ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

わんにゃん支援活動

2018年06月15日

「地域猫啓発団体ねこ☆にゃらーず」さまの活動レポート(2017-18後期)

フェリシモ猫グッズの販売額の一部である「フェリシモの猫基金」、フェリシモメリーポイントの「動物たちの保護と飼い主探し支援」、 毎月ひと口100円「フェリシモわんにゃん基金」等でみにゃさまからご支援をいただいている団体さまの活動レポートです。

実施場所:愛媛県松山市

昨年の秋から自宅庭と納屋をリフォームし2018年3月25日に「保護猫カフェ」をオープン致しました。
ほぼ素人だけで少しづつリフォームし手作り感が満載ですがなんとか良い形になりました。

現在屋外の街中で猫の譲渡会をしていたのですが移動のストレスと街中の騒音などで体調を崩す猫も多く病気や障害のある猫は街中の譲渡会にはなかなか連れて行く事が出来ずご縁を繋げる機会を逃しておりました。
普段のリラックスした良い状態を見せられる事が出来ればハンデのある固体や臆病な固体もチャンスが掴み易く猫を欲しい人と譲りたい人達にも大きなメリットがあると思い展示譲渡施設を作りました。

nekonyarazu-20180514-1.jpg
室内施設

nekonyarazu-20180514-2.jpg
猫の運動場

猫同士の相性やハンデの具合や病気などで各スペースに分けているため猫カフェというより猫だらけの迷路屋敷みたいになってます。

保護場所が無く保護が出来ずに里親募集が出来なかった猫達もリフォームして多少のスペースに余裕が出来た為、保護して現在保護猫カフェスタッフの修行中です。

nekonyarazu-20180514-3.jpg
修行中のチャコ

障害や病気のある猫や高齢の猫が多いのですが病気や高齢、障害ということもあって人間からお世話される事が多いため人間に信頼を寄せて甘えてくる人懐こい猫が多く「ハンデ」というネガティブな偏見を払拭できるような展示譲渡施設を運営していきたいと思っております。

nekonyarazu-20180514-4.jpg
脳に障害があり下半身にふらつきのある「ふるえちゃん」


<ご支援くださっているみなさまへ>
いつも、暖かいご支援を有難うございます!!
皆様の温かいご支援で保護譲渡活動や啓蒙活動を続ける事が出来ました。
展示譲渡施設も完成しこれからも活動の継続と地道な啓蒙を続けて行きたいと思っております。
今後もどうかよろしくお願い致します。



「地域猫啓発団体ねこ☆にゃらーず」
https://neko.localinfo.jp/
http://blog.goo.ne.jp/neko-nyarazu(ブログ)

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!