ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

岩津さんに聞く!

2019年04月12日

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞いてみよう ~みんながみんなを思いやるしあわせなご家族

みにゃさま、こんにちは。
今回は、訪問アニマルコミュニケーションにご応募くださったNさんのお宅に行ってまいりました。
いただいたご相談はこちらです。

猫 男の子 6歳 ちょびくん
猫 男の子 10歳 ししゃもくん

ちょびは6年前の年末、当時住んでいたビルの4階の自宅玄関の前に急に現れました。
普段1階の扉は閉まっており、どうやって4階まで来たのか、そして他ではなくなぜうちの自宅前に居たのか、僕たち夫婦の間ではずっと謎でした。
今、ちょびは夫婦の仕事環境の問題で、奥さんの実家に1年ほど前から居候させてもらっています。そこには、ししゃもという猫(街中で瀕死の状態だった赤ちゃんの時に奥さんが保護した猫)がいて、最初は2匹が仲良くしてくれるか心配でしたが、今はまるで僕に興味がないように見えるくらいすっかり仲良しになりました。
今回、あの時ちょびはどうやってビルに入り、なぜうちの前に居たのかをまず聞きたいです。そして、お母さんの家に居る現状をどう思っているのか。僕のこと、奥さんのこと、それぞれについてもどう思っているのか聞いて頂きたいです。
ししゃもには、ちょびをどう思っているのか聞きたいです。そして一昨年、お母さんがししゃものことで大怪我をしました。ししゃもは自分で窓を開けることが出来るので窓を開けてお隣さんの屋根に登ってしまい、それを見つけたお母さんが追いかけようとして大けがを負いました。ししゃもは、あの時お母さんが3ヶ月入院して居なかったことをどう思っているのでしょうか。


上下左右トリミングIMG_1711.JPG
左:ちょびくん 右:ししゃもくん


ところどころ草が生えた屋外の駐車場。
そこにいつも車を停めているすらっとした30~40代の男性が幼いちょびくんと遊んでいます。
男性の脚にすりすりごろごろし、男性は嬉しそうですがもう行かなきゃとその場を離れる――。
こんなやりとりが毎日のようにありました。
日は変わり、動物病院で去勢手術を受けるちょびくんと、院内のベンチに座っているちょびくんの引き取りを待つ女性。男性のパートナーなのかその地域でTNRをしている人なのか詳しくはわかりません。

ある日、その男性がビルの入り口の重いガラスドアを開け、ちょびくんを招き入れました。
ちょびくんは、この後にNさんのお宅の玄関前まで向かったようです。
男性はNさんと同じビルに住んでいた人なのか客人なのか。ビル内なら温かく安全と思い招き入れたのか......。この日は特別に寒い年末だったそうです。
Nさんとちょびくんが出会う前の様子を見てみると、こんな一連の映像が見えました。
その後、Nさん宅の玄関前で2時間鳴き続けアピール(今思えばアピールです)し、ちょっとした追いかけっこもありましたが無事に保護。こうしてめでたくちょびくんとNさん夫妻は出会えたというわけです。
ちょびくんは汚れておらずきれいだったので、迷子猫に違いないとNさん夫妻は保護センターや動物病院に問い合わせましたが、探している人はいませんでした。
しかし、年末は帰省の予定がありこのまま置いてきぼりにはできません。ちょびくんはNさん夫妻と一緒に帰省し、そのまま家族となったのです。めでたしめでたし。
アピールしたとはいえ、初めてのお家暮らしに初めての人との同居で戸惑ったちょびくんは、1週間トイレの奥に引きこもりました。
3週間後のある日、ちょびくんは覚悟が決まったように突然トイレから出てきてリビングにいたNさんをじっと見つめていました。あまりにも堂々と佇むその姿にびっくりしたそうです。
「お待たせ」とでも言っているようなちょびくんですね。

IMG_0386.jpg

Nさんに会いたくて生まれ出で、ようやく巡り会えたとはいえ暮らしに慣れるまでは少し時間が必要だったようです。
猫も人も暮らしに慣れ、お互いを知り、ひとつの家族になるまでは時間を要することがありますものね。

Nさんご夫妻との暮らしはしあわせそのものですが、1年前に仕事環境の関係で近くにあるご実家に居候することになったちょびくん。
猫を愛するご実家では、Nさんが言われるように、ちょびくんはもうNさんに興味がないように見える程のしあわせぶり。

上下トリミングIMG_2307.JPG

ご家族皆さんに愛されてちょびくんは本当にしあわせそうに見えます。
きっとNさんは一番ここを気にされてると思いますので、早速ちょびくんに聞いてみましょう。

岩  ちょびくん、お話いいかな?
ちょ うん、いいよ。(と言いながらかなり緊張しています)
岩  今は離れて暮らしてるけど、おふたりへの今の思いはどう?
ちょ ふーん、そんなこと言ってるんだ。男同士の約束を忘れたのかな。
   ぼくは忘れてないよ。
   それにぼくはもう大人。自分のことは自分でできる。
   男ならきっちり生きて奥さんを守るんだ。
   病める時も健やかなる時もって言うでしょ。ぼくはここできっちり生きてる。
   お互いに男として生きるんだ。
 
