ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2015年07月14日

めいちゃんのお気に入りの枕

めいちゃんは、2歳。
農家のコなので、寝場所といえば、父さんの膝やお腹の上のほか、土の上、草の上、わらの上、農具の上・・・とあちこちにあります。
だけど、お気に入りの枕といったら、これ!

michibata150714-1.JPG

知弘父さんのてのひらです。
畑仕事で日に灼けた働きものの手は、クッションがほどよいかたさで、めいちゃんの頭がすっぽりおさまります。「めい~」と手を差し出されたら、すぐさまころっと頭を乗せてしまうめいちゃん。
だって、大好きなこの手は、捨てられていためいちゃんを助けてくれた手なのです。

michibata150714-2.JPG

2年前の8月。築60年の民家を借りて知弘さんはこの村に暮らし始めました。カンボジアへのNPO出向で農業に携わり、帰国後は有機農場で研修を積んだ後、自分で有機農法の農園を持つ夢を実現したのです。結婚したての奥さんのめぐみさんは当時都内で仕事をしていたため、まだ同居していませんでした。
農村に単身引っ越してひと月もたたない頃、知弘さんが農園に出かけようとすると、みゃおみゃおと子猫の声が。庭先に子猫姉妹が捨てられていたのです。

michibata150714-3.JPG

困りはてた知弘さん。猫を飼う余裕なんてまだないし、おまけに夫婦そろって猫アレルギー。
だけど、人恋しげな様子をほっとけずに、里親が見つかるまで納屋で面倒を見ることにしました。そのうち、1匹がもらわれていき、残ったのがめいちゃんです。
めいちゃんは、何とかして家の中に入ろうともう必死。縁の下から土間の小さなすきま経由で家の中に侵入したのち、ネズミ取りの粘着テープに引っかかって大絶叫の大あばれ。

michibata150714-4.JPG

洗ってもらったものの、ベタベタがとれず、しょげかえっているめいちゃんの姿に、もう飼ってやるしかないな・・・と、すっかり情の移ってしまった知弘さん。同居を始めためぐみさんの賛同も得て、晴れてめいちゃんは家猫になったのでした。

michibata150714-5.JPG

かまってちゃんで人間好きなめいちゃん。母さんも大好きだけど、やっぱり父さんはトクベツみたいです。

「めいが来てから、作物のネズミ被害がパタッとなくなりました。ちゃんと働いて、恩返ししてくれてます」と、知弘さん。

michibata150714-6.JPG

「猫の額」ほどの「めいの畑」も庭先に作ってもらいました。今はシソが青々繁っています。

          michibata150714-7.JPG

「めい~」と呼べば、パトロールちゅうの畑のなかから現れ、どこへでもついていく甘えん坊のめいちゃん。

michibata150714-8.JPG

めぐみさんは、帰国子女の都会育ちで、虫が苦手。虫がいっぱいの農村ぐらしは慣れないことも多く、町へ戻りたいと思うこともたびたびだったそうですが、「めいがいたから、やってこられました。お隣さんもいいひとだし、村じゅうでめいをかわいがってもらってます~」と、もうすっかりなじんだようです。

ついこの前、めいちゃんは2日間、行方不明に。村の人がみんなで心配してくれ、「猫なら他にもいくらでもいるから」と慰めてくれる人もいたそうですが、もちろんめいちゃんしか考えられないふたりにとって、めいちゃんへの愛を再認識した2日間でした。

michibata150714-9.JPG

近隣の保育園で栄養士として働くめぐみさんの夢は、いつか、知弘さんの育てた野菜料理も出すカフェを開くこと。めいちゃんの看板猫ぶりが見られるのも、そんなに遠くはないかもしれません。
ところで、ふたりの猫アレルギーはというと、こまめに室内の空気を入れ替え、掃除をすることで収まっています。はじめは、寝室には入れなかったのですが、めいちゃんは扉の開け方を覚えてしまい、鍵を閉めると、扉の外で鳴き続けるので、根負けして、今では一緒に寝ているそうです。

おみやげに、ファームの野菜をどっさりいただきました。

michibata150714-10.JPG

めいちゃんと同じく青空の下で可愛がられてのびのび育った野菜たちは、みずみずしく、野菜本来のほんのりした甘みがあって、思わず口から「おいしーい」がこぼれ、しあわせな気持ちにしてくれました。

michibata150714-11.JPG

印西市「さおとめファーム」は店舗はありませんが、採れたての無農薬有機野菜を毎週または隔週の宅配をしています。


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

メイちゃんお生い立ちは大変だったと思いますが、今のめいちゃんの環境はとっても素敵すぎますね!猫アレルギーにもかかわらず家族になってくれた若いお2人!めいちゃんのお顔が物語っていますよね・・。こんな空気のきれいな所で一緒に夢をかなえようとしているお2人とめいちゃん、いつまでも
仲良く・・猫アレルギーもめいちゃん免疫で消えちゃえば良いですね!

by りんりん 2015-07-14 11:49

お二人に顔周りを触られアゴをカイカイされてる写真ステキですねぇ。
めいちゃんとてもうれしそう。
そしてお二人もホントにうれしそうな笑顔。
見てるこちらも思わず笑顔がこぼれてしまいます。
うだるような暑さの中で最高の一服の清涼剤になりました。(*^_^*)

by 才蔵 2015-07-14 17:59

>めいちゃんと一緒に捨てられてたコも、ご近所でのびのび暮らしているそうですよ。
この日は、洗ってもらいたての真っ白なめいちゃん。メイ、と刺繍してあるめぐみさん手作りの赤い首輪が似合ってました!

