ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2015年11月10日

2週間のおとうと

ボク、丘の上にある庭園美術館の通い猫、虎之介。週末の開館日だけ、美術館のお手伝いをしている絵描きのママの車で出勤してくるんだ。

michibata20151110-1.jpg

10月のある土曜日。
ボクが広いお庭でカマキリをおちょくったり、

michibata20151110-2.jpg

マツボックリ集めをしたり、

michibata20151110-3-4.jpg

木登りしたりしてひとり遊びしていたら、キャリーケースを下げた人がやってきたんだ。

michibata20151110-5.jpg

美術館でいちばんの古株猫ミーおばさんとボクは、すぐに中身を点検に行ったよ。だって、キャリーからは知らない猫の匂いがしたんだもん。

michibata20151110-6.jpg

やっぱり。中には、チビがいた。
そいつは、よその町の学校の体育館そばに捨てられていたんだって。
捨てられて拾われて、はるばる知らないとこに車で連れてこられたから、どんよりして固まってた。

michibata20151110-7.jpg

ひとまず「シャ~ッ(ちびっこいの、ここはボクの縄張りだ)」ってカツをいれてやったさ。
サロンでキャリーから出されたチビは、テーブルクロスの下に隠れて寄る辺なさそうにしていた。

michibata20151110-8.jpg

それを見てたら、思い出したんだ。もっとチビだった元ノラのボクが、春に里親探しのためにここへ連れてこられたときのことを。
不安でたまらなかったボクの面倒をせっせと見てくれたのは、モミジロー兄ちゃんだった・・・。

チビは、ボクと一緒におうちから週末に美術館に通って、里親を探すことになったよ。
「やってきたときはひどいご面相だった虎之介でもおうちがみつかったのですもの。この子ならすぐに決まるわ」なんて失礼なことを、館長さんは言ってた。ひどいご面相って何だよう。
その晩、ボクは、チビのそばで一緒に眠ってやった。モミジロー兄ちゃんがしてくれたようにね。

michibata20151110-9.jpg

次の日。美術館に着くや、ボクはチビに言った。「ボクについてこい」。

michibata20151110-10.jpg

チビはボクの後をついて、大喜びで芝生の上を走り回ったよ。
木登りも教えてやった。バッタも追いかけた。縁の下探検もした。

michibata20151110-11.jpg

一緒に飛行機雲も眺めた。全部、モミジロー兄ちゃんとやった楽しいことだった。

michibata20151110-12.jpg

チビは「お兄ちゃん、お兄ちゃん」ってどこにもついて回った。
ボクたちはおうちでも美術館でも、転げまわって一緒に遊び、遊び疲れて重なって眠った。
チビがやってきてちょうど2週間たった日曜日、またキャリーをさげた家族が美術館にやってきた。こんどは、キャリーは空だった。
東京からやってきたその一家は、前の日にチビを見に来てチビのことがとってもとっても気に入ってたんだ。
だって、チビは、ここでボクとのびのび遊んで、誰からも「まあ、なんてカワイイ」って言われる猫になっていたから。
チビはキャリーに入れられた。

michibata20151110-13.jpg

館長さんは、しゃがんでボクの目をじっとのぞきこんだ。そして、ひと言ひと言ゆっくりと言い聞かせた。
「虎之介。2週間チビの面倒を見てくれて、ほんとうにありがとうね。とってもいいお兄ちゃんだったね。チビは新しいおうちで可愛がられてしあわせになるんだよ。お別れをしようね」

うん。ボクはもう7か月の男の子だい。めそめそなんかしない。だから、キャリーの中のチビに心のなかでそっと「さよなら」を言った。
この夏、モミジロー兄ちゃんが急にいなくなった後、わけがわからず、ボクが鳴きながら探し回っているのを見て、みんな涙ぐんでいた。館長さんは、だから、ボクが納得するよう、ちゃんとチビとのお別れをさせたんだ。
チビの匂いだけが残った。

チビがいなくなった庭で、ボクは、気を紛らわせるため、むちゃくちゃに走り回ってカラスに追いかけられた。そのあと長いこと、むきになってモグラの巣穴掘りに熱中した。肩まで入るほど深く、みんなが呆れかえるほど深く。
鼻先が土だらけのボクを見て、いつもボクの写真を撮ってる人が言ったよ。
「さびしくなったね。でも、虎之介、この2週間で急にオトナっぽい顔になったよ。モミジローみたいにやさしくていいオトコ。みんな虎之介のことが大好きだよ」

michibata20151110-14.jpg

チビは、「茶太郎」という名になって、おじいちゃんとおばあちゃんと3人の子どもがいる7人家族にものすごく可愛がられて、やんちゃしてるってママが言ってた。
都会暮らしのシティ―ボーイになったチビは、ボクと一緒に走り回った2週間を、ふっと思い出すこと、あるのかなあ。