IMG_2309.JPG

なんだかNさんへの叱咤激励のようですね。ぼくのことより奥さんのこと、男として生きることをまずは考えてほしいという気持ちのようです。
Nさんは奥さまを大切にされていて大変仲良しですが、ちょびくんはNさんに、まるで武士のように男としての誇りと覚悟を持って生きてほしいと伝えたいようです。
そしてちょびくんは、ししゃもくん含めご実家の家族を守っています。これがちょびくんの男としての役目なのです。

下をトリミングIMG_2313.JPG

ご実家のお母さんはちょびくんが引っ越してきた時、先住のししゃもくんとの間を取り持ちました。
いきなりの同居は難しいと考え、2匹の距離を徐々に縮めるために初めはそれぞれ1階と2階に分けて暮らしました。そして、午前と午後の日に2回、ちょびくんとししゃもくんを合わせる日々を続けたのです。
ししゃもくんは最初のうちはちょびくんを見たくないと拒否していましたが、お母さんの努力の甲斐あって4か月後に仲良くなったそうです。

4ヵ月もの間、毎日2度の面会を実践。2匹に対する、猫という家族に対するお母さんの愛情を感じます。
今ではいつも2匹一緒。ししゃもくんがちょびくんのことを大好きなんだとか。

岩  お母さんのことはどう思ってる?
ちょ 好き......。あー、肩凝ってきた!
   と肩を上下するちょびくん。緊張と照れくささで肩が凝るそうです。
   猫も肩が凝るんですね!
   お母さんにお伝えすると、ちょびくんは肩のマッサージが大好きだそうです。
岩  お母さんが大怪我して入院されたことは覚えてる?
ちょ うん。びっくりした。一体どうなったのかと思った。
   でもね、お母さんは強いから必ず治って帰ってくるって知ってたんだ。
   お母さんね、強いの。
   最強。それにね、お母さんは守られてる。

お母さんは神様に守られているというちょびくん。
お母さんが無事に帰ってくることを知っていたと言いましたが、
ちょびくんが神様にお母さんの無事を祈り、お願いしていた姿が見えました。
今も男らしくお母さんを守るちょびくん。
頼もしですね。

上トリミングIMG_2321.JPG

屋根に登った当の本猫ししゃもくんにもその時のことを聞いてみましょう。

し あ、あれね。(としょんぼり)
  すみませんでした。不甲斐ない......。もうしないよ。
  ぼくは決めたんだ。お母さんと生きる。
  ごめんなさい。
目がうるうるし出し、あまりの落ち込みようなのでこれ以上聞くのは止めておきます。
お母さんと生きることを決めたのはというのは、お母さんはぼくが思っている以上にぼくのことを大切に思ってくれていることがこの時にわかったそうで、好奇心でしたことで悪意はなかったとは言え、迂闊なことはしてはいけない、もっとお母さんのことを大切にしないといけないと反省したようです。

岩 ししゃもくん、ちょびくんのことどう思ってるか教えてくれるかな?
し ん?ぼくの......。
岩 え?ぼくの?
し もういいでしょっ!

「ぼくの」に続く言葉は恥ずかしそうにむにゃむにゃしていましたが、
「ぼくのかわいいかわいいちょびち ゃん!」というように聞こえました。
かわいくて愛しくて仕方ないようです。これぞ溺愛です。

クールで聡明で武士のようなちょびくん。
素直で純粋でまっすぐな心のししゃもくん。
Nさんご夫妻も、ご実家のお母さんも、ちょびママもししゃもママも、
みんながみんなを大好きで愛しく思い大切にしている。
ハートマークと笑顔でいっぱいのご家族です。
すてきな関係と絆。束の間ですが、ご家族と一緒に居させてもらった私もハートマークでいっぱいになり心が温かくなりました。

Nさん、ご依頼ありがとうございました。いついつまでも仲良くお幸せに。


Nさんより後日談をいただきました。


後日談というほどでもないですが、
その日二人とも、肩が凝っていたのか
並んでマッサージしてもらってたので、その画像も送っておきます。

nadenade-570-2.jpg

もう一つ、ちょびはいつもみんなが居るリビングに来ては、
一周してすぐに出て行ったかと思えば、
また来ては一周して出て行く謎の行動をしていて、僕たちの中では
パトロールと呼んでいたのですが笑、
岩津さんの家族を守るのがちょびの役目という言葉が、
みんなすごく合点がいきました。
後日談というか、岩津さんのお話を聞いての感想です。



フェリシモ猫部からのお知らせです。
今年から「岩津さんに聞く!」コーナーのブログ更新は、月一回、第二金曜日になります。
次回のブログは5月10日(金)公開予定です。
引き続きよろしくお願いします。

