ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2017年12月05日

猫だって...冬支度

寒がり猫さんたちにとっては、さぞかし長く長く感じるだろう冬の到来です。
少しでもあたたかく過ごせるよう、猫たちは夏が終わると、やわらかく毛足の長い、密な冬毛を自前で調達し始めます。
たとえば、カフェに出入り自由猫のまだらちゃん。

20171205-1.jpg

これは夏のまだらちゃん。
「もう毛なんかいらないっ」とばかり、思いきり薄毛でした。
極力動き回らず、体力を温存しているようにも見えました。
涼しくなるや・・・。

20171205-2.JPG

俄然、食欲もりもり。冬毛に変わり始めて、ふっくら体型に。
外で生きぬいてきた長い歴史からなる、猫族の季節対応力に、感服させられます。

20171205-3.JPG

我が家の菜っ葉ちゃんも、逆三角形の小顔さんなのに、いまや、しもぶくれ。
家猫でも、ちゃんと冬支度をしているのですね。

20171205-4.jpg

よく行く房総の農産物直売所の裏手で面倒を見てもらってる猫たちも、ついこの前まで発泡スチロールだけのねぐらでしたが、
きのう寄ったら、ちゃんと毛糸の敷物が敷かれていました!
犬猫は、体が小さく地面に近いので、暑さ寒さを人間よりずっと感じるそうですが、冬のねぐらとしては発泡スチロール箱が最強なんだとか。
お店の人に可愛がられて、元気に冬を乗り切ってほしいものです。

20171205-5-.jpg

房総は、早くも水仙が真っ盛り。
里山カフェの前庭も、水仙のいい香りで満ちていました。

20171205-6.jpg

里山の朝夕は、冷え込むので、10月からすでに、カフェの中では、薪ストーブが赤々と燃えているのです。

20171205-7.JPG

猫小屋には、猫たちにと、いろいろな方から贈られたあたたかな冬ベッドがずらりと並んでいます。
全身まひのさっちゃんも、すてきな「猫ちぐら」をプレゼントされていました。
ちぐらに潜りこんでいるさっちゃんを、ナイトのように守るのは、ゴローくん。
里山の猫たちみんな、まるまると冬体型になっているのに、ゴローくんだけは、相も変わらずスマートです。

20171205-8.JPG

あれ、いちばん高い棚のはじっこにいるのは、誰?
新入りさんです。
後ろ足が一本なく、長いこと、ノラ生活で辛酸をなめてきたためか、「シャ~~」と威嚇してなかなか心を開かなかったアッコちゃんです。
猫小屋のサンルームの太いネットを噛みちぎって脱走も2度。それでも、敷地内にとどまっていたのは、ほんとうはここの子になりたかったからに違いありません。
再び保護され、脱走できないよう猫小屋も頑丈になり、猫小屋の仲間入りをしたばかり。きのう、手からチュールを食べたそうですから、馴れるのも時間の問題。
冬本番の前に、ノラ生活から引きあげてもらえて、本当によかった!

さて、里山で、「冬が来たなあ」と毎冬実感させるのは、このゆずちゃん。
まずは、夏のゆずちゃんをご覧ください。

20171205-9.jpg

温厚そのもの、なかなかの味の三毛猫さんです。
ところが、冬になると・・・。

20171205-10.jpg

お顔も体も真っ黒! ゆずちゃんの「好きなこと」を知らない人はびっくりします。
ゆずちゃん、ピザを焼き終わった石窯の、ほの暖かい余熱のある灰を浴びるのが大好きなのです。もちろん、夏場はしません。
それで、夏と冬のゆずちゃんは、体型も違うけど、色味がまるで違うのです。
冬のゆずちゃんの写真を見せて、「ものすごく珍しいシャム猫の三毛さんよ」と言ったら、「へえー、すごい。そんな猫が外にいるんだ」と信じた人がふたりいましたっけ。

里山の冬毛の猫たちのなかでも、いちばん丸々としているのが、ちくわくんです。
日光浴をしているさまは、とっても気持ちよさそうで、お地蔵さまみたい。

20171205-11.jpg

そのちくわくんが表紙になってくれた本が、明後日7日に発売になります。
表紙の写真は、ちくわくんが、居候をしていた牧場で「保健所行き」を宣告され、逃げ回った末に、危機一髪でここに持ち込まれた直後だった1年前に撮ったものです。
「ここにいていいの?」という必死な目をしていました。

本のタイトルは「猫だって......。」
道ばた猫日記に登場してくれた、ブランド猫でも何でもないふつうの猫たち22匹の、とびきりの愛情物語です。
再取材し、すべてを、猫たちによる語りとしてあります。

捨て猫やら虐待やら殺傷やら、外猫を取り巻く人間の仕打ちがあまりにもひどい状況は、子どもの時から小さないのちへの想像力を持たずに育ってしまったことも一因ではないかと考え、大人はもちろん、読み聞かせでもシンプルにスッと子どもの心に沁み込んで共感してもらえる形として、猫語りとしたものです。

