ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

わんにゃん支援活動

2017年10月05日

「宮城県犬猫里親探しの会 バトンタッチ」さまの活動レポート(2016-17後期)

フェリシモ猫グッズの販売額の一部である「フェリシモの猫基金」、フェリシモメリーポイントの「動物たちの保護と飼い主探し支援」、 毎月ひと口100円「フェリシモわんにゃん基金」等でみにゃさまからご支援をいただいている団体さまの活動レポートです。

実施場所:宮城県美里町

私たちは、保健所から犬猫を救い、里親につなげる活動を続けています。
約1年前、野良犬で、自分の子供を連れて、餌を求めて放浪していました。
地域の住民が、保健所に捕獲を依頼し、捕獲機にて、野良犬母、その息子が捕まりました。人に慣れていないため殺処分になりそうなところ、バトンタッチに親子で救ってほしいという保健所の職員さんより連絡が来て、引き取りました。
母と息子の親子だったので、母親を良子、息子を直太朗と名付けました。
batontouch-170608-1.jpg

batontouch-170608-2.jpg

2匹は長いこと放浪していたため、首輪をしたこともなく、鎖につながれたこともなく、人を信じていませんでした。
母犬を避妊手術をし、息子は、だいぶ心を開いてくれたので、里親希望者もいて息子だけ譲渡したところ、その家から逃げてしまい、一か月半かかって、何とか保護し、逃がさないように細心の注意を払って飼育していただいています。
母犬は、何か月かかっても、心を開かず、少しだけ、散歩に行けるものの、里親さんに委ねるということは困難を極めました。
そのような中、保護して10か月経過したころ、あるご家族が、この良子の里親になりたいと申し出がありました。
完全室内飼いでしたので、逃げられないようにお任せすることにしました。そして、ちょうど保護して1年、里親決定し、このご家族の家族の一員にしていただけました。
画像は、ご主人さまに、一番、心を開いているということで、娘さんと一緒に、ほのぼのとしている様子です。
batontouch-170608-3.jpg

お里帰りで、バトンタッチに遊びに来てくれました。
このような野良犬でも、時間をかけて、根気よく心を開かせるということを、焦らないで、犬のペースに合わせて行けば、どんな野良犬でも迎えていただけるという嬉しい結果を教えていただきました。
これからも、野良犬の保護に向けて、諦めずに引き取りを試みて行こうと思っています。
現在、宮城県では、殺処分ゼロを目指して、各保健所でも、子猫の乳飲み子から、慣れていない野良犬も、保護しようと頑張っています。
私たち愛護団体も、その思いに賛同し協力していくつもりです。
これからも、ご協力、ご支援よろしくお願いいたします。


<ご支援くださっているみなさまへ>
いつもご支援、ありがとうございます。
私たちは、飼育放棄されたり保健所に保護された子たちを、一匹でも多く救っていくために、メンバー一丸となって頑張っています。
これからも、不幸な命に向き合って救っていくつもりです。
今後も、どうぞよろしくお願いいたします。



「宮城県犬猫里親探しの会 バトンタッチ」
http://batontouch.chu.jp/

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!