ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2017年05月16日

アタシのお兄ちゃん・・・その2

アタシの名は、柚(ゆず)。
10月生まれの7か月の女の子。

michi20170516-1.JPG

兄妹3匹で海岸に捨てられてたのを、先週のルブちゃんとおんなじに、千鶴子ママに保護してもらったの。
その時のアタシたち、まだ目があいてなくて、千鶴子ママに見つけてもらわなかったら、生きてなかった。
ママは、海辺の猫たちのシェルターになってるおうちに連れてって、ミルクを飲ませて育ててくれたの。(道ばた猫日記「無償の愛」)
遊び疲れたら自分でケージに戻って眠ったし、トイレもすぐに覚えたから、千鶴子ママにいつも「お利口さん」って言われてた。

michi20170516-2.jpg

シェルターでは、部屋中飛び回って遊んだわ。
結石の治療を続けてるモンおじさんが、そりゃあよく面倒見てくれた。

michi20170516-3.jpg

2カ月たった12月にアタシたち兄妹、みんな里親が決まったの。
横浜からママが迎えに来てくれた。アタシの目にノックアウトされたみたい。おうちには、2歳半のお兄ちゃんが待ってるって。

おうちに着いたら、空(そら)って名のお兄ちゃんとアタシ、すぐに仲良くなったの。
だって、お兄ちゃんは、とってもとってもやさしかったから。

michi20170516-4.jpg

お兄ちゃんの行くとこ、アタシはついて回った。
お兄ちゃんは、アタシを毛づくろいしてくれたり、長いしっぽで遊ばせたりもしてくれたの。

michi20170516-5.JPG

ここの子になって、5カ月。まん丸な目は、子猫の時と変わらない。

michi20170516-6.JPG

もうそんなに何でもかんでもお兄ちゃんの後を追わなくなったけど、今でももちろん仲良し。
お兄ちゃんは相変わらずやさしくて、お兄ちゃんが食べてるおやつを食いしん坊のアタシが横取りしたって「もう、しかたないなあ」って譲ってくれる。
そんなアタシたちの仲良しぶりを聞いて、きょう、遠くからお客さんが来たの。
だけど、お兄ちゃんたら・・・。

michi20170516-7.JPG

こたつの奥にひきこもっちゃったの。
アタシのお兄ちゃん、けっこう男らしい顔してるのに、ママ以外はダメな超ビビリなの。
しかたないから、アタシもこたつのなかで、お兄ちゃんに付き添ってあげたわ。あたし、ほんとうは社交的なんだけど。

michi20170516-8.JPG

ママの話では、お兄ちゃん、小さい時、苦労したんだって。
ノラのお母さんと、じめじめした場所で、「ここにいさせてください」ってひっそり暮らしてたんだって。人間に触られたこともなかったみたい。
ママが、2年半前に保護主さんの家に迎えに行ったときも、逃げ回ってたって。
今は、もうママにべったり甘えんぼしてるけどね。

「あれ、こたつのなかに、空ちゃんがいない。どこ行ったんでしょう」と、お客さん。
「ああ、あそこに決まってます」と、ママ。

michi20170516-9.JPG

あーあ、洗濯コーナーの戸棚のカーテンをママにめくられて、お兄ちゃんがアタシに付き添われて、隠れてるとこ、ばれちゃった。
「そこ、ダメって言ってるでしょ」と言いながら、ママはアタシたちを撫でてくれた。
ママは、仕事で疲れてるときや、気分がイマイチの時、アタシたちがいるだけで、いっぱい元気をもらってるって。
アタシたちを家族にしてほんとうによかった、って。

michi20170516-10.JPG

食いしん坊のアタシと、ビビリのお兄ちゃん。
これからも、ママ、よろしくね!

michi20170516-11.JPG



「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

あこがれのサビ猫、柚子ちゃんのまん丸なお目にノックダウンいたしました。(笑)そらお兄ちゃんもとても可愛い子です。♡

by ぺったんの母 2017-05-16 17:18

我が家のそらと名前も性格も似ている、空くんやさしい良いお兄ちゃんですね。良いママさんにも恵まれて本当に良かったです。佐竹さんの写真も文章も本当にいつも暖かく、猫の目線で読めるのでうれしいです。
お陰さまで、ちゃちゃ子が今日、初めての誕生日を迎えました。エイズも白血病も心配なく、可愛いお転婆娘になりました。お兄ちゃんの分も長生きして欲しいです。

by ふみちゃん 2017-05-16 18:13

ゆずちゃん、優しいお兄ちゃんのいる家族と一緒になって良かったね(^-^)優しくて愛情たっぷりのママにも恵まれて本当に良かったね!幸せな姿はみているこちらも幸せになります♪

by とも 2017-05-17 06:54

>ぺったんのお母さま

さび猫さんは、温和で賢い子が多いですよね~ 
けっして同じ柄がないという点も、ものすごく個性的です!

by 道ばた猫 2017-05-17 10:23

>ふみちゃんさん

そうか、ちゃちゃ子ちゃん、もう1歳なんですね~
いっぱいおてんばして、みんなに甘えて、すくすくおおきくなあれ!

by 道ばた猫 2017-05-17 10:26

>ともさん

ふつうの猫のふつうのシアワセ。それが至る所にある世の中が、一番の平和だと思えます。
そら君、9時寝、5時起きのオトコだそうです。カワイイ。

by 道ばた猫 2017-05-17 10:30

こんにちは、いつも温かい文章に心癒されてます。私のお兄ちゃんシリーズは大好きです、笑(*^^*)お兄ちゃんがいない私には少し憧れさえ感じます。

by りんりん 2017-05-18 17:29

>りんりんさん

オス猫が子猫をすぐに可愛がるケースって、けっこう多いんですよね。オス猫にとっては「縄張りにやってきた新入り」、メス猫にとっては「よそのメスが産んだ子」なので、可愛がると決心するまで日にちがかかるのしょうか(笑)。

by 道ばた猫 2017-05-19 07:35