ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2016年03月15日

やぎひげのある女の子

松山庭園美術館での房総猫写真展を無事終えることができました。
会期中、10匹の美術館猫さんたちのうち、いちばん手を抜かず、お客様のお相手をして喜ばれていたのは、最年少のこの子かもしれません。

michibata20160315-1.jpg

去年12月初めに、生後2か月くらいで保護された「福」ちゃんです。

一緒に保護されたキジトラの女の子「丸」ちゃんは、いわゆる子猫の可愛さ(目はぱっちりとあどけなく、庇護してあげたくなる風情のベビーフェイス)を具現したような子でした。
福ちゃんのほうはと言えば、三角おにぎりのようなおかっぱに、鼻のわきのへんてこ模様、目と目の間が離れ気味という、とても味のある個性的な顔立ち。保護時から甘ちゃんではなく、表情もしぐさも媚びのない女の子でした。
来館者が丸ちゃんを見て「まあ、可愛いっ」と言った後、福ちゃんに目を移し「・・・・」とノーコメントになることも多かったとか。「サンショウウオに似てる~」という人までいました。
それで、福ちゃん丸ちゃんはひそかに「ブサ・カワ姉妹」と呼ばれていたものです。

michibata20160315-2.jpg

丸ちゃんはすぐにもらわれていき、館に残った福ちゃんは、最古参のミー姐さんを後見猫として、のびのびと成長しました。
虎之介やモミジというやんちゃ盛りのお兄ちゃんたちにまじってプロレスや木登りのショウを入館者にご披露。
遊び疲れたら、サロンの特等席で接客するという、週末勤務です。

michibata20160315-3.jpg

福ちゃんの魅力は、何があろうとめげないたくましさ。賢そうなピカピカの瞳。カラッとして、自分をしっかりもっているところ。
「アタシ、一人でも生きていけるんだから」といわんばかりの、意志のある顔つきです。

michibata20160315-4.jpg

ご飯タイムも、お兄ちゃんたちに負けない食欲で、自分のを食べ終わると、よそのお皿に残っていないか、すかさず探し回ります。小さな頭でとなりの先輩猫のあごを押しあげ、ご飯を横取りする場面も何度か目撃しました。恐るべし、福ちゃん。

michibata20160315-5.jpg

館主のコノキ画伯は、福ちゃんに頭が上がらないと言います。なんでも、福ちゃんの目は亡きお母さまの目にそっくりで、「これ、ミツオ!」と叱られているような気がするのだとか。
歩き方も、生後半年とは思えないくらい、悠々としたもので、将来は、ミー姐さんから、館の猫たちのトップを受け継ぐのではないかと噂されています。
たっぷりした女丈夫になった福ちゃんが、オス猫や新入りを仕切っている光景が目に浮かぶようです。

michibata20160315-6.jpg

じつは、福ちゃん、いわゆる「やぎひげ」という珍しいあごひげの持ち主なのです。
上を向いたときによくわかるのですが、あごの下に、ひとふさ、小さな小さなひげがあります。
やぎひげのある猫を見たのは、私はこれまで3匹だけ。
なぜあるのかは、謎ですが、なんだか、見つけるとハッピーな気分にしてくれる、不思議なやぎひげ。

michibata20160315-7.jpg

やぎという動物は、好奇心旺盛で、マイペースで、案外気が強いそうですが、もしかしたら、福ちゃんのやぎひげは、やぎだったときの名残りなのかな。

そんな福ちゃん、最近は来館者たちに「可愛い~」と言われることも多くなりました。
福ちゃんのブサぶりが気に入っていた館長さんは「猫離れしたへんてこなところがおもしろかったのに、この頃どんどん可愛くなっちゃった」なんて残念がっています。でも、可愛ければ文句なしに可愛くて、ブサっぽければ、これまたいっそう可愛いというのが、猫好きというもの。いずれにしても可愛くてたまらないのです。

michibata20160315-8.jpg

福ちゃんを見ていると、猫っ可愛がりされるペットとしての生きかたより、美術館の猫学芸員としてのキャリアを積もうとしているように、私には思えます。
猫にだって、新しい女の生き方があるんだよね、福ちゃん。
やぎひげは、「アタシはアタシよ!」という自立心の証なのかもしれません。

michibata20160315-9.jpg

福ちゃんの寝ているさまは、日光東照宮の眠り猫によく似ていると、コノキ画伯。
眠り猫は、主君を悪から守る守り猫とも、平和の象徴とも、言われています。
モミジお兄ちゃんを枕にすやすやと眠る、やぎひげ猫福ちゃんも、きっと美術館の平和を守る福猫にちがいありません。

michibata20160315-10.jpg

写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

こんにちは。いつも楽しみに拝見させていただきいます( ^ω^ )

顎のちょび髭はやぎひげって言うんですねぇ。昔むかし私が小学生だったころ実家にいた茶トラのピキを思い出しました。ピキにも立派なやぎひげがありました。
ピキを拾った周辺の野良さんはけっこうな確率でやぎひげがチョコっと飛び出ていたので、ピキの兄妹なんだろうなぁと思いながら見ていました。
珍しいだなんて思いもしませんでした。でも確かによく考えてみると、他では見たことないですねぇ〜。
それにしても福ちゃん、生後6ヶ月とは思えない賢そうなお目目ですね!キリッと涼やかで、ステキです(^-^)

新しい家族に囲まれて幸せに...

