ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

わんにゃん支援活動

2017年12月18日

「淡路ワンニャンクラブ」さまの活動レポート(2017-18前期)

フェリシモ猫グッズの販売額の一部である「フェリシモの猫基金」、フェリシモメリーポイントの「動物たちの保護と飼い主探し支援」、 毎月ひと口100円「フェリシモわんにゃん基金」等でみにゃさまからご支援をいただいている団体さまの活動レポートです。

実施場所:兵庫県洲本市

いつも、ご支援をありがとうございます。

awajiwannyan-171117-1.jpg
(保護された子猫)

春より、次々と子猫が保護されました。
捨てられていた子、さ迷っていた子、野良猫が産んだ子
様々な依頼や相談があって、引き取っています。

awajiwannyan-171117-2.jpg
(保護された母猫と5匹の赤ちゃん猫)

「家の倉庫で、赤ちゃんの泣き声がずっと聞こえている」
と、相談がありました。
野良猫が、倉庫の棚の上にある段ボール箱の中で
子猫を出産し、子育てをしていました。

1匹、箱から落ちてしまい、狭い隙間で一晩鳴いていたようです。
隙間から救出し、親子で保護をしました。

母猫に育児をしてもらうつもりでしたが、母猫の様子がおかしく、緊急受診。
胎盤が剥がれたところから出血しており、手術になりました。
子猫たちは、スタッフがミルクをあげて、育てました。

awajiwannyan-171117-3.jpg
(ミルクで育った5匹)

子猫たちはすくすくと成長し、里親さんにもらわれました。
その後、母猫も里親さんに迎えてもらい、幸せになっています。

awajiwannyan-171117-4.jpg
(多頭飼い現場にいた高齢猫)

多頭飼い崩壊寸前の場所から、子猫15匹、成猫7匹を保護しました。
猫が増えないようにと、子猫とメス猫を狭い場所に閉じ込めていて
猫たちの状態は、ひどいものでした。

子猫は14匹を譲渡、1匹は里親募集中です。
成猫はTNRしましたが、写真の猫だけは高齢で、手術をするまでにも
治療を要したので、戻さずに里親募集をすることにしました。

避妊手術をすることを知らない、したくない、と考える人が多い、淡路島。
みんなの意識を変えていけたら、と思います。

awajiwannyan-171117-5.jpg
(ボロボロだったオス猫)

ガリガリに痩せて、怪我をしていたので、保護をしました。
去勢手術をしてあり、全抜歯もされているのですが、飼い主が見つかりません。
猫エイズ陽性、白血病陽性ということがわかり、怪我の治療後も戻すことができません。
人懐こく、愛嬌のあるポロ君に、なんとか里親さんを見つけてあげたいです。

小さな子猫の保護と母猫のTNR、病気などの猫の治療などが続き
とても忙しい半年間でした。

毎日の活動、保護猫の様子のブログです。
「あーもんさんちはニャンとも幸せ」
http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/



<ご支援くださっているみなさまへ>
たくさんの猫を保護していますが、ほとんどの子が医療を必要としています。
皆様のご支援のおかげで、治療をうけることができています。
これからも、よろしくお願いいたします。




「淡路ワンニャンクラブ」
https://www.musubichan.com/

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!