ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫又トリップ

2019年08月21日

ご長寿猫への道は室内飼育にあり! ある黒猫さんとご家族のお話

「茶トラかキジトラね、性別は女の子がいいわ。」母親はしっかりと娘にそう伝えました。しかし、連れて帰って来た猫は黒猫の男の子。「だって、人気がなさそうで貰い手もなさそうだったから......。」

kd20190821-1.JPG
え?そうだったの??



運命の黒猫と出会うまで


娘さんが突然、猫を飼いたいと言い出したのは、その春に入学した大学構内にあった掲示板の「子猫あげます」のコーナーを目にしたことから。(大学には獣医学部があるそうだ)母親・山本千夏さん(愛知県一宮市在住)は、実家で様々な毛柄の猫と暮らして来た経験上、穏やかで飼い易いイメージのある猫をと先の提案を娘さんにしたわけですが、候補外のもっとも譲渡が苦戦しそうな「黒猫」を選択してくるあたりに我が子の優しさと成長を感じ、大変うれしく思ったそうです。あれから15年――、黒猫「小春」(15歳・男の子)が山本家歴代の最高齢猫になろうとは! ちなみに小春という女の子のような名前になったのは、娘さんが譲渡前にわかっていた性別を家族に隠していたからのようです(笑)。

kd20190821-2.JPG
キャットステップに梁、猫のために建てられたという家。

kd20190821-3.JPG
華麗にキャットウォーク。

kd20190821-4.JPG
小春、大満足の表情。自慢のお家なんだね。




山本家の猫たち


現在、山本家には3匹の猫がいます。小春が9歳まで1匹で過ごした後、キジトラ猫の「杏(あんず)」(6歳・女の子)が家族に加わります。杏は公園で「ニャーニャー」と鳴いているところを山本さんに保護されるのですが、その状況のなんとおぞましいことでしょう! 発見時、杏は茶封筒に入れられ捨てられていたというのです。そんなこともあって人間は信用ならないと警戒し、優しい目になるまでには相当の時間を要したようです。

kd20190821-5.JPG
上から杏、見張り役のよう。

kd20190821-6.JPG
よいしょっと。(良いショット)

kd20190821-7.JPG
蒸籠とニンニクと杏。


3匹目のキジトラ猫「棗(なつめ)」(3ヶ月・男の子)は杏が小春を追い掛け回すことから、その対策として今年迎え入れた保護猫です。「3匹入れば状況が変わるかも?」と考えた山本さんのとった策は見事にハマり(?)、先住の2匹は子猫に振り回される日々を送っているよう。杏は棗をけん制し、小春が嫌々ながらも猫社会を教える日々。3匹になったおかげでパワーバランスは分散して、わりと良好なようです。

kd20190821-8.JPG
垂直落下!子猫の身体能力って凄い!

kd20190821-9.JPG
なつめと遊んでもらいましたよ。

kd20190821-10.JPG
ぴゅーっと。触られるのはゴメンだーだって。




最年長、小春の健康について


取材の数日前に小春は動物病院へ行ったそうです。気になる便秘のことを相談すると、担当医からお薬よりもまずは食事の見直しをという提案を受け、そこから小春の食事は「消化器サポート(ロイヤルカナン)」のドライフードになりました。突然の療法食の切り替えに不安はありましたが、当の本猫はわがままも言わず食べてくれているというのでひとまず安心です。小春はいままで大病もなく、今回が久しぶりの動物病院だというので健康面はまずまずといったところでしょうか。お通じが良くなればより深い検査をしていこうという考えもあるようです。

kd20190821-11.JPG
うみゃー!

kd20190821-12.JPG
2階から、

kd20190821-13.JPG
1階へ。




猫たちを守るために


ご長寿の秘訣は「完全室内飼育」に尽きると山本さんは言います。山本さんの幼少期、実家の猫たちは外に出かける猫でした。ただそこを見直しても脱走を企てる頭のいい猫もいます。(過去に小春も脱走経験あり)またマンションは比較的対策が容易だけど戸建ての場合はあらゆる窓に神経を使います。そんな自身の経験から「猫落下防止ネットまもるんキャット」の販売・運営にまで関わるようになりました。「もう絶対に外に出さない!」これって猫の飼い主としては基本中の基本の考えですが、お話を伺って戸建ては脱走のリスクが高いんだなぁと改めて感じた今回の旅となりました。

kd20190821-14.JPG
シルエットも美し。

kd20190821-15.JPG
眺めるだけね。もうお外に出たらダメだよ。




「猫又トリップ」が書籍になりました。

gochouju200-290.jpg
ご長寿猫がくれた、しあわせな日々

15歳以上のご長寿猫と、その家族が奏でる28の物語をお届けします。

試し読みはこちら (ΦωΦ)


写真

猫又トリップライター紹介

ケニア・ドイ

1972年兵庫県生まれ。ほとんど犬猫カメラマン。著者に「ぽちゃ猫ワンダー」(河出書房新社)、「じゃまねこ」(マイナビ出版)がある。新刊「ご長寿猫がくれたしあわせな日々~28の奇跡の物語~」祥伝社より絶賛発売中。現在、黒背景で行うペット撮影会「ドイブラック」を全国で展開中。

http://kenyadoi.com

twitter

Instagram

カテゴリ: 猫又トリップ
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

猫のための家!うらやましいです。みんにゃ、のびのびと過ごしてますね~。このストレスのない生活が、ご長寿へと繋がるのかな。
当時大学生だった娘さんの優しさを、小春はしっかりと受けとめたんですね。

by さび茶風 2019-09-07 09:38