by Mareeks 2016-03-15 18:41

福ちゃんとは先月会うことができました。もうそれは可愛い子ですね。もみじくんやとらのすけくんと転げ回ったり、ふと後ろを見るとジリジリとほふく前進で寄って来たり、遊び疲れるとストーブの前に手足を投げ出してお昼寝を決め込んだり、私も本当に楽しい時間を過ごすことができました。優しい飼い主さんやお兄ちゃん達に囲まれてこれからもっと、もっと幸せに大きくなって欲しいです。

by ふみちゃん 2016-03-15 19:26

先日は、ひさしぶりにお会いできて嬉しかったです♪

ところで、福ちゃん!ほんとーにカワユイこと☆
里親募集したら、そのマニアックな表情に応募殺到すること間違い無しだね〜、とイリエご夫妻と話していました。

来月から開催する「ねこねこ展」にも足を運ぶ予定です。
ニケちゃんママさんおすすめのカフェに予約を入れて、春の房総を楽しみたいと思っております。
*運転してくださるのはイリエ父さんなのですが^^;

by kaoringo 2016-03-15 20:09

やぎひげ、知りませんでした。
なんとも、愛くるしい福ちゃん。
起きている時と、眠っている時の雰囲気が全然違うのがまたいいなぁ~。
「あたし」をちゃんと持っていて堂々と生きている福ちゃん。
一目惚れです!

by よーこ 2016-03-15 22:51

福ちゃんとっても賢そうなお顔をしてますね。半年の子猫とは思えない風格があります。今後の成長が楽しみなのでまたその後も紹介してくださいね。私が今日会った猫さんはお顔の中心にパーツが集まってる感じの子でした。穏やかないい子でした。みんなそれぞれの可愛さがありますね!

by さりゅ 2016-03-16 02:12

Mareeksさん

立派なやぎひげをもった茶トラのピキちゃん。目に浮かびます。
何だか絵本の主人公になりそうですね! 

by 道ばた猫 2016-03-16 02:43

>ふみちゃんさん

あんなに天真爛漫に育っていいるのは、館の方の大きな愛情と、館の自然と、先輩猫たちのおかげ。
楽しい一日を過ごされて、よかったです~

by 道ばた猫 2016-03-16 02:49

>kaoringoさん

房総は、ここ数年通い詰めても、行くたびに不思議な発見のある、奥の深い場所です。
もちろん、個性的な猫がいっぱいいるのも、魅力なんです~

by 道ばた猫 2016-03-16 02:52

>よーこさん

ふふ、そうなんです。起きてる福ちゃんと、寝ている福ちゃん、これまた違うんですよ~
起きてる福ちゃんはキリリとして、寝ている福ちゃんはゆるんでます(笑)。

by 道ばた猫 2016-03-16 03:01

さりゅさん

ほんとうに、それぞれの可愛さ。だからこそ、それぞれにしあわせになってほしいです。
福ちゃんのその後、承知しました!

by 道ばた猫 2016-03-16 03:05

佐竹さんの写真展にお邪魔しました。
どれも素敵な写真ばかりで、感動の連続でした。

福ちゃんにも会いました~。
猫たちのお出迎えにあって、作品を見る前に猫を堪能しちゃいました。

遠くから出向いた甲斐がありました。
どうもありがとうございました。

by テロテロ 2016-03-16 10:18

こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。 やぎひげってあるんですね! 初めて知りました。 福ちゃんが、とっても幸せそうで、癒されました!

by あるとはは 2016-03-16 11:51

こんにちは。いつも更新を楽しみに待っています(^^)

我が家の猫、さくら。あごひげがあります。といっても、福ちゃんのほど立派じゃなくて、一房長い毛が生えている、という感じです。耳の先の房毛がない子なので、「生えるとこ、まちがってる?」。
初めて獣医さんに見てもらったとき、先生が興味深そうにつまんでいたのを思い出します。佐竹さんも三匹しか出会っていないということはやっぱり珍しいのですね。

by hitomineko 2016-03-16 13:46

うちの末っ子白黒猫にもそのひげあります!
やぎひげというんですね…しりませんでした(笑)
夫が定期的に全身の毛をかってしまうのですが、何故か必ずこのひげはでてきます(笑)
確かに好奇心好奇心旺盛なコなので、前世はやぎなのかもしれません!

by ボンボンしっぽ 2016-03-16 18:07

福ちゃん
とってもとってもお利口さんなお顔^ ^
可愛いですよ〜♪
やぎひげって、初めて聞きましたし、見た事ないです
これから出会う外ニャンとか、見てみます^ ^

by 毛玉 2016-03-16 21:56

>テロテロさん

猫と写真を楽しまれたようで、何よりです。はるばるありがとうございました!
4月~6月の「猫ねこ展2016」にもぜひ~ 福ちゃん、だいぶ大きくなってると思いますが。

by 道ばた猫 2016-03-17 00:46

>あるとははさん

はい、福ちゃんは美術館猫ファミリーの末っ子として、すくすく育っています。
見ていると、こっちまでしあわせになりますね~~

by 道ばた猫 2016-03-17 00:50

>hitominekoさん

やぎひげも珍しいけれど、ときどき、肉球の隙間から房毛の生えている猫さんもいます。
なにか神様から役割をもらって生まれてきたのかな?

by 道ばた猫 2016-03-17 00:53

>ポンポンシッポさん

前世はやぎさんかも。目と目が離れ気味ですか(笑)。
やぎさんは、芯の強い我が道を行く動物のようですよ~

by 道ばた猫 2016-03-17 00:58

>毛玉さん

ええ、福ちゃんは、とってもかわいい子です~。賢くて、人も猫も大好き。
「福」だなんて、ぴったりな名前でしたね!

by 道ばた猫 2016-03-17 01:05