに残念。ベンチで振り向くシーンは、ちくわ君だけ座ったまま太い首がよじれず、立ち上がったのには笑っちゃいました。

by 道ばた猫 2020-10-29 09:12

>sumiさん

秋田の冬は早いから、さんたくんはもう暖房のそばでしょうか。 
トネ父さんとあっこ母さんのどっちに似ても、さんたくんは、シャイボーイかな。

by 道ばた猫 2020-10-29 09:16

>ミロの父ちゃん

それぞれのレンズの花はなの里。ミロのお父さんの撮った写真も、ステキだろうなあ~。青空と猫。雲と猫。一緒に撮るの、むつかしいですよね~。花はなの里は、空の青さが違うなあ~と、いつも思います! 

by 道ばた猫 2020-10-29 09:26

>えるくまさん

ちくわくんは、迎える時は不愛想を装うんですけど、転がってるのを撫でてあげると、「あっちでサシで遊ぼうぜ」って誘うんですよ~。ほんとにおもしろい奴です。

by 道ばた猫 2020-10-29 09:30

ああー、もう素敵な世界!どんなに世間がせわしくても花はなの里だけはゆったりのんびり穏やかな時間が流れていそうですね。メグちゃん、初めまして!なんて可愛いのでしょう。気立ての良い性格というのもいいですね。みんなの妹になってよかったね。ちくわくん、お出迎えがさすがです。ちくわくんもほんとに花はなの里にきて暮らせてよかったね。ゴローちゃん、あなたは素晴らしいです!!人間もゴローちゃんを見習わなきゃいけないことがたくさんです。男子チームもいいですね。麻里子ママさんとニャンズ、ほんとに童話ですね!みんな楽しそうにおしゃべりしたり寄り添っていたりしていそう。あ、やっぱりライムちゃんも麻里子ママさんの近くにいますね!!ノンちゃん、お見送りの姿が可愛いなぁ。ノンちゃんも好きです~
麻里子ママさんのコメント、ワンニャンズが佐竹さんに心を開いて大歓迎していることがよくわかります(*^-^*)花はなの里の様子がわかってうれしかったです。心の充電ができました。今日も頑張れそうです!!またお話をよろしくお願いします。

by とも 2020-10-30 08:20

>ともさん

心の充電のお手伝いができてうれしいです!
次回は、冬支度のころかな、年内にまた。お楽しみに。

by 道ばた猫 2020-10-31 01:20

どれもこれも美しい!
中でも白雪姫と7人の小人風の麻里子さんと猫様たちの1枚は至極❗️
...
SNS時代の現在はワンにゃんは動画が主流なのかもしれませんが私は断然写真(静止画)が好きです。(アプリで盛ったりしてないヤツね。笑)
遠い昔の学生時代は自分で暗室に籠り現像してました。
赤い光の中で画像がボーっと浮かびあがってくる時はゾクゾクっとして感動したものです。
...
麻里子さんと小人たち風の猫さまたちの1枚を見て、同じような感動を覚えました。
撮る側と被写体側に揺るぎ無い信頼関係があればこそ産まれたものだと思います。
猫さまたちをはじめどちらもホントにすばらしい!

by 才蔵 2020-10-31 23:18

>才蔵さん

ありがとうございます。この日はとくべつ気持ちのいい空と光で、夢中に時間を過ごしました。麻里子白雪姫の写真は、私も大好きです! ゴローはサチの来るのを待っているような気もしました。

by 道ばた猫 2020-11-01 10:47