22の物語はすべてありのままの事実ですが、猫の気持ちは私が勝手に代弁をさせてもらいました。

20171205-12.jpg

うれしいことに、大好きな「夜回り猫」の作者深谷かほるさんから、帯の言葉をいただきました。しあわせな本です。
どうぞ、本屋で見かけたら、手に取ってみてくださいね。
印税は、私の周囲で個人で保護活動にがんばっている方たちへのカンパ、そして、家のない房総の猫たちのご飯代などに使わせていただきます。

また、この本へのエールとして、以下の4カ所から、パネル展示の場所提供をいただきました。
お近くの方は、ぜひ。


【12月7日(木)~11日(月)】
   ◆ユープラ2階:千葉県佐倉市 ユーカリが丘駅 北口すぐ 
     10:00~18:00
     ・。*・。*「猫だって......。」展

   ◆ウィシュトンホテル1階ロビー(ユープラ向かい)
     ホテル営業時間内のみ観覧可
     ・。*・。*「寄り添う」展

【12月10日(日)~25日(月)】
   ◆foo cafe:千葉県松戸市新松戸北2-6-21
     10:00~17:00(木・金は定休日) 
     1階・。*・。*「猫だって......。」展
     2階・。*・。*「まだらちゃん」展&「寄り添う」展

【12月13日~1月27日】
   ◆カフェ・ド・アクタ:埼玉県川口市栄町2-8-4
     ・。*・。*「猫だって......。」展&「寄り添う」展

(アクタでの展示については、また当ブログで詳しくお知らせいたします)


゜*.。.*゜すべての猫たちが暖かな冬支度をできますように .*゜+.。.。

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

いつか、ちくわ君に会いに行きたいなぁと思っています。
アマゾンで予約注文しました!

by ターのまま 2017-12-05 15:15

ゆずちゃんとちくわくん、すごいインパクトですね。そして、すごい可愛い。前に書いた、ネコカフェの張り紙に、子供達へ、自分がされたらどうしますか?ご飯をもらえない、叩かれる、捨てられる、動物達の気持ちを考えてみてください。と書かれていました。また、小田和正さんの実家にお邪魔したときにお義姉さんが見た目が違うだけで、動物も人間も同じ命のある生き物だよね。と言ってました。どちらもそうだよなーと心に響きました。

by ふみちゃん 2017-12-05 15:19

私も即予約!

子どもたちへの読み聞かせや、譲渡会場で紹介します!

by 桜さくら 2017-12-05 16:00

みんないい顔してますね。ゆずちゃん、ちくわくん大好き♡私も本予約します!宝ものが増えました。

by ぺったんの母 2017-12-05 17:13

冬のゆずちゃんを見て、思わず吹き出してしまいました。なんておもしろかわいいんでしょう!ちくわ君が表紙に!!!今から予約します。楽しみー♪

by ねこちゃ 2017-12-05 20:47

>ターのママさん

ちくわくんとのご対面が早く叶うといいですね~。
この頃、めっきり貫禄がついて、「別格」って感じです(笑)。

by 道ばた猫 2017-12-06 05:36

>ふみちゃんさん

私も子供の頃、冬のノラ猫さんが夜が明けるまで外で過ごすのってって、寒い、さびしい、ひもじい、不安で、どんなにつらいだろうって思ってました。

by 道ばた猫 2017-12-06 05:40

>桜さくらさん

わあ!読み聞かせしていただけるなんて、うれしいです。
譲渡会でもご紹介してもらえるとは・・。ありがとうございます! そんな広がりが一番。

by 道ばた猫 2017-12-06 05:43

>ぺったんのお母さま

ゆずちゃん、ちくわくん・・・なんかひと昔前の猫さんって感じなんですよね(笑)。
土の匂いやら草むらの匂いやらするような・・・。

by 道ばた猫 2017-12-06 05:46

>ねこちゃさん

ゆずちゃんは、胸に海苔を貼りつけていて、ほんとに味のある姐御なんです。
ひとりが好きみたいで、いつも石窯近辺にいます。

by 道ばた猫 2017-12-06 05:49

みんなみんな、冬支度バッチリですね♪毛をもこもに自分でする子、周りの温かい気持ちたっぷりの毛布やベッド、暖炉で暖かいお部屋……読んでいる私の気持ちもポカポカになりました(^-^)みんな、一緒に寒い冬乗り越えようね♪
そして…ゆずちゃん!びっくりのかわりっぷりです(笑)里山のみんなも暖かく過ごしているようですね。さっちゃん、素敵な猫ちぐらでポカポカ♪ゴローくん、ほんとにナイトのようです!
アッコちゃん、早くみんなと慣れてね(*^_^*)
ちくわくん、大好きです♪本買います!写真展

by 名無し 2017-12-06 07:06

ゆずちゃん、やるなぁ❗ 

by 名無し 2017-12-06 09:39

里山カフェ、ずーっと憧れています。ちくわくんに一目惚れしてしまった…いつか必ず会いに行きます!

