ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫又トリップ

2019年01月09日

穏やかな時間に育まれたご長寿猫とご家族のお話

幼い頃は人間に抱っこされるのも嫌い、鳴いてなにか注文をつけることなんて絶対にしなかった猫が、今や家族にデレデレの甘えん坊の猫に......。
「猫が老いていくとは、こういうことかぁ。」と感じるようになった飼い主のKさんにお話を伺いました。

kd20190109-1.JPG



寂しがりやの長毛猫


Kさんの愛猫「ルル」は19歳の女の子。それまで6匹の猫と暮らしていたKさん夫妻の元にあらわれた友人から「貰い手が見つからなければ、保健所に連れて行かないといけない猫がいる。」と突然、相談を持ちかけられ、それが生後約2ヶ月のルルでした。そんな事情を聞いてしまっては断ることなんてできません。さらに、ルルの親はペルシャ(チンチラシルバー)とアメリカンショートヘアらしく、それはKさん夫妻が初めて家に迎えた保護猫のペルシャ猫「クロキー」の時と重なり、長毛種にも愛着があったので迎えることにしました。

kd20190109-2.JPG

kd20190109-3.JPG

ルルが加わって最大で7匹の猫がいたというKさん宅。賑やかな時期は猫たちに留守を任せて家族旅行も頻繁に行けたのですが、ルルが1匹になってからは夫婦揃っての旅行もお預けの状態。寂しがりやのルルのために「夫婦のどちらかが家にいる」というルールはここ10年徹底されているようです。

kd20190109-4.JPG

kd20190109-5.JPG
ルルは案内上手。



食へのこだわりもご長寿の秘訣?!


19歳とは思えないほど、キレイな容姿のルル。とても活発な猫で遊びが大好き。好奇心は衰え知らずで、毎日の毛づくろいも欠かしません。「夫婦も元気でルルも元気!」というわけなのか、とくに健康で困ることはないようです。これまでの病気と言えば若い頃「血尿」で病院に通ったことはありましたが、獣医師の勧めで市販の猫フードを療法食「PHコントロール2」(ロイヤルカナン)に変えてからは良好に。それから現在までルルは「飽きることを知らない」と飼い主さんに言わしめるほど毎日同じフードを食べています。また、間食のおやつ「3時のスープ」(キャネット)も外せません。歴代の猫たちにはなかったというルルの一本気なフードの好み。これもご長寿の秘訣なのでしょうか?

kd20190109-6.JPG
次に案内されたのはベランダ。

kd20190109-7.JPG
ムシャムシャ。

kd20190109-8.JPG
猫草が好きなんだねぇ。




ルルが教えてくれたこと


ルルに家の中を案内されると、お気に入りの寝床が各部屋にありました。ベランダ散策も慣れたものでルルの行動範囲は意外に広いようです。
ここは穏やかな時間が流れる閑静な住宅街の一角。静かな環境に努めている点もルルにとってはうれしいこと。もちろん、季節ごとの体温管理にもぬかりはありません。今の時期の防寒対策は「こたつ」、そして夏の暑さには「クーラー」等でいつでも快適でいられるように対応しています。でも、手をかけなくても実はルルの方が涼しい場所をちゃんと知っているとのこと。そう、この家で長年過ごしているルルにとってそれは当たり前のことなのです。この連載でもいつも飼い主さんの知識や経験に目がいきがちでしたが、猫自身の体験というものを忘れてはいけません。猫だって日々、学ぶのですから。

kd20190109-9.JPG
この日のファーストショット!

kd20190109-10.JPG
大きなカメラを見てもこの余裕です。




猫ライフの集大成


これまで一緒に暮らした猫の中での最高齢は20歳の「チビ」。今19歳のルルは3月生まれだから、その記録もなんなく更新していくような気がします。
そして、ご夫婦にとってルルは自分たちと過ごす最後の猫になるだろうと考えているそうです。なぜなら、ご自身の年齢のこと、ずっと1匹で育ったルルのことを考えると新たに猫を迎えることはできないからです。
ルルは、言わばKさん夫妻のこれまでの猫ライフの集大成となる猫。どこか落ち着きのある仕草や表情を見ていると、ルル自身も日々の生活の中で自ら学んで賢くなっていったように感じます。
なるほどなぁ。
寒空の下、のんびりとしたルルの日常を垣間見て、なんだか陽だまりのようなあたたかい気持ちに包まれた今回の訪問でした。

kd20190109-11.JPG
ベランダ散歩はリードあり。

kd20190109-12.JPG
気持ち良くってウトウトしちゃう。




「猫又トリップ」が書籍になりました。

gochouju200-290.jpg
ご長寿猫がくれた、しあわせな日々

15歳以上のご長寿猫と、その家族が奏でる28の物語をお届けします。

試し読みはこちら (ΦωΦ)


写真

猫又トリップライター紹介

ケニア・ドイ

1972年兵庫県生まれ。ほとんど犬猫カメラマン。著者に「ぽちゃ猫ワンダー」(河出書房新社)、「じゃまねこ」(マイナビ出版)がある。新刊「ご長寿猫がくれたしあわせな日々~28の奇跡の物語~」祥伝社より絶賛発売中。現在、黒背景で行うペット撮影会「ドイブラック」を全国で展開中。

http://kenyadoi.com

twitter

Instagram

カテゴリ: 猫又トリップ
  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

なんて美しい猫さん。ふわふわの被毛にアメショーがらのポイント。常にカメラ目線でモデルのようですね。
ベランダにたたずむ姿は日の光をうけてきらきらしてポストカードにしたいくらいです。
最後の猫、とは残念ですがルルちゃんとの猫ライフが長く続きますように。

by 名無し 2019-01-10 14:30

19歳には見えない、幼い(失礼!)といってもいいくらいの猫さんですね。
私も、今いる猫が最初で最後の猫だと思っていますが、そう思うと尚更愛しく感じます。
ルルちゃん、お父さんお母さんのためにも元気でもっともっと長生きしてね!

by さび茶風 2019-01-12 22:02

名無しさん
常にカメラ目線。こちらの一挙手一投足を伺いながら一定の距離感での撮影が続きましたのです。
責任を持って飼える年齢。私も何歳まで大丈夫かな。今いる猫と相談しながら考えて行きたいと思います。

by ケニア・ドイ 2019-01-23 12:52

さび茶風さん
私も幼い顔だと思います。飼い主さんもルルちゃんもまだまだ元気!
猫と暮らすと人間の寿命も延びるのでは?誰かに研究してもらいたいです。

by ケニア・ドイ 2019-01-23 13:00

記事を見て驚きました ウチの猫とあまりにも共通点が多いのです

①小さいときはクール→甘えん坊
②長毛系の雑種(色が違いますが(当方は茶色)それ以外の容姿がそっくり)
③若い時は結石(血尿)の病気持ち
④主食がロイヤルカナンのPH2(好き嫌いなし・これのみ食べています)
⑤猫草も大好き(無印の猫草がお気に入り)

このへんに長生きの秘訣があるのかもですね
そんなウチの猫も現在(2019/3現在)20歳です。生き別れの兄弟なのかも?
是非取材に来てください  

by こうた 2019-03-03 11:04