■ LINEスタンプ→あーちゃんとお馬界の仲間たち
 第二弾ができました!→あーちゃんとほんわか仲間達

■ Instagramはじめました→ asakacyama





【お知らせ】
岩津さんがあなたのご自宅に訪問して、動物と対面でアニマルコミュニケーションを行い、その様子を当ブログ上で記事にさせていただきます。(プライバシーは守られます)

あなたも、岩津さんを通じてペットとコミュニケーションしてみませんか? 
費用は90分以内¥8,000 +神戸からの交通費(実費) となります。(※交通費を除く全額が岩津さんのご厚意により動物愛護団体に寄付されます。)
※なお、取材させていただくのは平日のみとなります。
詳細は、応募フォームをよくご確認の上ご応募ください。応募者多数の場合は抽選となります。奮ってご応募ください!⇒ 応募フォームはコチラ
※当選の場合はご応募から約1ヵ月以内にご連絡いたします。

※岩津さんへのお仕事の依頼や、お急ぎの方は岩津さんまで直接ご連絡ください。
お問い合わせ先はこちら⇒animal & spirit communication
※こちらからお問い合わせいただいた場合は、猫部ブログの取材対象にはなりません。

nekogaanatani.jpg

連載が書籍になりました。
猫があなたに伝えたいこと』(イースト・プレス)好評発売中。


一部の電子書店にて配信が開始されました。

■配信が開始された電子書店(一部予約段階の書店もございます。)

Amazon Kindle
BookLive!
honto
楽天Kobo
・Apple
(iTunesのブック もしくは iBooksアプリのStore から)
紀伊国屋書店BookWeb
ebookjapan


「猫と飼い主さんのための癒しの音楽」CDがキングレコードさんより発売されました。 くわしくはこちら→ 『猫のための音楽』と『飼い主さんのため音楽』を収録した、おうちdeリラックスCD


写真

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞く!

岩津 麻佳

2014年、ひょんなきっかけからアニマルコミュニケーターとしての活動を開始。落ち着いた語り口と外見からは裏腹に、動物たちのエピソードを時にユーモア交えて語ってくれます。

HP

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

いつも楽しみにしています。
ちょび君は、Nさん宅を選んだのには、やはり何か理由があったのでしょうか。

by はなママ 2019-04-12 12:16

ちょびくんかっこいいですね!
惚れてしまいそうです(*/ω\*)素敵な御家族ですね
私もいつかご縁のある猫ちゃんに出会えたらいいなって思えました

by Gemini 2019-04-12 18:44

>はなママ様
いつもお読みいただきありがとうございます。
ちょび君含めすべての飼い猫さんは飼い主さんと計り知れないご縁とお役目があるのです(=^・^=)

by 岩津 2019-04-13 11:20

>Gemini様
男らしくかっこいいちょび君です♪
Geminiさんのところにはどんな猫さんが来てくれるか楽しみですね!

by 岩津 2019-04-13 11:26

駐車場で小っちゃなちょびくんと
いつも遊んでいたのは、
いわば“縁結びの神さま”
だったにょかも~(^^)
そして、その肌寒いある日に
開けられたガラス戸が、きっと
ちょびくんの運命の扉だったのニャ♥
力強く背中を押されたちょびくん♥
迷いなど、にゃ~んにも
なかったンだろニャ~(^・^)

by にあ 2019-04-13 13:50

ご縁とお役目。そうですね。すべての出会いに意味があって、すべての出来事は必然なんですね。

by はなママ 2019-04-13 15:16

>にあ様
縁結びの神さま、間違いないですね(^^)

by 岩津 2019-04-14 12:17

今月もあたたかな家族のお話で心がぽっとしますね。
実家のおかあさんの細やかな対応がすばらしいです、深いおもいやりをもって接し、
徐々に家族になっていくようすが伝わりました。
ちょびくん、かっこよすぎ!!「男として家族を守つて生きる・・・!」
そしてししゃもくんのかわいらしいこと!
すてきな家族ですね。

by あずにゃん 2019-04-15 11:16

>あずにゃん様
そうなんです。お母様の猫家族に対する愛なる想いが伝わってきますよね。
本当にすてきな温かいご家族です。

by 岩津 2019-04-15 11:59

(=^ェ^=)
僕にもアニマルコミュニケーションしてもらいたいよ。

by 猫田ニャン太 2019-04-17 15:24

>猫田ニャン太 様
ありがとうございます♪

by 岩津 2019-04-19 09:32

連載いつも楽しみです♡
猫飼う前から連載読んでいたおかげで、うちの猫には言葉全て通じてると思って話しかけています^_^
今から何をするか説明するとか、いつ帰るとか...。

by A 2019-04-22 12:36

>A様
いつもお読み頂きありがとうございます♡
人間同士のように話かけられてAさんの猫家族さんは喜んでいると思います。


by 岩津 2019-04-23 17:18