by るんたた 2017-12-06 17:13

まだらちゃんのモッフリモフモフっぷりと我が家のTNR庭猫ママのゴージャスマダムふうが重なりました(笑)魅惑のサビ猫さん!ステキです♪
一味違う黒猫の菜っ葉ちゃんもしもぶくれになって寒さ対策バッチリですね!
海辺のみんにゃも里山のみんにゃも冬を快適に乗り切る知恵があって逞しい!
ゆずちゃんの灰まみれ!みごとです(笑)アッチッチにならないようにネ〜!

by マム 2017-12-06 17:33

>名無しさん

ゆずちゃん、どこかアンタッチャブルで(笑)、可愛いでしょ。
「灰かぶり姫」という別名もあります~

by 道ばた猫 2017-12-07 10:43

>るんたたさん

あ、恋敵(笑)。私も、ちくわくんにひとめぼれでした。
リアルちくわくんに会える日が早く来ますように。

by 道ばた猫 2017-12-07 10:47

>マムさん

サビ猫さんって、温和でシャイで、チャーミングですよね!
お顔模様がうんと個性的なのも、魅力。庭猫マダムも元気に冬を過ごしますように。

by 道ばた猫 2017-12-07 10:52

もうすぐ里山に遊びに行くので冬使用のゆずちゃんに会えるが楽しみです♪

by はーすけ 2017-12-07 16:11

ちくわくんいい味だしてるなー。ちくわって名前も大衆的でレトロな感じ。お燗酒を飲みながらお話ししてみたい。

by ムヨク 2017-12-07 16:36

猫だって…。一気に読ませていただきました。ちくわもマツコもリオもまだらちゃんもゴンちゃんも…みんなみんな小さくても大切な大切な命

by みぃともるのママ 2017-12-08 20:37

猫だって…。一気に読ませていただきました。ちくわもマツコもリオもまだらちゃんもゴンちゃんも…みんなみんな小さくても大切な大切な命!私たち人間が決して踏みにじってはいけない、守っていくべき命なんですよね。

by みぃともるのママ 2017-12-08 20:38

>はーすけさん

いいですねー、もうすぐ里山へ!
冬仕様のゆずちゃんをとくとご鑑賞あれ(笑)

by 道ばた猫 2017-12-09 01:23

>ムヨクさん

お燗酒で、冬の夜通しちくわくんと男同士、来し方を語らい合う・・・いいなあ。
わたしはゆずちゃんとたまご酒でも(笑)。

by 道ばた猫 2017-12-09 01:30

>みぃともるのママさん

さっそくにご感想ありがとうございます!
そうなんです。みんなで守らなければ。命も尊厳も。

by 道ばた猫 2017-12-09 01:47

発売日に書店でいとしのちくわくんが表紙の本を購入し、先程やっと全ての物語を読み終えました。
初日はひとつめの物語を読むだけでもう涙。
背中から話しかけてくるチープーを抱きしめて彼のにゃーにゃー言うお話しをたくさん聞きました。
疲れすぎて「うるさいな…」と感じたことがあるのを猛省。
きっとみんなこんな私の帰りを待ってくれていて「あれ話そう、これ話そう」と今日1日の出来事を考えてくれていたかも…と思うとたまらなく愛しくなります。
それにしてもゆずちゃんのグレーっぷりがかわいくて前にも増して何がなんでも里山に行かなくては!と思いました(*^^*)

by 16にゃんず 2017-12-09 16:39

>16にゃんずさん

16にゃんから「あれ話そうこれ話そう」の聞き役は大変! でも、しっかり聞いて、またあれこれ聞いてもらってください(笑)。

by 道ばた猫 2017-12-10 00:03

灰かぶり姫

by kimiko 2017-12-10 20:55

灰かぶり姫ゆずちゃん、サイコーですね!お地蔵さまのようなちくわくんも…なんて愛しくてかわいらしいんでしょう。
熱望していた新刊、ひとつひとつの愛情物語を、大切に読ませていただきました。何度も読み返したお話も、猫目線の語り口調だと全く違う印象で…新鮮な感じで、楽しく、でもやっぱりじんわりと涙しながら胸がいっぱいになりました。
道ばたにいる、どこにでもいるふつうの猫の、奇跡みたいなとびきりのお話ばかり。それを共有させていただけることが嬉しくて、しあわせな気持ちになります。
今回も、素敵な本をありがとうございます。
またひとつ、宝物が増えました。

by kimiko 2017-12-10 21:10

>kimikoさん

どこにでもいる猫の、奇跡みたいなとびきりの・・・素敵な感想をありがとうございます。
書かなければ、この子たちのドラマは誰も知らずに・・と思うと書かずにはいられなかったお話ばかりです。

by 道ばた猫 2017-12-11 12:16

ゆずちゃんの汚れっぷりに笑ってしまった‼︎
パネル展 実家から近いので観に行ってきます。

by ももたろう 2017-12-11 18:16

>ももたろうさん

展示場所がご実家から近いとは、うれしいです。
ゆずちゃんの汚れ具合を見るたび、大好きな片山健さんの絵本「おなかのすくさんぽ」の自由な世界が思い浮かびます。

by 道ばた猫 2017-12-13 17:40