ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

岩津さんに聞く!

2019年11月08日

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞いてみよう ~ケンカを経て和やかな関係を築いた猫さんたち

みにゃさま、こんにちは。
今回は、訪問アニマルコミュニケーションにご応募くださったEさんのお宅に行ってまいりました。
いただいたご相談はこちらです。

先住猫 女の子 3歳 花(はな)ちゃん
新入り猫 男の子 3カ月 寅(とら)ちゃん

約3年半前、間もなく生後4カ月になろうとする花をペットショップから迎えました。
その頃のペットショップは繁殖期ではなかったせいか、はたまたスコティッシュフォールドの立ち耳ということで売れ残っていたのか、猫は花しかおらず、どこか寂しそうに見えました。
ほかのペットショップにも行きましたが、一匹残っていた花のことが気にかかり、花を家族として迎え入れました。
子猫の頃から噛み癖のある猫で、成長するにつれ噛み方もパワーアップ。抱っこはおろか爪切りもままならない状態なので、毎月動物病院に連れて行き爪を切ってもらっています。
自分から甘えてくることはめったになく、甘えるのは長時間のお留守番の後や毎朝ブラッシングをしてあげるときぐらいです。
人に触られることや相手から来られることはきっと苦手なんだと思います。
もう一匹猫を飼いたいと思っていましたが、花がそんな感じなので二匹目は難しいと思っていた矢先の今年6月に、自宅の庭に来ていた子猫を保護することになりました。
顔あわせをするまで最初の2週間は子猫を別室に隔離し、ワクチンを済ませてからケージ越しに花と会わせてみました。
予想通り花はケージの中の子猫に「シャー!」と威嚇。子猫も負けじと「シャー!」と言いお互いに猫パンチを繰り広げる始末。
その後、2週間近くケージ越しの対面を続けても進展がなく、直接会わせてみましたが、やはり追いかけっこ&キックの応酬で1カ月近くたちます。
当初から予想はしていましたが、やはり花には一匹が向いていたのでしょうか。子猫は遊んでほしくてしつこく花に絡んでいるのだとは思いますが、子猫に対してキックをしたりするのを見ると、花にも寅にも申し訳ないことをしているのではないかと思ってしまいます。
とはいえ家族になった以上、なんとかお互いの気持ちを聞いて折り合いをつけたいと思い、今回相談をさせていただきました。
花には、どうしたらうまくいくのか、どうしてほしいのか、そして、なぜすぐに人を噛んでしまうのか。寅にもこの家の家族になったことをどう思っているのか、聞けたら聞いてみたいです。
どうかよろしくお願いいたします。


玄関を開けるとゆったりと奥から出てきてお出迎えしてくれる花ちゃん。

1_R.jpg
花ちゃん

応接間に腰を下ろすと私のあちこちに体を擦りつけ、顔を近づけて鼻ちゅんをしてくれました。おでことおでこをくっ付けるご挨拶はよくしますが、鼻同士のご挨拶はあまりする機会がないので、仲間として認めらたようで嬉しくなりました。噛むような素振りは全くありません。



2_R.jpg
寅ちゃん

追って寅ちゃん登場。あれれ? ご依頼文とは違い二匹の間の雰囲気は和やか。
Eさんにお話を伺うと、ご依頼を頂いてから徐々に喧嘩の回数は減ったそうです。
寅ちゃんが来て間もない頃は顔を合わせると30秒以内に取っ組み合いになっていましたが、今は少し離れたところで二匹がくつろぐ時もあるとか。



3_R.jpg
お外時代の寅ちゃん 

Eさんのお宅に隣接する空き家の敷地に突如現れた寅ちゃん。
花ちゃんは窓越しに寅ちゃんと対面すると「シャーシャー」言っていたそうです。しばらく様子を観ていましたが、寅ちゃんの猫家族が見つかることはなく、ひとりぼっちのようなので保護することに決めました。
ゆったり優雅に心地よく暮らしていた花ちゃんの暮らしに突然現れた寅ちゃん。
いつもは難なく思い通りになっていたこともそうはならず、ペースは乱されへとへとに疲れ苛立っていた花ちゃん。
お迎え前に花ちゃんに事情は話しましたが、それでも嫌なものは嫌! ということで威嚇と喧嘩の日々だったのです。



4_R.jpg
お迎え直後の寅ちゃん

岩 花ちゃん、寅ちゃんとはどう?
花 もうどうでもいいわ。

もう諦めたという気持ちと、寅ちゃんを家族として受け入れ、愛しささえも芽生え始めている心の内が伝わってきます。
これには寅ちゃんの性格が功を奏したようです。
何をされても気にせず、嫌なことも引きずらない陽気で前向きな性格の寅ちゃん。母を全身で求める子猫の本能なのか、花ちゃんをお母さんのように慕い甘えることを決して諦めませんでした。つまり寅ちゃんの粘り勝ちというわけです。


5_R.jpg


ところで、寅ちゃんは見た目も行動も話す様子もまるで女の子のようだったのですが、ご依頼文には「男の子」と書いてあったので不思議な気持ちでいたところ、
「最近サプライズがあったんです。迎えて2回チェックしてもらって、2回とも男の子と言われたのにこの前の3回目のチェックで女の子と言われたんです!」とEさん。
納得! 胸のつかえが取れました。こんなにかわいい女の子に、毎日花ちゃんは「好き好き」と言われ続けて根負けしたんですね。


6_R.jpg


ひとつ不思議なことがあり、寅ちゃんを迎えてからなぜか噛み癖が減ったという花ちゃん。
花ちゃんにその訳を聞いてみると、「あの子がいるから......。」と一言。
寅ちゃんが花ちゃんの真似をしてEさんを噛むようになってはいけないと控えているのです。
ちなみになぜ噛むのかを聞いてみると、「噛まないと分からないからよ。」とのこと。
抱っこや爪切り等してほしくないことをされた時に噛んで意思表示をしていたんですね。
でも、実際に花ちゃんと接していると元々噛むのが好きだということを感じました。嫌な時だけでなく、甘える時には口で「はむはむ」したいし、遊ぶ時には手より口でちょっかいを出したいタイプです。
噛むと嫌がられるし、噛むのはいけないことと分かっているので今は控えていますが、Eさんは家族なのでちょっとぐらい強く噛んでも許してくれるという甘えもありますね。


7_R.jpg
花ちゃんお迎え時。かわいー!

