ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫又トリップ

2018年01月17日

ウィンウィンな関係

昨年末は本連載の書籍「ご長寿猫がくれた、しあわせな日々」(祥伝社)が出版され、最高の締めくくりができました。これもひとえに読者のみにゃさまのおかげ、本当にありがとうございました。
連載4年目、今年も猫又トリップをよろしくお願いいたします。

2018年幕開けとなる今回は、掛かり付けの動物病院がドイ家と同じというご近所のご長寿猫さんを訪ねました。飼い主の萩野谷ご夫妻がこの家に引っ越してきたのは7年前。5匹の猫を引き連れて......。

kd20180117-1.JPG



家庭内地域猫活動


出迎えてくれたのは茶白のウェンウェン(以下呼称ウェン、16歳・女の子)と、同じ茶白のウェンの子どもビリー(14歳・女の子)の2匹。この7年の内に3匹は虹の橋を渡りました。
引っ越し当時にいた5匹は、全猫が以前の家の庭に住み着いた野良猫でした。動物が大好きな萩野谷夫妻、すぐにでも家猫にしたい気持ちはあったのですが、同居していたご主人の母親が「大の猫嫌い」とあっては簡単にコトが進みません。かといってこのままほおっておくこともできず、せめてもと庭に段ボールハウスを作り寝床を確保し、一時は10数匹の猫をお世話していたとか。ウェンは最初にやってきた猫で3〜4回の出産を経験しているそうですが、さすがにこれ以上増やしてはダメだと一念発起し、家猫として飼うことができなかった時から「避妊・去勢」を積極的に施していくのです。また具合が悪そうな猫には病院に連れて行くなど手厚く保護していました。それでも残念なことに「FIP(猫伝染性腹膜炎)」や「貧血」で旅立つ猫もいました。しかし、この経験から病気に関しても随分精通し、現在の糧としています。

kd20180117-2.JPG
トコトコトコ♪

kd20180117-3.JPG

kd20180117-4.JPG
日向ぼっこが大好きなウェン。

kd20180117-5.JPG
お!今度はソファーの上が気持ち良さそうと。

kd20180117-6.JPG
よいしょ。ここは私の場所よと奪取に成功。

kd20180117-7.JPG
母強し。

kd20180117-8.JPG
いじけるビリーがとてつもなく可愛いのです。


「最近、玄関に迎えに来なくなったな」犬のようなウェンの行動パターンに変化があり病院に連れて行くと案の定、悪い結果が......。いつもと違う行動は見逃してはいけないサインと、萩野谷さんは教えてくれました。



猫に合わせた食生活


2年前に「甲状腺機能亢進症」と診断されたウェン。投薬は継続して必須、ごはんは最近の検査で腎臓機能低下と診断されたため、腎臓ケアの療法食「キドニーケア」(Dr.sケア)のドライフードが主食とのこと。寝起きの度にごはんを欲するルーティーンにも極力応える給餌方法と手厚いのです。

kd20180117-9.JPG
ビリーのごはんを食べないように見張るのも飼い主の勤め。

kd20180117-10.JPG
ずっしり詰まった体型のビリー、私好みです。


また「脱水」の症状も顕著で2日に1回通院していたというのですが、双方の負担も考えて自宅で補液をすることに。「嫌がるうちが元気な証」と奥さまがウェンを押さえ、ご主人がすばやく点滴。最近察して隠れるようになったというのですが、今できる最良のことと心を鬼にして施します。仕事をリタイヤしたというご主人ですが、息つく暇はありません。甲斐あって一時は体重2kgをきってガリガリに痩せたというウェンも、現在は3.1kgに戻し年相応に病気とうまく付き合いながらの生活です。

kd20180117-11.JPG
萩野谷家、歴代の猫たち。

kd20180117-12.JPG
家系図もありました。




猫に合わせた食生活


ウェンの孫にあたる悪性貧血の猫に輸血が必要だったとき、代わる代わる猫を病院に連れて行き献血をした結果、ウェンの血液が一番適していたことが判明しました。今は年相応の健康状態ではありますが、若かりし頃は健康状態「優良」で血液さらさら!ウェンが病気にかかりにくかったことに裏打ちされる健康な血液がご長寿の理由につながっているような気がします。

「猫は癒し」という萩野谷夫妻。ご主人のリタイヤを機に、今度は猫に恩返しをする番。猫といっしょなら仕事を辞めた後も退屈しません。楽しみながら、責任を全うしながら人間も猫もハリのある暮らしを。それが双方にとってきっと長生きの秘訣になりそうです。ウェンウェンならぬウィンウィンの関係ですね!と上手いこと?まとめてみました。今年も猫のおかげで絶好調です。

kd20180117-13.JPG
本当は仲の良い親子。くっついて寝れば温かさもウィンウィンです。



「猫又トリップ」が書籍になりました。

gochouju200-290.jpg
ご長寿猫がくれた、しあわせな日々

15歳以上のご長寿猫と、その家族が奏でる28の物語をお届けします。

試し読みはこちら (ΦωΦ)


写真

猫又トリップライター紹介

ケニア・ドイ

1972年兵庫県生まれ。ほとんど犬猫カメラマン。著者に「ぽちゃ猫ワンダー」(河出書房新社)、「じゃまねこ」(マイナビ出版)がある。新刊「ご長寿猫がくれたしあわせな日々~28の奇跡の物語~」祥伝社より絶賛発売中。現在、黒背景で行うペット撮影会「ドイブラック」を全国で展開中。

http://kenyadoi.com

twitter

Instagram

カテゴリ: 猫又トリップ

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

今回もたくさんのひだまりを浴びるねこさんたち。明るい毛並みがきらきらと輝くような写真です。
似たもの同士のおやこにゃん♪長生き=病気もつきものですが、手厚いケアとひだまりで穏やかに余生をすごしていけますね。
今回もすてきな物語をありがとうございました。

by あずにゃん 2018-01-18 12:38

細やかな心遣いと愛情を注がれて、ウェンウェンちゃんたちが元気に幸せにこれからも過ごせますように(=^x^=)。 “ご長寿猫がくれた、しあわせな日々“ 神奈川県の大きな書店のペットコーナーに目立つように並べられていましたよ(=^x^=)/

by モモのママ 2018-01-21 17:37