ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2017年05月09日

アタシのお兄ちゃん・・・その1

アタシの名は、ルブ。

michibata230170509-1.JPG

アタシが千鶴子ママに会ったのは、去年の夏の終わり。
ママは、海辺に暮らす猫たちの世話をしていて、その日も、ごはんを運んできたの。
草むらからひょっこり出てきて海辺の猫たちに混じってる、小さなアタシを見つけて、びっくりしてた。
ほら、アタシって、「なんちゃってシャム猫」じゃなくて、「どう見てもシャム猫」だったから。

「捨てられたのね」
そう言われ、連れてってもらったのは、ママのおうち。
海辺では暮らせない病後のや年寄り猫や保護した子猫たちのシェルターになっていて、いっぱい仲間ができたわ。
アタシ、そこでさんざんやんちゃをして、里親さんが現れるのを待っていたの。

10月のある日、東京からアタシに会いに女の人がやってきた。8歳のお兄ちゃんも一緒だった。
お兄ちゃんと、新しく迎える子との相性が、ママになる人には、一番気になることだったから。

「おっきい!」
お兄ちゃんを見て、アタシ、目をまん丸くしちゃった。
でも、ゼンゼン、こわくなかった。
「シャ~」とも「ウ~~」とも言い合わないアタシたちを見て、ママになる人は安心して、アタシをおうちの子にしてくれたの。
ふふ、アタシがやんちゃだってこともよく知らずにね。
その頃のアタシ、今よりずっと色白だったの。目も、ちょっとぐじゅぐじゅしてた。

michibata230170509-2-3.jpg

それが、どんどんガンクロになって・・・

michibata230170509-4.jpg

今じゃ、こんなにガンクロ美人。

michibata230170509-5.JPG

そして、お兄ちゃんと、こんな仲良し! アタシたち、すぐに仲良くなったの。保護っ子同士だし。

michibata230170509-6.jpg

お兄ちゃんは、千葉県の内陸部で野犬のママときょうだいとで暮らしていて、捕獲されて、5~6か月の時、ここにもらわれてきたの。
ママの話だと、「2年くらいはオドオドびくびく、ダメだった」って。
今でも、「ふつうの犬とは、ちょっと違う」らしいの。
きっと、いっぱい怖い思いをしてきたんだね。

だから、お兄ちゃんは、パパとママからこんな素敵な名前を付けてもらったんだ。
「久遠(くおん)」
つらい思いをいっぱいしただろうから、これからはずっとしあわせなように、って。

michibata230170509-7.JPG

アタシも「ルブ」って素敵な名をつけてもらったよ。4文字の略なんだけど、ママが「ひ・み・つ」って。

ママの実家では、犬と猫を飼ってたことがあって、「猫の方が強い」って、ママにはわかってる。
クオンお兄ちゃんも「やれやれ」って思ってるかもしれないけど、でも、アタシ、クオンお兄ちゃんが大好き。

michibata230170509-8.JPG

毎晩、寄り添って、一緒に寝るの。

michibata230170509-9.JPG

えっ、お兄ちゃんが遠慮してるだろ、って?

michibata230170509-10-11.jpg

パパとママとお兄ちゃんとアタシ。ニンゲンと犬と猫だけど、ずっとずっと家族なの。
お兄ちゃんとアタシ、よく似た兄妹って、たまにいわれるんだ。目がそっくり、って。
そう? うれしいな。


michibata230170509-12.JPG


「道ばた猫日記」から書籍が生まれました。

satoyamanoko.jpg
里山の子、さっちゃん
動物たちはやさしく、気高い。助け合い、ともに生きる猫たちの物語。

shiawaseni.jpg
しあわせになった猫 しあわせをくれた猫
フェリシモ猫部の心温まるブログ、完全版として待望の書籍化!


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

いいですね。クオンくんとルプちゃん、仲良しで羨ましいです。我が家の愛犬(ロン)にそらを紹介した時、ロンは大喜びで(おいでよ)と誘ってくれたのに、そらは、断固拒否でした。結局そのままの関係のまま、そらは他界してしまい、一度も仲良くできませんでした。ルプちゃんたちの仲良しな関係はずーっと続いてほしいです。

by ふみちゃん 2017-05-09 16:34

すっごく素敵なお話ですね♡ (目から水がもれちゃいましたぁ〜)
クオン君もルブちゃんも同じ様な環境からの出身で、
偶然にも一緒の幸せを掴んだのはもの凄い幸運でしたね
動物の神様がクオン君とルブちゃんを導いて下さったのかも・・・
優しいパパとママの下でいつまでも一杯甘え元気で幸せな毎日を仲良く凄して欲しいですね
気持ちが優しく温かくなれる素敵なお話、あ・り・が・と♡

by イクラ 2017-05-09 17:02

>ふみちゃんさん

犬はたいてい仲良くなりたがるのに、猫さん次第みたいですね(笑)。うちにも以前、猫大好きの犬がいました。保護子猫にオッパイ吸われてました~

by 道ばた猫 2017-05-09 23:02

>イクラさん

クオン・ルブ兄妹のママに、「面会の時、どうしてクオン君を連れて行ったんですか?」と聞いたら、「家族だから」というお返事が返ってきたのが、とても心に残りました。

by 道ばた猫 2017-05-09 23:05

わぁー!ガンクロ美人さんですね♪甘えられるクオンくんとママさんに出会えて、ルブちゃん、良かったね!!
ほんとにルブちゃん、クオンくん、おめめがそっくりね♪
優しい気持ちになりました。

by とも 2017-05-10 06:52

赤い糸で結ばれていたのですね。どこから見ても兄妹!しかもブルジョアに見えるのは私だけの感想でしょうか???きっとお父さんとお母さんの深い深い愛情が注がれている結果ですね。いいお話でした。

by ぺったんの母 2017-05-10 09:22

度々ごめんなさい。
佐竹さんの文章は本当に楽しくてすごいなぁ!といつも思います♪
「お兄ちゃん」を小学生の男の子と思いながら読んでいると「シャ~」とも「ウ~~」とも言い合わないアタシたち…「ウ~~」…??……ああ、そうか~!でした(^-^)
今より色白で目がぐしゅぐしゅだったというルブちゃん、その頃も可愛らしいですが今はとーっても色黒美人さんで愛情たっぷり受けて幸せいっぱいのお顔ですね~(*^_^*)
シェルターではさんざんやんちゃして……とはどんなやんちゃしていたのかしら(笑)
クオンくんは優しいお顔で、ルブちゃんの優しいお兄さんですね!本当に素敵なご家族ですね♪
心温まるお話を今回もありがとうございました。

by とも 2017-05-11 07:06

>ともさん

ルブちゃんは、シェルターにいるとき、マロンちゃんという名で、もう縦横無尽に飛び回り、誰とでも仲良くしていたそうですよ~ シャムって、運動神経いいのかな?

by 道ばた猫 2017-05-11 08:30

>ぺったんのお母さま

たしかに、愛されてる息子と娘のお顔ですね~
クオン君は、一度も怒ったりうなったりしたことがないそうです。安心できるお兄ちゃんですね!

by 道ばた猫 2017-05-11 08:34