マイペースで芯の強い花ちゃんと天真爛漫な寅ちゃん。
正反対とも言える二匹は、家族になるべくしてなったのでしょう。
自分にはないものを持った寅ちゃんだからこそ、花ちゃんは受け入れることができたのかもしれません。

そして、寅ちゃん自身はまだまだ子供なのですが、花ちゃんは決して子ども扱いはしていません。
一人の自立した女性として対等に向き合っています。幼い頃から花ちゃんがいかに自立した女性として生きてきたかがよくわかります。教育が手厳しくなるのはこの為ですね。

岩 寅ちゃん、家族との暮らしはどうですか?
寅 毎日が新鮮。楽しいことをみんなに教えてあげたくなるの。
岩 花ちゃん、寅ちゃんはこう言ってるけどあなたはどう?
花 うん、知ってる。私も楽しいこと知ってるよ。
  あの子を見てると飽きないわ。ひやっとすることもあるけどね。

基本は対等な関係のようですが、花ちゃんはちょっと妹を見るような目になってきているのかな。

8_R.jpg
皆で記念撮影

Eさん、花ちゃん、寅ちゃんありがとうございました。



後日、Eさまよりメールを頂きました。

先日はご訪問いただきありがとうございました。
寅が来てから自分の生活サイクルを乱されて苛立っていた花ですが、最近では寅を受け入れはじめてくれているとお聞きして少し安心をしました。以前までは顔を合わせるたびに激しく喧嘩をしていたのが、今は近くにいても普通に過ごす時間が増えてきています。
ある日ふたりの姿が見えないなと思ったら、子供部屋で別々ではありますが、お昼寝をしていたことがありました。人がいないところで一緒の部屋にいるだけでもかなりの進歩だと思います。姉妹の猫団子は夢のような話ですが......。
ご訪問時のお話で花が最近あまり噛まなくなったのは、寅が真似して噛むようになったら教育的(?)によくないことだと分かっているというのを聞いて、ちゃんと考えてくれていることに驚きました。これからも、よきお姉ちゃんとして寅に接してほしいです。
まだもう少し時間はかかるだろうけど、そのうち花は寅がいないと物足りなくなるんじゃないかと、希望がもてることを言ってくださったのも、とても嬉しかったです。
私たち人間の都合に合わせて暮らしていることで負担をかけることもたくさんあると思いますが、なるべくそれぞれのペースに合わせた暮らしをさせてあげたいです。甘えたい寅には目いっぱい甘えさせてあげて、「かわいいね」と言われるのが好きな花には、今まで以上に意識して「かわいいね」と伝えるようにしていこうと思います。
本当にありがとうございました。




フェリシモ猫部からのお知らせです。
今年から「岩津さんに聞く!」コーナーのブログ更新は、月一回、第二金曜日になります。
次回のブログは12月13日(金)公開予定です。
引き続きよろしくお願いします。

■ LINEスタンプ→あーちゃんとお馬界の仲間たち
 第二弾ができました!→あーちゃんとほんわか仲間達

■ Instagramはじめました→ asakacyama





【お知らせ】
岩津さんがあなたのご自宅に訪問して、動物と対面でアニマルコミュニケーションを行い、その様子を当ブログ上で記事にさせていただきます。(プライバシーは守られます)

あなたも、岩津さんを通じてペットとコミュニケーションしてみませんか? 
費用は90分以内¥8,000 +神戸からの交通費(実費) となります。(※交通費を除く全額が岩津さんのご厚意により動物愛護団体に寄付されます。)
※なお、取材させていただくのは平日のみとなります。
詳細は、応募フォームをよくご確認の上ご応募ください。応募者多数の場合は抽選となります。奮ってご応募ください!⇒ 応募フォームはコチラ
※当選の場合はご応募から約1ヵ月以内にご連絡いたします。

※岩津さんへのお仕事の依頼や、お急ぎの方は岩津さんまで直接ご連絡ください。
お問い合わせ先はこちら⇒animal & spirit communication
※こちらからお問い合わせいただいた場合は、猫部ブログの取材対象にはなりません。

nekogaanatani.jpg

連載が書籍になりました。
猫があなたに伝えたいこと』(イースト・プレス)好評発売中。


一部の電子書店にて配信が開始されました。

■配信が開始された電子書店(一部予約段階の書店もございます。)

Amazon Kindle
BookLive!
honto
楽天Kobo
・Apple
(iTunesのブック もしくは iBooksアプリのStore から)
紀伊国屋書店BookWeb
ebookjapan


写真

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞く!

岩津 麻佳

2014年、ひょんなきっかけからアニマルコミュニケーターとしての活動を開始。落ち着いた語り口と外見からは裏腹に、動物たちのエピソードを時にユーモア交えて語ってくれます。

HP

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

ウニャ~♥
花ちゃんてば、いいお姉ちゃんだニャ~♥
寅ちゃんもスレてなくって
めっちゃカワユイにゃり~♥
2人とも良い雰囲気にゃんだもん(^^)
美人姉妹のニャンコ団子の図も
そう遠くないよな気がするニャ~(^^)

by にあ 2019-11-11 23:47