ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

お知らせ

2016年09月29日

フェリシモ猫部は神戸市と提携し、犬猫殺処分ゼロを目指します。

フェリシモ猫部は9月28日、神戸市と「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)を活用した動物愛護支援事業の推進」に関する協定を締結しました。

本日、9月29日(招き猫の日)より、神戸市と「ふるさとKOBE寄附金動物愛護支援事業」を開始し、犬猫の譲渡の促進と、殺処分数の削減を推進いたします。

1609kobe-11.jpg


猫も人もしあわせに暮らせる街「神戸」を目指して


現在日本では、年間約10万頭の犬や猫が自治体に収容され、殺処分されています。フェリシモが本社をおく神戸市では、殺処分を少しでも減らそうと、保護した犬猫をできるだけ多くの新しい飼い主へ譲渡する活動に力を入れています。

現在殺処分は平成16年度の3925頭から、平成27年度は684頭まで減少しましたが、この流れをさらに推進する目的で「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)を活用した動物愛護支援事業」を開始しています。

1609kobe-2.jpg

具体的には、「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)」を財源として、公益社団法人神戸市獣医師会の協力の元、神戸市動物管理センターで行う下記の取組みへの支援を行っています。
1.離乳前の子猫のミルクボランティア、譲渡活動
2.譲渡候補の犬猫の健康管理(ワクチン接種、血液検査等)、不妊手術

1609kobe-3.jpg

フェリシモ猫部はこの取組みを促進し、神戸市の犬猫殺処分ゼロを目指すため、協定を締結しました。

本日9月29日より、「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)動物愛護支援事業」への寄付の返礼品として、猫部の商品を贈るとともに、この活動の認知度を高めるための企画・広報活動を行っていきます。

また、「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)動物愛護支援事業」をPRするための案内物のディレクション、制作をフェリシモが行います。


神戸市の殺処分数の多くは、野良猫の子猫です。
殺処分削減のためには、不幸な子猫を生ませないための不妊手術とともに、自治体に持ち込まれた子猫のミルクボランティアと譲渡活動が重要となります。

ふるさと納税を活用し、この活動を促進することで、猫も人もしあわせに暮らせる街「神戸」、殺処分のない街「神戸」を目指していきます。

みにゃさまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。


⇒ ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)の受付はこちら

⇒ 神戸市ミルクボランティアの詳細はこちら


この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

素晴らしい活動ですね。全国に広がって欲しいです。

by 招き猫 2016-09-29 21:08

ありがとうございます。
殺処分ゼロとは持ち込まれた犬や猫をボランティアが引き出ししてゼロにすることではなく
保健所に持ち込まれる犬や猫がゼロになる状態を目指すのが本当の殺処分ゼロ運動です。
神戸市はまだまだこれからですが
行政と企業とボランティアと一般市民が協力して
数字だけにとらわれない真の殺処分ゼロを目指しましょう!


by たまこ 2016-09-30 20:38

殺処分ゼロのための活動素晴らしいです。私にも何かできることないかと調べていたところこちらのサイトを見つけました。私にもできることを早く見つけて少しでも多くの命を救いたいです。

by 犬猫 2016-10-11 16:47

神戸市フェリシモ本社屋付近の駐輪場や公園に多くの捨て猫がいます。
その捨て猫たちが、心無い人々によっていじめや虐待などの攻撃を受けています。

そして、その攻撃から猫たちを守りたい!との思いで、救済活動されていらっしゃる方々をフェリシモ猫部のみなさまはご存知ですか?

活動内容は、猫のお世話や見張り、猫が増えないように自費での不妊治療や毎日の餌やり、餌やりででたごみの後始末や付近の清掃などで、時間、お金のご負担など、大変頭の下がる思いです。
また、心無い人々からの罵倒や妨害を受け、それらの行為におびえながらも救済活動されています。


by 名無し 2016-10-18 01:53

猫ちゃん、ワンちゃんどんな動物も、穏やかに暮らせる世の中になりますように

by きき 2016-11-06 09:03

早速神戸市に、ふるさと納税しました。
市をあげてこういった取り組みをしてくれる事に感謝します。
飼い主さんが終生動物を大切に育てる事・野良猫にえさを与えるなら、糞や不妊手術をする事など
みんながモラルを守って、人と動物が幸せに暮らせる世の中になってほしいと願います。

by ねこつよし 2016-12-02 10:54

素晴らしい取り組みだと思います!
ですが、動物愛護運動をしている神戸市民の私の知っている実情としては。。。
神戸市の動物管理センターは、殺処分を減らすための積極的な活動をしているとは言いにくいのです。
他県(広島・熊本)のような職員さんばかりだと信憑性もありますが、実際には譲渡への条件に難癖つけて判定落ち(処分)に回しているようです。
私たちの税金の一部が犬猫を処分するための二酸化炭素代に使われるのは堪えられず、他県にふるさと納税しています。
心の優しい、動物愛護に意識の高い皆様の税金が、どうか無駄に使われませんように。

by れおんまま 2016-12-06 14:47

きちんと活動資金になるかどうか正直不透明です。1万円~と言う金額設定もどうかと思います。取り組みとしては素晴らしいのに納税額が高くて断念しました。

by 名無し 2016-12-07 04:49

殺処分ゼロの活動とても素晴らしいと思います。
毎日当たり前のように平和に暮らしている時に捨てられた犬や猫は殺処分されるのを毎日まっていなくてはならないのです。
そんな残酷なことあってはいけないのです。
このサイトに書いてある活動をすこしでも多くの人に見てもらいたいです。

by ちーちゃん 2016-12-14 20:37