ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫又トリップ

2018年12月26日

ライバル関係がご長寿の秘訣?! 戦い続ける2匹の猫のお話

kd20181226-1.JPG
よ!癒し系!

元々、キョウさんの飼い猫が4匹、当時付き合っていた今のご主人には2匹。同居を機に合計6匹の大所帯になったキョウさん一家。それから7年が経ち、亡くなった猫もいれば、新たに家族の一員になった猫もいます。今も6匹体制は変わらないままですが、上の2匹は15歳オーバーとなりました。



「トラネコ」のお話


キョウさんが一人暮らしになにか物足りなさを感じたのは、実家では当たり前のようにいた猫の存在が大きすぎたせいでした。ペット可のマンションに引っ越し、「よし、猫が飼える!」と環境を整えたのは、実家を離れて5年目のこと。タイミング良く、友人の猫が出産をしたので、複数匹いた中の「風邪を引いて鼻を垂らした子猫」を選び譲り受けました。でも、何故わざわざ病気の子を?
私が推測するに、「弱々しい子猫は貰い手が少ないだろう」というキョウさんの優しさが自然に働いたのではないでしょうか。その時風邪っぴきだった子猫「トラネコ」(茶トラ白・男)も無事に21歳を迎えました。そして昨年はなんと、トラネコのきょうだい猫もご存命ということが発覚。「ご長寿家系なんでしょうね」とキョウさんはさらっと語りますが果たしてどうなのでしょう......?

kd20181226-2.JPG
トラネコ。

kd20181226-3.JPG
21歳の男の子。




「巨匠」のお話


最初の6匹の猫のうち、ご主人の連れ子で唯一残っている「巨匠」(茶トラ白多め)は17歳の男の子。潰れたパチンコ屋さんの駐車場でダンボール箱に放置されていたところをたまたま通りかかったご主人が保護。箱の中には生後2週間程度の子猫が4匹......。梅雨時期で雨の降る肌寒い日でした。「このままでは死んでしまう」と思い、とにかく家に持ち帰ったのです。ご主人の家にも猫が1匹いましたが、生まれて間もない子猫の面倒は見たことがありません。そこで、当時まだ"知り合い"程度の関係だったキョウさんを思い出し、すぐに相談すると「うちの母親が面倒を見るよ」とうれしい返答が!ただしそれは「子猫の里親さんを探すこと」という条件付きでした。ご主人は懸命に声を上げ、2匹の里親さんを見つけ、残る2匹のうち1匹はキョウさんのお母さんが、もう1匹がご主人の元へとやってきました。それが巨匠です。

kd20181226-4.JPG

kd20181226-5.JPG
高いところが好き。

kd20181226-6.JPG
17歳の巨匠。

kd20181226-7.JPG
いたってマイペース。




ライバル関係


21歳のトラネコと17歳の巨匠、聞けばあまり仲が良くないのだとか。普段から「ここにいるから近くを通るなよ」とお互いが目で合図を送っているような殺気を感じるそうです。キョウさんの連れて来たトラネコとご主人が連れて来た巨匠の、家同士、オス同士の戦いが今も尚、続いています。このライバル関係、どちらも引かない戦いが実は2匹の元気の源であり、ご長寿の秘訣なんだろうなぁと思いました。

kd20181226-8.JPG
ホットカーペットでぬくぬく。

kd20181226-9.JPG
お客さんかい?挨拶に来てくれたトラネコ。

kd20181226-10.JPG
直後事件が!

kd20181226-11.JPG
ホットカーペットを狙う巨匠。

kd20181226-12.JPG
入れ替わる2匹。

kd20181226-13.JPG
ホットカーペットでぬくぬく。時間交代制?




2匹それぞれのごはんと薬


多頭飼育で年齢もバラバラだとごはんには気を使います。21歳のトラネコはウエットタイプの腎臓フード(スペシフィック)で、17歳の巨匠にはドライタイプの腎臓フード(ロイヤルカナン)をメインに与えています。2匹は食べ方にも違いがあって、トラネコは少量を何度も欲しがるタイプ、巨匠は一気にガツガツ食べるタイプです。ご主人は日中、仕事で家にいませんが、キョウさんは在宅勤務が多いので、トラネコの食事ペースに合わせることができているとのこと。

kd20181226-14.JPG
総合栄養食だけでなく、おやつタイムもあるよ。

kd20181226-15.JPG
うみゃー!

kd20181226-16.JPG
巨匠も便乗、おやつタイム!

kd20181226-17.JPG
うみゃー!


また、薬はトラネコが腎臓病の薬「ラプロス」(東レ)1/2錠を朝晩2回、巨匠は「フォルテコール」(エランコジャパン)1/2錠を1日1回。2匹はまるで同じものでは気分が優れないかのよう。「あっちがあれならおれはこれ」と食事も薬も張り合っているような気がしてなりません(笑)。

kd20181226-18.JPG

kd20181226-19.JPG
洋服姿を「見て見て」と言っているよう。

kd20181226-20.JPG
うん。着こなしてる。


トラネコを一目見た時から、「着こなすわぁ〜」と思った洋服は去年の冬から。しかし、キョウさんがその姿をInstagram(@kyoxxxxx)で投稿すると、「うちの猫も腎臓が悪く、あっためた方が良いので着せてます」との同意のコメントが!なんとなく良いかなと思って導入していたことが確信に変わり、今年は夏でも素材を変えて体を冷やさないように務めました。そのおかげか、いつも夏場に調子を崩し点滴に通っていたトラネコが、なんと点滴要らずで過ごせたそうです。これは説得力がありますね。ご長寿猫たちの間で流行りそう!ちなみに巨匠はトラネコと同じものを着たくない!というわけではなく、暑がりで体もコロコロしているからまだ着せていない、という飼い主側の判断だそうです。

kd20181226-21.JPG
トイレは階段を降りて、ヨチヨチ歩きのトラネコです。写真右は人見知りさんの「たぬぅ」(5歳・男)。

kd20181226-22.JPG
ムードメーカーの「オコジョ」(5歳・男)

kd20181226-23.JPG
しかし、上りはめちゃ早い!あなどるなかれ!21歳でも足腰強っ!

kd20181226-24.JPG
賑やかで楽しい、キョウさん一家でした♪


- - - - - - - - - - - - - - - -

キョウさんのブログ「ネコと音楽と。



「猫又トリップ」が書籍になりました。

gochouju200-290.jpg
ご長寿猫がくれた、しあわせな日々

15歳以上のご長寿猫と、その家族が奏でる28の物語をお届けします。

試し読みはこちら (ΦωΦ)


写真

猫又トリップライター紹介

ケニア・ドイ

1972年兵庫県生まれ。ほとんど犬猫カメラマン。著者に「ぽちゃ猫ワンダー」(河出書房新社)、「じゃまねこ」(マイナビ出版)がある。新刊「ご長寿猫がくれたしあわせな日々~28の奇跡の物語~」祥伝社より絶賛発売中。現在、黒背景で行うペット撮影会「ドイブラック」を全国で展開中。

http://kenyadoi.com

twitter

Instagram

カテゴリ: 猫又トリップ
  • ツイート
  • いいね!