by 道ばた猫 2015-07-15 01:05

>才蔵さん

この日(先週土曜)は、30度越えのピーカンの日。それなのに、「爽やかな一日だった」と思えるのは不思議。きっとお二人の笑顔と、めいちゃんの可愛さと、村の風景のせいでしょう。

by 道ばた猫 2015-07-15 01:08

メイちゃんきゃわわで、顔が緩みっぱなしです^ ^
子猫メイちゃんの必死なアタック、想像するとかわいいけど、生きていくために必死だったんだな〜と切なくなりました・・
でも今は猫も人間も幸せで言うことないですね^ ^
わたしもこんな環境で猫と暮らしたいです〜

by akiko 2015-07-15 08:24

3人で写っている写真、なんと幸せそうなんでしょう~*
しっぽをピンと立てて近寄った写真、この後きっとお父さんの足の間をクルクル歩いたんだろうな♪
広い畑で呼んだら飛んで来るめいちゃん、お父さんお母さんのこと大好きなんですね!
ここでカフェが開かれたら素敵だなぁ~。
 絶対にみんなが笑顔になれますね!

by りょう 2015-07-15 08:43

>akikoさん

猫って、「猫を飼ったことがない」とか「猫アレルギー」とか関係なしに、運命の飼い主を見分けますからね~ 賢くていちずなめいちゃん。福猫まちがいなし!

by 道ばた猫 2015-07-16 00:14

>りょうさん

おひさまと畑と猫がいるカフェができたら、本当に素敵ですね~。
みんな笑顔になって元気になりますね。めぐみさんの夢、みんなで応援しましょう~

by 道ばた猫 2015-07-16 00:18

かわいいですね♪ 家族になれてほんとに良かったですね~ ベタベタネズミ取りに保護された(!?)ときは、赤ちゃんが使うベビーオイルで撫でてあげると、サラサラヘア(!)に戻るんですよねー(*^O^*) うちの愛猫も懲りずに何度も身動きとれなくなってました! 懐かしい(笑) 猫アレルギーに負けずに大事な家族とのシアワセな笑顔を過ごす写真に癒されました。ありがとうございました(^^)/ めいちゃん、これからも素敵な枕をたまに毛繕いして大事にしてね♪

by へたにゃー 2015-07-19 07:16

>へたにゃーさん

ネズミ取りのベタベタにはベビーオイル! 懲りずに何度も、って同じ猫がですかあ?好きです、そういう猫(笑)。先日、とある喫茶店に行ったらママさんがこんな話を。2匹の子猫を育てているノラ母さんが、仔猫一匹と並んで、ふだんは来ない厨房のほうに「うにゃうにゃにゃ~~」と必死に訴えに来たそうです。ついていくと、もう1匹の仔猫がネズミ取りにからめとられていたとか。ベタベタには、小麦粉をまぶしたと言っていました。

by 道ばた猫 2015-07-21 00:23

捨てられていたのに人間が大好きって、その度量の広さに感服です。
そして2人と一匹のなんてしあわせそうな表情!のびのびした環境でだいすきなおとうさんとおかあさんにいっぱい甘えていっぱい福を呼んでね。めいちゃん。

by あずたん 2015-07-21 15:12

キレイな写真と素敵な文章を書いてくださり、ありがとうございます。うちの野菜も載せて下さって嬉しいです。めいも喜んでます!

by さおとめ 2015-07-21 21:21

>あずたん

猫は人間よりずっとずっと器が大きく、シンプルで、純情だと思います。
そんな生き物がそばにいてくれるのは、素晴らしい幸福!!!
めいちゃんのお父さん、お母さんもとてもいい笑顔でした。

by 道ばた猫 2015-07-22 09:20

>さおとめさん

ファームブログの、めいちゃんへのインタビューコメントと、オチに大笑いしました。
めぐさんのツイッター「農家のめいちゃん」も楽しいですね!
今日は、1回目の野菜が届く日。楽しみにしています~

by 道ばた猫 2015-07-22 09:27

めいを紹介して下さってありがとうございました。

初めて田舎へ引っ越した時、心細くて何度も都会に戻りたいなぁと思ったけれどやっぱりめいがいたからここで頑張ろうって思えました。

青空のもとのびのびといつか夢を形にしていきたいなと思います。

こんなにも応援してくださる方がいるなんて!とっても励みになりました。

まさに猫が幸せを連れてきてくれました。

by めぐ 2015-07-22 12:54

運命の出会いと言うのでしょうか。一途なメイちゃんとそれを支える、そして支えられてるさおとめファミリー。せちがらいニュースの多い昨今。なんだかほっこり、優しい気持ちになりました。いつまでも三人?でお幸せに!

by アイリーン 2015-07-22 20:59

>めぐさん

今日届いた、宅配第一回のめい父さん丹精の野菜、とっても美味しく、元気を補給してくれてます。
元気と言えば、めいちゃんにも、お二人の笑顔にも元気をもらった取材でした。心から感謝です。

by 道ばた猫 2015-07-23 00:22

>アイリーンさん

猫っていつも、人間が注いだ以上のものを返してくれますよね。
こっちが「飼う」って決める前に、とっくに「ここにいてあげる」って決めてるんだと思います(笑)。

by 道ばた猫 2015-07-23 00:30