ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

岩津さんに聞く!

2017年04月14日

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞いてみよう ~愛猫を亡くしたあなたへ

みにゃさま、こんにちは。
今回は、愛猫を亡くした方へのメッセージです。

愛猫を亡くした方がアニマルコミュニケーションに来られると、「がんばって悲しみを乗り越えようとはしてるんですが......」とよく言われます。

悲しみや死は、乗り越えようとするから苦しくて仕方ないのかもしれません。

悲しみを背負って山を登り、その山(愛猫そのもの)を感じることはできるでしょうか?
山の美しさやそこにある命を目にし、様々な音や匂い(愛猫との思い出)に気付けるでしょうか?
目を開けて登り、山のすべてを満喫するのが山登りだと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

愛猫の死、そこで時間が止まっている方へ。
どうか死を乗り越えようとがんばらないでください。

そして「死そこだけ」を見るのではなく、亡くした愛猫の一生を見て下さい。
その一生をかけてあなたの元へやって来てくれた命そのものを感じて下さい。

旅立った多くの動物たちは悲しむ飼い主さんにこう言います。
「私たちとのしあわせな時間を忘れちゃったの?なんで最期だけを見るの?」と。

一生そのものを受け入れると、命はあなたに宿ります。その日からあなたと共に新たに歩み始めるのです。
愛猫の命はあなたと共にあるのです。
心に生きている、とはこのことではないでしょうか。

死や闘病のみに焦点を当てると「ごめんなさい」がとめどなく溢れます。
しかし、命がけでやって来てくれた愛猫の一生・命そのものに目を向けると「ありがとう」が出てきませんか?

「ありがとう」がこれ以上出てこない、というくらい「ありがとう」を伝えてください。

涙はいっぱい出てきますが、「ありがとう」の涙はこの上なく温かい涙です。(涙は我慢しないでくださいね)

「ありがとう」という言葉は悲しみや後悔を消し去り、死を含めた命まるごと受け入れられるふしぎな言葉です。
ありがとうを言い続けると、大切なあの子がいつの間にか心にいるのです。


生まれ変わった猫さんのきびちゃん
20170414-01_R.jpg

命は儚くなんかない。命はいつも「ある」んだ。
僕たちはいつも君たちと共にあるし何より君たち人間が大好きなんだ。
いつも側にいる。これは確かなこと。いつもありがとうね。



家族の絆のすみれちゃん
20170414-02_R.jpg

大輪の美しい花もいつかは枯れます。
しかし、それで終わりではなくその種を落とし新しい命が宿るのです。
私たちはその為にいるのです。

きびちゃん、すみれちゃん、天国からありがとう。





【お知らせ】
岩津さんがあなたのご自宅に訪問して、動物と対面でアニマルコミュニケーションを行い、その様子を当ブログ上で記事にさせていただきます。(プライバシーは守られます)

あなたも、岩津さんを通じてペットとコミュニケーションしてみませんか? 
費用は90分以内¥8,000 +神戸からの交通費(実費) となります。(※交通費を除く全額が岩津さんのご厚意により動物愛護団体に寄付されます。)

詳細は、応募フォームをよくご確認の上ご応募ください。応募者多数の場合は抽選となります。奮ってご応募ください!⇒ 応募フォームはコチラ。
※当選の場合はご応募から約1ヵ月以内にご連絡いたします。

※岩津さんへのお仕事の依頼や、お急ぎの方は岩津さんまで直接ご連絡ください。
お問い合わせ先はこちら⇒animal communication & spiritual counseling
※こちらからお問い合わせいただいた場合は、猫部ブログの取材対象にはなりません。


nekogaanatani.jpg

連載が書籍になりました。
猫があなたに伝えたいこと』(イースト・プレス)好評発売中。


一部の電子書店にて配信が開始されました。

■配信が開始された電子書店(一部予約段階の書店もございます。)

Amazon Kindle
BookLive!
honto
楽天Kobo
・Apple
(iTunesのブック もしくは iBooksアプリのStore から)
紀伊国屋書店BookWeb
ebookjapan



写真

アニマルコミュニケーター岩津さんに聞く!

岩津 麻佳

2014年、ひょんなきっかけからアニマルコミュニケーターとしての活動を開始。落ち着いた語り口と外見からは裏腹に、動物たちのエピソードを時にユーモア交えて語ってくれます。

HP

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

1年と2ヶ月前、初めての猫を3ヶ月間の闘病の末に亡くした時は
悲しくて病気に気が付いてあげられなかった後悔で泣きはらしましたが
「ごめんね」よりも私に日々の癒しと喜びと笑いを与えてくれた
感謝の気持ちの方が上でした。
「うちに来てくれてありがとう」「ずっと大好き」
伝わってると良いなぁ。

by チェレスタ 2017-04-14 11:08

アニマルコミニュケーター岩津さんのお話やニャンコ達とのやり取りを、悲しかったり、楽しかったり、良かったね~と思ったりしながら読んでます(^-^)
我が家はまだ2才と若いですが、それでも愛猫との別れは必ずやってきます、その事を思うと怖くて悲しくてなんて思うときもあります、でも今回の内容を読んで、少し考え方が変わりました、まだまだ元気ですが日々愛猫に感謝しながら、もしいつの日か訪れた時にこの事を思い出したいと思いました(^∇^)
上手く伝えることが出来ませんが、岩津さんの優しさに感謝しながら読んでます(^-^)

