ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

わんにゃん支援活動

2017年12月22日

「150匹犬猫ボランティア」さまの活動レポート(2017-18前期)

フェリシモ猫グッズの販売額の一部である「フェリシモの猫基金」、フェリシモメリーポイントの「動物たちの保護と飼い主探し支援」、 毎月ひと口100円「フェリシモわんにゃん基金」等でみにゃさまからご支援をいただいている団体さまの活動レポートです。

実施場所: 宮城県仙台市

★活動内容
●猫の保護
とある倉庫に仔猫が産まれ、母猫が前日から見当たらないと相談を受けました。
普段、朝晩以外、倉庫は無人でここで産み子育てすることを決めたみたいです。
現地にいってみると母親は戻っていて飼育放棄ではなくホッとしました。翌週『にゃんこ組』さんの協力の元、親子ともども保護できました。
みんな風邪をひいていて病院で治療を受けました。母猫は白血病も、猫エイズも陰性でしたがマンソン列頭条虫というが寄生していて、注射で駆除してもらいました。
はじめ警戒心の強かった母猫も数日後にはリラックスして子育てするようになり安心しました。子猫三匹のうち女の子は無事に里親さんが見つかりました。のこり2匹とお母さん猫も引き続き里親募集をしています。

150hiki-1105-1.jpg

150hiki-1105-2.jpg

●新入り太郎君
2016年11月、猫ハウスに新しく仲間入りした太郎君。警戒心が非常に強く、里親に出すことは無理だろうと諦めていました。
なかなかボランティアとも仲良くなれずにいましたが、いつも遊んでくれていたボランティアさんが太郎君にも家庭での暮らしを楽しんでもらいたいということで今年の10月に引き取ってくれることになりました。
猫ハウスの他の仲間はみんなおじいちゃん、おばあちゃん。やんちゃ盛りの太郎君の遊びの相手は無理でした。これからはボランティアさんがいっぱい遊んでくれるからストレスもなくなりお利口に成長してくれることと思います。
良かったね、太郎君!幸せに暮らすんだよ!

150hiki-1105-3.jpg

150hiki-1105-4.jpg

<ご支援くださっているみなさまへ>
いつも「150匹犬猫ボランティア」を温かく見守っていただきまして、本当にありがとうございます。
2017年10月末日現在、飼養しているのは犬9頭、猫4匹です。その他、地域猫15匹のお世話を続けております。
全国の皆様からの支えがあってこそ続けられる活動です。
今後とも変わらぬご支援、ご協力、よろしくお願い申し上げます。



「150匹犬猫ボランティア」
http://150dcv.yu-yake.com/

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!