ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

岩津さんに聞く!

2016年01月08日

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞いてみよう ~迷子猫捜索について

新年おめでとうございます。


さて、昨年とても印象深かったご依頼に迷子猫てんちゃんの捜索依頼がありました。

その捜索の様子は、てんちゃんの飼い主であるMさんが「猫はブログを書かない」というブログにまとめられています。てんちゃんの捜索中にネット上の経験談に多く助けられたMさんが、現在迷子動物の捜索をしている方々にご自身の経験が少しでも役立てば、と始められたブログです。
「アニマルコミュニケーターIさん」として私のことも載せていただきまし

題名の「猫はブログを書かない」ですが、猫は言葉で伝えられないけれど私たち人間に伝えたい想いをたくさん抱えている、という意味を込めて付けられたそうです。

てんちゃんは5歳の男の子。
昨年の夏に自宅から90~100km離れた旅先のサービスエリアで迷子になり、そこから55日間かけて捜索・保護されました。

20150831144447.jpg
てんちゃんを探すチラシ(『猫はブログを書かない』より)

ブログは迷子探しされる方に配慮されたていねいでわかりやすい内容。文面が読みやすいのですいすいと読み進んでしまいますが、実際の捜索はすいすいとはかけ離れた、想像を超える過酷なものでした(私が現地に行ったのは一度ですが)。

ご自宅から車で2時間離れた日本一暑いといわれる地へ毎日通い、炎天下の中、ひたすら足を使っての地道な作業。そこから得た猫探しのポイントや心情・心構えがブログにはとても分かりやすくまとめられています。

Mさんの場合は捜索を始めて約1ヵ月後に何とかてんちゃんの姿を発見できました。発見はできたものの逃げられて保護できない最後の20日間が最もきつかったのではないかと思います。


20151208150008.jpg
Mさんの姿を見て逃げ出したてんちゃん(『猫はブログを書かない』より)

てんちゃんが迷子にならなければ知ることもなかった彼の気持ちが浮き彫りになり、辛い感情ともとことん対峙されました。

迷子動物の捜索は長引けば長引くほど飼い主さんの精神力の強さと誠実さ、謙虚さがより必要になってきます。
(私もお手伝いさせてもらいましたが、私が見えたり聞こえることは完璧ではありません。Mさんも書いておられますが、パズルの1ピースに値する情報のひとかけらです。実際に、亡くなっているのに生きているかのように見えたこともあります。)

そして迷子探しに限りませんが、動物たちの声を聴き、彼らの気持ちを知ることは時に覚悟が必要です。

20151220172054.jpg
離れたところから話を聞いてくれているてんちゃん(『猫はブログを書かない』より)

私がアニマルコミュニケーションで聞いた声は飼い主様にすべて包み隠さずお伝えしますので、考えもしなかった声や結末も時にはあり、飼い主さんはショックを受けられることもあります。てんちゃんは無事に帰ってこれましたが、迷子中に事故死・餓死・虐待死などで帰ってこれなかった子もたくさんいます。悲しい結末が見えると、見えたことが嘘であってほしいと私は毎回思います。

迷子中に亡くなった子の死を知り、悲しみやご自分への怒りがあまりにも大きく受け入れられない方も多くいらっしゃいました。しかし、その方たちの横には亡くなった子が、「幸せな時間をありがとう。感謝しています。」といつも寄り添っているのです。そして飼い主さんに笑顔が戻るのを側で待っています。

もしご自分の子を愛されているのであれば、どんな状況もどんな声もすべてを受けとめてください。すべてを受けとめ受け入れることこそが動物たちへの愛ではないでしょうか。そして飼い主さんの笑顔と幸せが彼らの幸せであることをどうか忘れないで下さい。

20151227150050.jpg
無事おうちに戻ってぐっすり眠るてんちゃん(『猫はブログを書かない』より)

今回は決して明るい内容ではないので、新年初回の記事としてふさわしいのかどうか悩みましたが、迷子動物の捜索や死を受け入れることについて長い期間悲しみ、苦しんでいる方が多くおられるので掲載を決めました。

いつも読んでくださってありがとうございます。
今年も引き続き、動物や自然の声をお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いします。

【追伸】
ありがたいことに現在、遠方含めご依頼をたくさんいただいております。メールを確認することができない日もあり、迷子などで大至急返信が必要といったご要望にはお答えできない場合もありますこと、ご了承ください。



写真

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞く!

岩津 麻佳

2014年、ひょんなきっかけからアニマルコミュニケーターとしての活動を開始。落ち着いた語り口と外見からは裏腹に、動物たちのエピソードを時にユーモア交えて語ってくれます。

HP

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

昨年はお世話になりました。今年も岩津さんのコーナーを楽しみに拝見しました。
一瞬ドキッとしましたがてんちゃんが無事に保護されて飼い主様の元に帰ることが
出来て良かったですね。「猫はブログを書かない。」ブログも拝見しました。
2ヶ月という期間は何十倍も長く感じられたでしょうね。ご夫婦の絆やてんちゃんへ
の愛情の深さに心が打たれます。

茶白の猫ちゃんを見ると空ちゃんを思い出します。私は飼い主ではなかったのですが
近所で見かけた空ちゃんに会えなくなって、岩津さんにお願いして捜索して頂いたら
まさかの虐待に遭い亡くなったということ。初めはとても信じられなくて受け入れられ
ませんでした。体中の怒りと悲しみが沸き上がってどうすることも出来なくて辛かった。
それでもしばらく経って今、空ちゃんは天国で幸せに暮らしているということ。

岩津さんに「思いは伝わっています。」何もしてあげられなかったけど「出会えたこと
に感謝しています。」だからいつまでも悲しんではいられない、前を向いて頑張ろう
これからは悔いのないようにご縁があった命を守りたいと思いました。
周囲のご理解とご支援がないと難しいですが出来る範囲で命に尽くしたいです。

今年もたくさんの心温まるエピソードや動物の声を聞かせてくださいね。
それでは今年も宜しくお願い致します。

by チキママ 2016-01-08 17:01

>チキママ様
胸が張り裂けるような辛い出来事でしたが、空ちゃんのすべてを受け入れられたことで空ちゃんはチキママさんの愛を受け取り、愛に包まれ天国へ旅立ったのだと思います。
いつもご覧頂きありがとうございます。

by 岩津 2016-01-08 17:14

私も捜索の日々のブログも拝見いたしました。
無事に帰ってきてくれた結果がわかっての上での拝読でも、胸の痛い内容でした。
その途中の心情(飼い主様もてんちゃんも)、どんなに苦しい毎日でいらしたことかと。
私もかつて引っ越しの際に業者に驚いた猫が脱走してしまった経験があります。
幸い翌日に捜索の結果連れ帰ることができましたが、55日間も格闘されたご経験は想像するに余りあります。
本当に本当によかったですね。てんちゃんのお気持ちがわかって、絆がより深まったことと思います。
岩津さんもさぞ安心されたことでしょう。よかったです~。
前回の鳴き叫ぶ猫さんもそうですが、飼い主さんには思いもよらない気持ちを抱えていたりして、きいてみないとわからないことがあるものですね。
どちらの猫さんの気持ちも、胸に迫るものがありました。
よりいっそう、気持ちを伝え続けること(うまく伝わるような伝え方も)の大事さに気付かされました。
想って、想って、伝えて・・・ですね。
今年もよろしくお願いいたします。

by ちゃー 2016-01-09 09:46

ちゃー様
想いは伝わってこそですね。
今年もよろしくお願い致します(=^・^=)

by 岩津 2016-01-09 16:10