by オルフェ 2017-04-14 13:23

8ヶ月の闘病をして精一杯生き抜いて虹の橋へと渡りました。後悔が無いと言えばうそになりますが、その時できることをしたんだからと思うようにしています。いまでもたまにスイッチが入ると涙がこぼれますが、アニマルコミニュケーターさんとのやり取りの中で、言葉を伝えてもらったことがものすごく癒しになっています。
天国に行った猫さんたちはみんな「ありがとう」しかもっていないんです。本当にその通りです、だから私たちも笑顔で空を仰いで想いをととけたいですよね。
今は時折道で不遇の死を迎えた猫さんたちを救える時は埋葬したりしていますが、その時も天国に行った子に「この子の魂が迷わないよう道案内頼むね」と声をかけています。
きっと喜んで迎えにきていることと思います。

by あずにゃん 2017-04-14 13:40

我が家も保護された仔猫をもらい、家族みんなで可愛がっててのですが、3ヶ月で亡くなってしまいました。
なんとなく病気がちで、その度に病院に行き、最後は1週間入院して虹の橋を渡りました。初めて猫を飼うので、気づくのが遅かったのかと後悔しましたが、獣医さん曰く、元々病気だったのだと思う。とのことでした。
それでも、彼が我が家に来てくれて、子供達と遊び、いろんなお友だちにも会い親戚の子供達にも可愛がられ、たくさんの人に喜びを与えてくれました。猫生としてはとても充実した3ヶ月だったのかなと思います。
2年後にそっくりな仔猫が2匹わが家にやって来ました。どっちが生まれ変わりなの?と聞いてます。
今はあの子のお陰で、ただただ毎日元気でいてくれてることに感謝しています。
きっと意味があってわが家に来てくれたんだと思います。

by 元シンママ 2017-04-14 21:24

>チェレスタ様
伝わっていますよ^^

by 岩津 2017-04-15 11:15

>オルフェ様
ありがとうございます!

by 岩津 2017-04-15 11:21

>あずにゃん様
天国のみんなは感謝を私たちに送ってくれていますね(^^)
猫さんにもらったひとつの命。天国で会った時にその命と共に過ごした一生を胸を張って報告できるよう生きたいですね。

by 岩津 2017-04-15 11:27

>元シンママ様
みんなそれぞれ、いろいろなことを私たちに教え、遺してくれますね。

by 岩津 2017-04-15 11:33

6年近く前に 21歳で亡くなった先代にゃんこは、私の子育てを見守り、不登校になった娘達に寄り添ってくれた子でした。
人間の都合で、里子に出した時期もありました。
そんな子の体力を奪ってしまうきっかけを、私が作ってしまったうえに、充分な医療を受けさせる事もできずに亡くなってしまい、私が命を縮めた感じでした。
ずっと「ごめんね。情けないお母さんでごめんね。」と思っていました。
今回 岩津さんのお話を読んで、救われた気がしました。
まだ、涙が出てしまうけれど、
情けないお母さんの側で 21年も過ごしてくれた。
家族の力になってくれた。
癒してくれた。
幸せをありがとう。
長い間 側に居てくれてありがとう。
って 思える様になれそうです。
ありがとうございました。感謝です。

by もこ 2017-04-17 02:09

>もこ様
涙もありがとうもこれ以上出ないというほど出してくださいね!

by 岩津 2017-04-17 13:37

いつも感慨深く読ませていただいています。
かつて愛猫を私の処置のミスで、文字通りこの手で死なせてしまいました。岩津先生のブログを読む度に気持ちを切り替えなければと思うのですが、どうしても最期の苦しんだ愛猫の姿、愛情のつもりの自己満足で猫のためにならない事ばかりしていた自分の愚かさを思い出してしまい、今でも後悔の涙が出ます。
周りの誰もが私には非がなかったと言ってくれるのが余計に辛く、こんな私が猫をかわいがる資格はないように思い、今飼っている猫も同じような目に遭わせてしまうのではないか…と怖くなり、100パーセントの愛情を注ぐことを心のどこかで躊躇してしまいます。
こんな私でも、愛猫は一生にいて幸せだったと思ってくれたのでしょうか?また、猫に対してあんなひどい過ちを犯してしまった私が今いる子をかわいがって幸せに暮らしていいのでしょうか?
長々と陰気な文章を申し訳ありません。自分で考えていてもどうしても納得いく答えが見付からず、自分からは見えない視点からの糸口が欲しくて書き込ませていただきました。読んでいただければ幸いです。

by ニコラ 2017-04-19 00:43

>二コラさん
今の猫さんに100%の愛情をもって接して下さい。
それによってすべてが昇華されるのではないかと個人的には思います。

出し惜しみの愛情はいつの日か取り返しのつかない後悔を生むのではないでしょうか。
後悔の辛さを二コラさんはよくご存知かと思います。

愛すること、愛せる存在がいるということはすばらしく幸せなことです。
愛は恐怖を消すことができます。
その存在にも感謝して下さいね。猫さんは100%の愛情で二コラさんを見ていると思いますよ(^^)

by 岩津 2017-04-20 12:28

岩津さんの言葉にいつも癒されています。
私は家族に迎えたネグレスト犬のチェリーを散歩の途中で隣の柴犬に噛まれて旅ださせてしまいました。 辛い思いをしていたぶん誰よりも幸せになって欲しかったのに。後悔ばかり……泣かない日は有りませんでした。
岩津さんとお会いして 幸せだったよ 泣かないで笑顔でいてね と言うチェリーからのメッセ~ジを受け取り とても嬉しかったことは決して忘れません。 今は家に来てくれたこと、一緒に過ごしてくれたら事に感謝しながら写真に話しかけています。出会えた意味をまた考えています。

by チェリー 2017-04-22 15:07