michibata20151110-15.jpg

しあわせに元気で暮らすんだよ。2週間の、ボクのおとうと。


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

虎之介君、本当に大きくなりましたね✨いいお兄ちゃんぶりを発揮して、モミジロー君の優しさをしっかり受け継いだんですね。モミジロー君もきっと、天国で喜んでいることでしょう。

by ふみちゃん 2015-11-10 12:40

素敵な写真入りのブログ、ありがとうございます。虎之介くんと茶太郎のお別れの日を思い出して泣けました。
庭園美術館の広々としたお庭からしたら狭い家ですが元気に走り回っている茶太郎です。昼間はお留守番ですが家族が帰って来ると出迎えてくれます。みんながご飯を食べていると欲しがってテーブルに上がって来ましたが、最近は覗くくらいになり、膝にゴロンと横になって甘えています。寝るときはパパの腕枕です。みんなに可愛がられてやんちゃしてます。もう少ししたら虎之介くんや皆さんに会いに行きたいです。

by 茶太郎のママ 2015-11-10 21:26

さみしいなあ(。´Д⊂
でも、猫は可愛がられるのが一番の幸せ。
いつか二人が再会できたら素敵ですね。

by こたろ 2015-11-10 21:32

虎之介くん、モミジローくんみたいな頼れるお兄ちゃんになったんですね。
ふたりが一緒にいる写真はどれもとても素敵です。 
写真も素敵ですが心が温かくなる文章がすごく好きです。

今日のは泣いちゃいますね。。茶太郎くんが幸せになって本当に良かったです。

by さりゅ 2015-11-10 22:42

虎之助くんの気持ちが切なくて頼もしくて優しくて…
ぽろぽろ泣けてしまいました。

茶太郎くんも素敵な家族に迎えてもらってしあわせそうですね。

毎回、佐竹さんの写真と文章に愛情を感じます。

by よーこ 2015-11-10 23:41

>ふみちゃんさん

そうなんです。やんちゃなところも、じつは愛情深くてやさしいところも、モミジロー譲りです。
どんどんイケメンになってきました。先日、シッポの毛を、コノキ画伯が芸術的に整えたそうです(笑)。

by 道ばた猫 2015-11-11 01:22

>茶太郎ママさん

茶太郎を家族に迎えてくださって、ありがとうございます! あの子は、天真爛漫で賢くいい子です。パパの腕枕で寝てるなんて、しあわせだなあ~。 美術館での再会、ぜひ、実現してください! チビにモグラの巣穴掘りを教えそこなった、って虎之介君が言ってましたから(笑)。

by 道ばた猫 2015-11-11 01:27

>こたろさん

そうですね。いい里親さんが見つかるのが最善で、何よりのしあわせと思います。
「チビはしあわせになるんだよ」と言い聞かされた言葉を、虎之介はちゃんと理解したのだと思います。

by 道ばた猫 2015-11-11 01:35

>さりゅさん

私も、ピンボケですが、最後のふたりが追いかけっこをしてる写真が自分でも大好きなんです。体じゅうで、いまここに、生きてる喜びをあらわしてますよね~ 

by 道ばた猫 2015-11-11 01:43

>よーこさん

ありがとうございます。なんせ、猫への愛情には年季が入ってます(笑)
ねことすぐ友だちになれる子でした。いまでもそうなので、写真撮りやすいです。

by 道ばた猫 2015-11-11 01:46

>みなさま

房総・小見川市民センターでは今週の土日(14・15)に開かれる「ネッコワーク展」で、虎之介の木登り雄姿写真が見られますよ。虎之介たち9匹の猫のいる今月の松山庭園美術館の催しは猫の絵です。お近くの方はぜひ。

by 道ばた猫 2015-11-11 01:53

私も今年の6月に訪れた松山庭園美術館のお話には、毎回涙してしまいます… でも猫愛が満ち溢れた文章のおかげであたたかい感動を味わっています!
虎之介くんは、身もココロもモミジローくん
生き写しとなって、人々を幸せな気持ちにしてくれているんですね。見事な紅葉の中、元気に走り回っている姿を見に行きたいと計画中です。

by ケロ 2015-11-11 19:15

追伸: 虎之介くんと茶太郎くんの写真、どれも本当〜にステキですね☆ 木登り、もぐら掘り、追いかけっこ…どれもステキすぎて甲乙つけられません‼︎

by ケロ 2015-11-11 19:19

>ケロさん

虎之介の小さい時をご覧になったのですよね。モミジ郎くんは投げ捨てられたトラウマがあったらしく、お客さんがいると隠れてしまっていました。いま、紅葉が始まって庭園は素敵です~ ぜひ!

