ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2014年10月07日

京都の秋猫たち

九月のある日、仕事のついでに京都を歩きました。
久しぶりに向った浄瑠璃寺は、一日にバスが数本しかない当尾の里にあります。門前のみやげ物店の店先で出会ったのは、可愛いサバ白の女の子。

 nekoblog202-1.jpg

里の娘、という感じで、はにかみながらも、甘えたい素振り。店の奥にも、屋根の上にも、寺に続く萩の小道にも猫たちが出没自由。みんなこの辺で面倒を見てもらってるそうで、まさに、猫の里でした。お土産を買って、猫をかまっていたら「猫も一匹お土産に持って帰ったら」とお店のご主人に言われてしまいました。

nekoblog202-2.jpg

九体寺の別名をもつ浄瑠璃寺本堂には、九体の阿弥陀様がいらっしゃいます。まるで、九体の仏像を守るかのように、本堂正面の縁側にデーンと鎮座していたのが、この茶とらさん。

nekoblog202-3.jpg

静かに射抜かれるようなまなざしに、ちょっとタジタジしながらも近づくと、思いのほか、フレンドリーな男でした。受付の方に聞くと、キンちゃんという寺の飼い猫だそうです。「他にも境内猫が何匹もいますよ」とのことでしたが、庭の工事のため、会えず、残念。また、ゆっくり来なくては。

門前の空き地で発車待ちのバスの車窓から見たのが、空地を横切る母子の姿。

nekoblog202-4.jpg


ああ、そばで写真を撮りたい!と思ったけれど、このバスを逃したら、2時間後なのであきらめました。動き出した車窓から振り返ると、母猫は子猫にトンボの捕まえ方を実演して教えているところでした。

次は、洛北の山懐に抱かれた浄土宗の尼寺、西寿寺へ。人影のない長い石段を上ると、出窓で三毛猫がのんびり昼寝をしています。

nekoblog202-5.jpg


ミーちゃんという名だと、庵主さまが教えてくださいました。
一昨年のこと。猫があまり好きではない庵主さまの前に、ガリガリに痩せたトラ猫があらわれ、ごはんを与えて情がうつり、今ではすっかり猫好きに。そのトラ猫の「ねこっち」が連れてきたのがまだ小さかったこの三毛猫のミーちゃん。最初からスリスリの甘えんぼさんだったそうです。ねこっちは昼間は遠出の自由猫だとか。西寿寺の住職日記には、『猫たちと暮らす生活はとても楽しく、幸せというのは、こういうささやかなものなのだなあ、と実感』と、書かれています。
「遠くからはるばるようこそ」と、笑顔で応対してくださった庵主さま、ありがとうございました!

 さて、町に戻り、今出川の路地を散策中、喫茶店の窓ガラス越しに外を眺めているサバ白さんを見つけました。

nekoblog202-6.jpg


「逃現郷」という店の名前にも魅かれ、店内へ。
きりっとした顔立ちの猫なので、「男の子ですか?」とマスターに尋ねたら、「ハナコ」という名の2歳の女の子だそうです。ハナちゃんのすぐ下には、金魚が泳ぐ大きな大きな鉢が。「ハナちゃんは金魚にちょっかい出さないんですか」と聞くと、「ハナが水を飲むと、金魚が寄ってきてヒゲにちょっかい出してます」とのこと。猫と金魚の交流。絵になりますね~。

nekoblog202-7.jpg


ハナちゃんは、銀平くんという牡猫のお嫁さんにと、ここにもらわれてきたそうですが、その銀平くんは可愛いお嫁さんが来て1年ちょっとで天国へ。
「でも、おじいちゃんと可愛い孫娘といった感じで、仲良く一緒に寝てましたから、よかったかな、と」
「それは、銀平くん、しあわせな老後でしたね」と、マスターと笑いあいました。とっても居心地のいい喫茶店です。

 店を出て、すぐ裏の路地にある町家の玄関先で夕涼みをしていたのは、これまた上品な顔立ちのサバ白さん。内気そうで、、すいっと目をそらすところが可愛らしいコでした。

 nekoblog202-8.jpg


 初秋の京都一日散策で出会った猫たちは、みな、風景にとけこんだ、媚びのないすっきり猫さんばかりでした。旅というのは、短くても、土地の人と交わす猫話で何倍も楽しく、思い出深くなるものですね!



写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

のんびりとした時間が流れてる写真ばかりで癒されます。

by ゆこゆこ 2014-10-07 13:42

京都
ねこさんたち
ふいんきありますねε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
京都にいきたいε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

by ちゅうちゅう 2014-10-07 15:05

みんなリラックスしてますね~♪猫にも人と同じように地域によって人(猫)柄があるんですかね?

by 名無し 2014-10-07 15:07

>ゆこゆこさん

 海辺や里山、寺社って違う時間が流れてますよね~ のんびりした風景の中の猫さんは、みなのんびり。しゃかしゃかしてません。

by 道ばた猫 2014-10-07 21:14

>ちゅうちゅうさん

 この日はサバ白が多かったです。古都にはやはり日本猫が似合います~

by 道ばた猫 2014-10-07 21:18

>名無しさん

 う~ん、やっぱりあるような・・・。うちの周りは京都のように上品な猫はあまり見当たらず、とっぽい猫が多いです(笑)  それはそれで可愛いのだけれど。

by 道ばた猫 2014-10-07 21:22

浄瑠璃寺に行かれたのですね。 私は、あそこが好きです。

by ハチワレ 2014-10-08 20:20

>ハチワレさん

 どうだ!!って感じのない、自然体のほんとうに美しい寺ですよね~  道ばたに点在する、地産の野菜やら新茶やら漬物やらぶら下がってる無人販売所の風情も大好きです。

by 道ばた猫 2014-10-08 23:07

癒されました。やっぱり猫って最高!!(=^ェ^=)

by すみにゃん 2014-10-10 18:33

近いうちに私も京都に行く予定です^ ^あちこちの路地裏を覗いて見ようと思います♪皆、いいお顔してますね。

by りんりん 2014-10-10 21:04

>すみにゃんさま

猫は自然に癒され、人間は猫に癒され…循環してる町はいいものですね~

by 道ばた猫 2014-10-11 10:58

>りんりんさま

京都路地歩き・・・一番いい季節ですね! 楽しんできてください。はんなり猫さんたちに会えますように。

by 道ばた猫 2014-10-11 11:02