ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

猫よん。ブログ

2015年11月25日

映画『猫なんかよんでもこない。』のハチワレ猫"のり子ちゃん"大活躍!

猫部の みにゃさま こんにちは。
映画「猫なんかよんでもこない。」の山本監督のピンチヒッターとして少しの間だけブログ更新を担当させて頂きます、映画宣伝を担当している"JJ"です。よろしくお願いします!

さて今回は、映画『猫なんかよんでもこない。』に出演する売れっ子女優猫の‟のり子ちゃん"が出演した、『4/猫-ねこぶんのよん-』(12月12日公開)についてお話します。
この映画は、「駅猫」をテーマに4人の若手監督が短編作品で真剣勝負したオムニバス映画で、それぞれの作品に四人四様の‟のり子ちゃん"演出があったようです。

nekoyon20151125-1.jpg



①【上田慎一郎監督『猫まんま』の物語】


漫才コンビを組む笑太と美帆子。2人が生み出したカップル漫才の人気も上々で、全国進出のチャンスが巡ってくるが、美帆子はコンビを解散したいと言い出す。そんな時、父の訃報が届いた笑太は、ある決意をする。

★この作品の"のり子ちゃん"は・・・
初めての猫演出に緊張するスタッフの気持ちが伝わってしまったのか、あらぬ方向に走っていったり、駅構内に逃げ込んでしまったりと、駅の関係者も冷や汗をかいていらっしゃいました。「ご機嫌ななめだったんです。西武秩父駅前で緑のネットを敷いて撮影したんですが、改札を抜けて、駅のプラットフォームまで入っていってしまったり、みんなで「追えー」って追いかけましたね。実家でヨンという猫を飼っていて、猫好きなのに。。。」と相当猫演出には苦労した様子。

nekoyon20151125-2.jpg

nekoyon20151125-3.jpg

nekoyon20151125-4.jpg



②【中泉裕矢監督『ホテル 菜の花』の物語】 


秩父の山奥に佇む民宿のようなホテル菜の花。休業中のホテルには、物静かな支配人の織田と、どこか奇妙な三人の男が住み着いていた。そこに、ある事情を抱えた女性がやって来て...。 

★この作品の"のり子ちゃん"は・・・
「走ってしまうシーンがあったが、なかなかいい猫ちゃんだった。トンネル抜けるところも振り返る仕草までしてくれた。いいアドリブを連発してくれて神がかってた。うちの作品が一番猫出てますね!」と中泉監督。

nekoyon20151125-5.jpg



③【早坂亮輔監督『ひかりと嘘のはなし』の物語】 


SF好きの女子中学生ひかりは、「私はあなたの未来の娘です」という嘘メールを、面白半分で見知らぬ相手に送る。すると、ひかりの突飛なタイムトラベル話を信じる男が現れ、2人は未来のためにある行動に出る。

★この作品の"のり子ちゃん"は・・・
「全部いうこと聞いてくれて苦労しませんでしたね。」と早坂監督。

nekoyon20151125-6.jpg



④【浅沼直也監督『一円の神様』の物語】 


生活のためにスリを働く母親の祈々と娘の心々。2人は普通の生活を送ることを夢見て、間借り生活をしながらお金を貯めていた。ある日、捕まりそうになったことを機に、新たな土地で新しい生活を始めるが...。

★この作品の"のり子ちゃん"は・・・
母娘の行く末を象徴する、重要な存在として描かれた‟のり子ちゃん"。登場シーンの数秒を駅のホームで行ったものの、「のり子自体は電車の音にも驚かないし、おとなしくて問題はなかったんですよ。ただ、ワンカットのシーンで、母娘の動きに合わせるのが難しく、カメラが入ってないところで(猫の)トレーナーさんがパッと抱いて離れるっていう、そのタイミングが大変でしたね。」と浅沼監督。

nekoyon20151125-7.jpg

また撮影のあき時間には入れ替わり立ち代りやってくるスタッフにも嫌な顔ひとつせずかまってくれ、器の広さも見せてくれました。
現場でのNG集は作品のエンディングでご覧頂けます。ぜひエンドロールまでお楽しみ下さい。



『4/猫-ねこぶんのよん-』は、12月12日(土)より
テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開いたします!


■『猫まんま』監督:上田慎一郎 出演:三浦誠己 木南晴夏
■『ひかりと嘘のはなし』監督:早坂亮輔 出演:柴田杏花/長谷川朝晴
■『一円の神様』監督:浅沼直也 出演:山田キヌヲ 栞那/朝倉あき
■『ホテル菜の花』監督:中泉裕矢 出演:山中崇 熊澤枝里子
統括プロデューサー:井西政彦 /プロデューサー:冨永威允
企画協力:田部井悟  /特別協力:『猫なんかよんでもこない。』製作委員会
制作統括:デジタルSKIPステーション
配給:東京テアトル
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
©2015 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
2015/ヴィスタ/カラー/94分
公式サイト:www.nekobunno4.com


●映画「猫なんかよんでもこない。」最新情報


スペシャルコラボ決定!!!!
歴史あるプランタン銀座のねこ展と映画「猫なんかよんでもこない。」がコラボすることが決定しました。
会期は12月2日~8日です。12月4日には、兄貴役のつるの剛士さんと山本監督のトークショー、6日は、杉作先生と山本監督のトーク&サイン会を開催します。また期間中、フェリシモ猫部さんとのコラボグッズも販売します。
さらに、さらに期間中"猫グッズ"お買い上げの方全員に、映画「猫なんかよんでもこない。」の特別試写会の応募用紙を進呈します!
これは行くしかないですね!

プランタン銀座のねこ展:
http://www.printemps-ginza.co.jp/shopinfo/event/151202_cat_fair/


写真

猫よん。ブログ ライター紹介

山本さん

1969年、東京生まれ。山崎貴監督をはじめ数多くの監督に師事。05年に映画『幸せになろうよ』で監督デビュー。 主な監督作に『キズモモ。』(08)、『グッモーエビアン!』(12)、『YOSHII CINEMAS』(13)など。 最新作に、藤原竜也主演映画『探検隊の栄光』(10/16公開)、演劇集団 UNCHANGED旗揚げ公演 「In the Sky with☆ダイアモンド」の監督・脚本も手掛ける。(9/30~10/4 @劇場HOPE)

カテゴリ: 猫よん。ブログ

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!