フェリシモ猫部は地域猫活動を応援しています!

いま、日本では年間27,000匹以上の猫が、
行政によりさつ処分されています。
そして、その大半は、野良猫の子猫です。
捨てられた猫などが外で繁殖してしまっているのです。

猫の繁殖能力は強く、
年に2~3回、1回に4~8匹も出産をします。
理論的には、1組の猫のカップルから、
3年後には2,000匹以上にもなる計算です。
不幸なさつ処分を減らすためには、
野良猫に不妊去勢手術を施し、
悲しい運命をたどる命を増やさないことが、
最も大切なのです。

※令和元年度環境省統計資料
「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」より

1組の猫が[1年後]20匹以上に[3年後]2,000匹以上になる計算です

また、ふんや尿による悪臭や無責任な餌やりなど、
野良猫によるご近所トラブルも、社会問題となっています。
野良猫に不妊去勢手術をほどこすとともに、エサやりの管理や、
ふん尿の掃除などを地域で連携して行うことで、
野良猫の数とトラブルを減らしていく取り組みを
地域猫活動」と呼びます。
いま「地域猫活動」は、行政の支援なども受けながら、
全国に広がりをみせています。

「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を目指す
フェリシモ猫部としても、
この「地域猫活動」を、応援しています。


不妊去勢手術を施された猫は、
その印として耳先をV字にカットします。
少しかわいそうな気もしますが、
手術済みの猫を、再び捕まえないようにするための目印です。
不妊去勢の麻酔中に行うので、痛みはありません。
オスは右耳、メスは左耳をV字カットすることが多いようですが、
地域によってルールは異なっています。

このように、野良猫を捕獲して、
不妊去勢手術をすることを、
Trap(トラップ:捕獲して)、
Neuter(ニューター:不妊去勢手術を行い)、
Return(リターン:元いた場所に戻す)の頭文字をとって、
TNR活動と呼びます。

また、不妊去勢手術を行った猫を元の場所に戻さず、
保護して、
Tame(テイム:人に慣らし)、
Adopt(アダプト:譲渡する)を行う、
TNTA活動も広がりを見せています。

[TNR活動]Trap(捕獲して)+Neuter(不妊去勢手術を行い)+Return(元いた場所に戻す)[TNTA活動]Trap(捕獲して)+Neuter(不妊去勢手術を行い)+Tame(人に慣らし)+Adopt(譲渡する)

今回、企画の主旨に賛同してくださった
クリエイター、キャラクターにご協力いただき、
それぞれ、23種類の基金付きの
Tシャツとクリアファイルをデザインしていただきました。
すべて、耳先をV字カットした猫が描かれています。
そして、基金額はいつもよりぐっと多めです!

みんにゃでつくる猫と人のしあわせな未来

今回の企画を通じて、
野良猫への不妊去勢手術の大切さや、
地域猫活動のことを、
もっとたくさんの人に知っていただき、
よりよいイメージを持ってもらえるように
なればいいなと思っています。

さつ処分のない世の中をつくるため、
猫と人がともにしあわせに暮らせる世の中をつくるため、
みにゃさまのご支援・ご参加をよろしくお願いいたします!

1匹でも多くの猫がしあわせに暮らせるようにシェアして活動を広めてにゃ!