ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫グッズ企画

2021年02月04日

使うたび親猫気分♪ ミルクごくごくスマホカバー、完成!

みにゃさまこんにちは。


フェリシモ猫部は、「使うたび親猫気分♪ ミルクごくごくスマホカバー」のウェブ販売を、1月26日から開始しております。



zyunyuusumahokaba1.jpg

甘えん坊の子猫たちがお母さんのお乳に夢中になっている......!
そんなシーンを再現したスマホカバーができました。


ベルトを閉じると、「おかあさ~ん!」とお乳をごくごく飲んでいるよう。
ベルトを開くと、「おなかいっぱーい!」と言っているように満足げにへそ天ポーズになります♪



デザインは全3種類。


◇グレー猫
zyunyuusumahokaba2.jpg


◇キジ白

zyunyuusumahokaba3.jpg


◇茶白
zyunyuusumahokaba4.jpg



サイズは大小2種類から選べます。
zyunyuusumahokaba5.jpg

※1サイズは縦14cm、横7cm、厚さ0.7cm、2サイズは縦16cm、8cm、厚さ1cmまでのスマートフォンに対応しますが、形状によっては使えない場合があります。



カードケースも充実。


zyunyuusumahokaba6.jpg

スマホをスライドするだけで、カメラを使用できます。


zyunyuusumahokaba7.jpg

開け閉めするたび、子猫に一緒にミルクをあげている気分を楽しめるスマホカバーです。
毎日子猫のお世話をして、愛おしい気持ちを味わってくださいね。


zyunyuusumahokaba1.jpg

使うたび親猫気分♪ ミルクごくごくスマホカバー
月1個 ¥2,700(+10% ¥2,961)
(→うち81円は「フェリシモの猫基金」として、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動などに運用されます。基金活動の詳細はこちら。)
※毎月1回、3種類の中から、1種類ずつお届けします。(全種類届くと、以降はストップします)1回だけ、1種類だけの購入も可能です。詳しくは「初めての方へ・お買い物ガイド」をご覧ください。

⇒ お申し込みはこちら

~イラストレーター:nananaさん~

nanana.jpg

nanana(ななな) / 猫イラストレーター 。
twitter:@nn_pic91
instagram:@nn_pic91


~企画裏話~

今回こちらの猫親子の柄を決めるにあたり、どんな柄の親猫から、どんな柄の子猫が生まれるか、というのも意識して制作しました!
猫の模様の遺伝が分かる「ネコもよう図鑑」の著者、浅羽宏先生に監修いただきました^^


3デザインの遺伝子配列は、以下のようになっています。



①グレーの母猫の子猫

zyunyuusumahokaba2.jpg

母 wwooaaC-ddssL- (グレー)
に対して、
父 Ww(ただしDdをもつ)
のとき、考えられる子の発現例として

子1 Ww (白)
子2 wwo(o)aaC-DdssL- (黒)
子3 wwo(o)aaC-ddssL- (母と同程度のグレー)
の3色が発現する。
これらの猫が幼いとき、黒色や灰色の発現が十分でなくやや薄目になることも考えられる。

※ただしいつもそうなるともかぎらないため、ほんの少しだけ薄くなるように表現する。



②茶ブチの母猫の子猫



zyunyuusumahokaba4.jpg

母 wwOOC-D-S-T-L- (茶ブチ)
父 wwoC-ddssL- (グレー)
のとき

子1 wwOoC-ddSsT-L- (ただしaaをもつ)
  (薄茶+グレー+白ブチ=薄い黒三毛、メス)
子2 wwO C-DdSsT-L- (茶+白ブチ=茶ブチ、オス)
子3 wwO C-ddSsT-L- (薄茶+白ブチ=薄茶ブチ、オス)

以上すべてブチ遺伝子はSsとなるので、白色部分を半分以下と表現する。T遺伝子はマッカレルタビー、鯖ジマと考えられるため、上記の子猫のシマ模様はそのように表現する。



③キジトラの母猫の子猫


この親子の一番下の子のみ、他の家族からもらわれてきた、という設定にしました。
猫にもいろいろな家族の形がありますが、この子猫は優しいお母さん猫と、きょうだいみんなと仲良く育ててもらって、安心した表情をしている......という設定です^^


zyunyuusumahokaba3.jpg

母 wwooA-C-D-iiSsT-L- (キジブチ)
に対して、
父 wwoA-C-D-IiSsT-L- (銀色タビーブチ)

子1 wwoo(o)A-C-D-IiS-T-L-(銀色タビーブチ)
子2 wwoo(o)A-C-D-iiS-T-L-(キジブチ)
子3は、他のおうちからもらわれてきた子。お母さん猫に優しく一緒に育ててもらっている。

うちの子のお父さんやお母さんはどんな模様だったのかな~なんて思いを馳せるのも楽しいですね♪

~監修いただいた先生&書籍ご紹介~

81cEMwJQ4gL.jpg


「ネコもよう図鑑: 色や柄がちがうのはニャンで?

かわいいネコの写真を見ながら、その遺伝のしくみがわかるサイエンス図鑑。ネコの模様(毛色、柄)はいろいろあるが、それらにはパターンがあり、遺伝子の組み合わせ法則で決まる。本書では、ネコの模様パターンを写真でひととおり紹介し、その模様を決める遺伝子がわかるようになっている。遺伝子といっても難しい解説書ではない。「このネコはあの模様だからこの遺伝子か」というように、ネコのもう一つの見方を提供するものである。写真を見て楽しい、遺伝がわかって楽しい、一挙両得の図鑑である。


購入はこちら


■著者 浅羽 宏(あさば ひろし)

1952年東京都板橋区生まれ。東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業、同大学院修士課程修了。東京都立高校、東京学芸大学付属高校などに勤務し、定年退職。東京学芸大学理科教員高度支援センター勤務を経て、現在、栃木県立博物館学芸嘱託員、東京電気通信大学非常勤講師。教員時代から鳥や哺乳類の骨格標本をつくる。栃木県立博物館では百数十個体を解体し、骨格標本を作成。イノシシ、アライグマ、ネコ、イヌなどの全身骨格標本を組み立てた。一男二女の父。趣味は日本100名城めぐり、マラソン。山歩き。

  • ツイート
  • いいね!