by 道ばた猫 2015-11-12 00:05

はい、虎之介くんは里親募集中の子猫たちより一回り大きく、やんちゃ盛りで可愛かったです。
これからもブログを楽しみにしています‼︎

by ケロ 2015-11-12 23:36

虎之介くんも茶太郎くんもモミジ郎くんも、いじらしくて可愛くて、今週も泣いてしまいました。みんな、良い家族に巡りあって良かったです。どうしたら佐竹さんの様に、猫ちゃんの気持ちが分かるようになるのでしょうか。写真に付いている文章があまりにもぴったりで、まるで猫ちゃんたちが話している様です。私は未だに(彼此2ヶ月になりますが)、何を言いたいのか、どうしたいのか、良く分かりません…

by 佐藤 眞弓 2015-11-14 20:19

モミジローくんが虎之介くんに、虎之介くんが茶太郎くんに、たくさんの幸せな時間を教えてくれたように、いつか茶太郎くんも誰かにその深い愛を繋いでいってくれるのだと思います。
その相手がニャンコでもワンコでも人だとしても。
虎之介くん、素敵なお兄ちゃんですね。
みんなに愛されてこれからも幸せに暮らしてくださいね。

by Laniママ 2015-11-15 01:40

>ケロさん

じつは・・・虎之介は私の友人が

by 道ばた猫 2015-11-15 02:33

>ケロさん

すみません。途中で送信になってしまいました。続き・・友人が都内で保護した目ヤニノミだらけの子猫で、美術館に持ち込むときも立ち合ったので、ちょくちょく館に会いにいっているんです。モミジ郎のおかけでいい子に育ちました!

by 道ばた猫 2015-11-15 02:37

>真弓さん

年季です(笑)。まあ、勝手に猫の気持ちになって書いているのだけれど、そんなに食い違っていないと思います~ なにせ前生はノラ猫ですから。

by 道ばた猫 2015-11-15 02:41

>Laniママさん

ラニちゃんも、血のつながってないルナ母さんに愛情を注がれて育ったんですものね。愛された記憶が誰かを愛する土壌になる。そうやってみんなが繋がっていきたいですね~ 猫も犬も人間も。

by 道ばた猫 2015-11-15 02:46

虎之介くんと、茶太郎くんの上を見上げてる写真が可愛すぎて胸がキュンとしちゃいました・・。とっても良いお兄ちゃんに成長してる虎之介くんが・・・(泣)小っちゃい子をちゃんと面倒みてくれるんですよね~。自分を面倒みてくれた先輩猫さんと同じように・・。茶太郎くんもきっと虎之介くんのこと、忘れないと思います!ホント、二匹とも可愛すぎる~~(泣)

by りんりん 2015-11-15 10:53

人間社会においても、なかなか成し難い行為を虎之介君は見事に行いましたね。
思わず涙ぐんでしまいました。
ちなみに「虎之介」は、豊臣大名の加藤清正の元服前の名前と同じです。
清正は勇猛な武将なれど、家臣への労りは非常に深かったと伝えられています。
虎之介君も加藤清正と同様に、本当に労り深い猫さんですね!
感動いっぱいのお話をありがとうございます!

by せるじお 2015-11-16 00:12

>りんりんさん

ふたりの仲良しぶりに、館長さんも虎之介ママも離しがたい思いがあったのですが、よい里親さんがみつかれば、それが第一と考えていらっしゃいました。そう、茶太郎くんはお兄ちゃんのこと、忘れませんね!

by 道ばた猫 2015-11-16 02:09

>せるじおさん

そうなんですか! 清正公の元服前の名と同じとは。いまも熊本の人たちに敬愛されている清正公は、心ある治世をしたのでしょうね。美術館の虎之介ももうすぐ元服(去勢手術)だそうです。

by 道ばた猫 2015-11-16 02:15

佐竹さんと虎之介くんはそんなステキなご縁だったのですね〜! 茶太郎くんが虎之介くんと皆さんの愛情で可愛らしいお顔になったのが感動的でした。
今度の連休中に美術館へ行くつもりです。大きくなった虎之介くんに会いたいです❤️

by ケロ 2015-11-18 00:00

仕事中に読んでしまい不覚にも泣いてしまった
虎之介
お兄ちゃんになったね

by 虎之助 2015-11-20 16:53

>ケロさん

きのう、金曜、雨の中美術館に行ってきました。
またまた、美術館には…(笑)。

by 道ばた猫 2015-11-21 09:07

>虎之助さん

虎之介、モミジローがいなくなった時もいっときそうでしたが、チビがいなくなったあと、さびしがり屋になって、ママの腕にしがみついて甘噛みしたりするそうです。猫って、人間が思う以上にずっとナイーブなんですね~

by 道ばた猫 2015-11-21 09:10

今日(土曜日)の夕方、美術館に行ってきました!1日すれ違いで残念です

by ケロ 2015-11-21 20:05

(途中で送信してしまいました)
はい、画伯夫妻もモミジローくんそっくりとおっしゃる可愛い子が^_^
虎之介くんたちにも会え、画伯夫妻とたくさんお話出来て、今回も素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
佐竹さんのブログのおかげです。ありがとうございました!

by ケロ 2015-11-21 20:10