ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2017年03月07日

銭湯猫 タタミくん 

埼玉県川口市で、昭和30年から60年以上、町の人々に愛されてきた銭湯「喜楽湯」さん。
小さな通りの、小さな郵便局のとなりのとなりにあります。
今も、井戸水を薪で沸かしているので、湯がやわらかく、からだの芯からあったまると評判です。

そんな喜楽湯さんに、去年夏から、小さな見習い番頭さんが入ったというので、いってみると・・・・。

michibata20170307-1.jpg

フロントにいました! なんて愛らしいキジトラさん。
7か月のやんちゃ盛りの男の子です。
なかなかにきりりとした顔だち。
ここに住み込んでいるスタッフの、バンドマンのユースケさん(右)と芸人のケンユウさん(左)にかまわれ中。

michibata20170307-2.jpg

「タタミ」という名は、今は店じまいしてしまったお向かいの畳屋さんからもらった猫だから。
生後まもなくやってきて、スタッフでミルクを飲ませて育てました。
喜楽湯は、現在、株式会社「東京銭湯」が運営していて、若いスタッフ5人が働いています。

michibata20170307-3.jpg

猫アレルギーのお客様への配慮から、「営業中は、基本、銭湯内には入れない」というタタミ君ですが、そこは、やんちゃ盛りの子猫のこと、ちょろっと外に回って、お客さまと一緒に入り口からすましてご入場もしょっちゅう。
女風呂に入り込んでいることも。

michibata20170307-4.jpg

michibata20170307-5.jpg

小さい時にもらわれてきて、人に囲まれて大きくなったので、ニンゲンが大好き。
タタミくんお目当ての客も少なくありません。
「なにかしら、そのへんにいますから。いないときは、言っていただけたら、連れてきますよ」とのこと。

michibata20170307-6.jpg

4年前に、2度目の改装をしたばかりなので、とても使い勝手がよく、気持ちのいい店内。
湯上りにくつろいでもらえるよう、脱衣場には本棚もあります。

michibata20170307-7.jpg

タタミくん、番頭見習い中とはいえ、まだまだしぐさがあどけない。
走り回った後に、急に眠そうにしてみたり、甘噛みを始めたり。

michibata20170307-8.jpg

「こいつの甘噛みは、ゼンゼン痛くありません~」と、微笑むケンユウさん。

michibata20170307-9.JPG

「あ、いててっ」

michibata20170307-10-11.jpg

冷蔵庫の上のタタミくんを撫でるユースケさんの手にも、小さな噛み痕発見!
喜楽湯のスタッフ5人とも、猫好きだそうですから、ほんとうにいいとこにもらわれてよかったね、タタミくん。
ファンのお客からいただいた猫ハウスが、この冬のお気に入りでした。

michibata20170307-12.jpg

喜楽湯では、寄席や古着販売会など、いろいろな企画もやっています。
まさに、町に根づいた、懐かしくもあたらしい銭湯のかたち。
タタミくんのこれからの役割も可能性大ですね。

michibata20170307-13.jpg

訪問したきのうは、午後から肌寒い雨でしたが、温かい気持ちで喜楽湯をあとにしました。
路地の民家の前では、発布スチロール箱を置いてもらって、路地猫3匹が猫団子になっていました。
1匹は、タタミくんによく似ていましたから、どこかで血がつながっているのかもしれません。

michibata20170307-14.jpg


※喜楽湯・・・川口市5-21-6
       毎日営業。水・金・日は薬湯。オリジナルグッズも販売。



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

こんな可愛い番頭さんがいたんじゃ、家のお風呂を使わずに毎日通っちゃいます。お風呂で温まって、タタミくんに癒されて、想像しただけで幸せ気分です。女湯に入って痴漢扱いされないのもタタミくんの特権ですね。

by ふみちゃん 2017-03-07 15:02

うちのトラ+トラ+トラ白も可愛いですけど、本当に毎日通いたいくらいですね。たくさんの人に愛されているのがよくわかります。タタミ君は看板ニャンコですね。路地裏のニャンコ達も大切にされていますね。エールを送りたいです!

by ぺったんの母 2017-03-07 15:22

ふみちゃんさん

ああ、いい湯だったって出てきたときに、こんなかわいい猫さんとくつろげたら、最高ですね~
猫のいる町の施設、増えてほしいなあ~~

by 道ばた猫 2017-03-08 00:36

>ぺったんのお母さま

子どももお年寄りも猫もいて・・・そんな路地の風景が見られる町は少なくなりましたね。
銭湯が元気な町は、いい町です!

by 道ばた猫 2017-03-08 00:41

川口出身なのですが知りませんでした!帰省の際に行けたらよいのですが・・・。

※住所の町名が抜けているようですね、川口市川口5−21−6が正しいと思われます。

by catmeg 2017-03-08 02:44

タタミくんの腕に絡みついて甘えた様子が何とも言えません!
我が家のチョビとそっくりで、月齢も同じくらいです。走ったり、じゃれついたり、甘えたりとくるくる動き回ったかと思うと、いつの間にか眠ってたり、いろんな姿をスタッフの方やお客さんに見せているのでしょうね。ついつい、顔が緩んでしまう皆さんの様子が目に浮かびます。

by 元シンママ 2017-03-08 20:33

>catmegさん

ご訂正、ありがとうございます!
おっしゃるように、川口市川口5-21-6が正解です。川口と西川口の中間くらいですね。

by 道ばた猫 2017-03-09 00:08

>元シンママさん

キジトラさんは、フレンドリーな子が多いですね~
手足が結構大きいから、そのうち、どっしり構えたフロントマンになってたりして。

by 道ばた猫 2017-03-09 00:12

タタミくん!ほんとにきりりとしたきれいなお顔ですね♪こんなに小さくて可愛い番頭さんなら、近くだったら毎日行きたいなぁ~川口市ならば電車で1時間くらいなので今度行きます!
喜楽湯のスタッフの方皆さん猫好きだなんて本当にうれしいです!タタミくんも良かったね♪そして路地猫ちゃんたち、発泡スチロールの中で猫団子になって寒さをしのいでいたのですね。その子達も気になります。

by とも 2017-03-09 07:28

>ともさん

手ぶらでふらりと行っても、タオルやせっけん化粧水、乳液などいろいろな無料サービスがあるし、年中無休!ぜひ行ってみてください。

by 道ばた猫 2017-03-09 23:54

佐竹さん、ご無沙汰しております。
銭湯好き、猫好きとしては居ても立っても居られず早速タタミくんに会いに行ってきました!
タタミくん、花粉症だそうで鼻をグズグズさせてちょっと元気が無かったけど、ご飯はモリモリ食べているそうです。
お風呂ものんびりできるし、今度はアクタさんとセットで訪問したいと思います。

銭湯と猫さん。
江戸川区の小岩・友の湯さんには4匹の保護猫さん達が看板猫として活躍しています。
店主の親父さんは猫さんに興味無いようですが、女将さんは大の猫好き!
良かったら4匹の猫さん達に会いに行ってください。みんなドラマがあるようですよ!

by ろつち 2017-03-19 20:08

>ろっちさん

葛飾猫の記事にコメント書いた後、このコメントに気づきました。以心伝心。
タタミくん、キュートなボーイだったでしょ。友の湯さん、今度行ってみます~

by 道ばた猫 2017-03-24 04:02