ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2015年05月26日

美術館は猫だらけ

千葉県匝瑳(そうさ)市にある、画家・此木三紅大(このきみくお)さんの個人美術館「松山庭園美術館」で毎年開かれている「猫ねこ展」が、今年もにぎわっています。

全国から集まった作家たちの猫作品が300点近く。
そればかりではありません。猫好きにとってたまらないのは、庭にも館内にも、自由に猫たちが歩き回っているという風景。猫たちは捨てられて保護された猫たちです。

michibata0526-1.JPG

猫椅子(此木画伯の作品)の上で転がって出迎えてくれたのは、モモちゃん。3年前、猫展の会期中に駐車場に捨てられ、保護された子です。 翌年、猫展の会期中に持ち込まれた5匹の仔猫の母親を引き受け、立派に育て上げてくれました。

michibata0526-2.JPG

芝生の上で可愛い大あくびをしているのは、黒豆ちゃん。モモちゃんに育ててもらった子です。こう見えて、女王様キャラの野生児なんですって。

michibata0526-3.JPG

館内でくつろいでいるのは、キンタローくん。接客係にうってつけのフレンドリーな猫です。

michibata0526-4.JPG

サロンでは、お客さんの少ないときは、こんなふうに猫たちがまったり。
猫たちと遊びながら、猫好きたちの猫話はくめども尽きません。

michibata0526-5.JPG

あっ、作品をカジカジしている破壊主義の猫さんが! 自分の作品を噛まれても「しようがないなあ、モミジローは」と苦笑している館の主の此木画伯は、猫になりたくてたまらないくらい「自由と猫を愛する」 画家なのです。
モミジローくんは、まだ1歳のやんちゃ盛り。去年の夏、猫展が終わった後に、美術館前の茂みに捨てられていました。

michibata0526-6.JPG

片足をひきずって、寄る辺ない表情をしていた幼いモミジローを、舐めてやったり遊んでやったりと、何くれとなく面倒を見たのは、若いオス猫のうーちゃん。モモちゃんと同じく3年前に、ここに持ち込まれた 捨て猫でした。

michibata0526-7.JPG

おや、今年もまた新入りが・・・。

michibata0526-8.JPG

凛々しい顔立ちをした黄色の男の子です。
都内で4日前に保護されたばかりのノラの3きょうだいで、相談を受けた館長の此木夫人が「3匹つれてらっしゃい」と、里親が見つかるまでの一時預かりを引き受けてくれたのです。

michibata0526-9.JPG

やってきたときは、ノミだらけで、目はぐちゃぐちゃの3匹でした。
洗ってもらって、目薬や風邪薬で、みるみる可愛くなりました。

michibata0526-10.JPG

キジトラの兄妹2匹は、愛猫を亡くしたばかりの地元の人にさっそくもらわれていき、黄色のこの子も里親が決まり、「虎之介」という名前をもらったようです。(会期中は館にいます)

めでたしめでたしの、保護猫持ち込まれ騒ぎでしたが・・・まだこれで一件落着ではありませんでした。 おとといの日曜夜、またまたノラの子3匹が保護されて館に持ち込まれたのです。

michibata0526-11.JPG

虎之介の面倒をせっせと見るようになっていたのは、なんと「悪童」のほまれ高き、モミジロー。そのモミジローが、新入り3匹のチビたちの面倒もよく見始めました。
モミジローがチビたちを舐めてやるのを見習うかのように、まだ幼い虎之介もチビたちを舐めてやる光景も。 「モミジローはほんとうはやさしい子だったんだねえ」と周りを驚かせ、、モミジローくん、一気にオトコを上げました。

猫たちが、誰に教わったわけでもなく、頼まれたわけでもなく、順送りに自分より幼いものを慈しむ愛情を持ち合わせている姿は、一日じゅう見ていたいくらい微笑ましいものです。

美術館は、猫だらけ。ただ今、総勢12匹で、猫好きたちを迎えます。
30日土曜日には、浦安の猫実珈琲店さんの出店もあります。
「猫ねこ展2015」は、6月28日まで。(金・土・日のみ開館)
猫たちや猫作品に会いにぜひ。仔猫3匹は里親募集中です。

michibata0526-12.JPG


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

下から二番目の写真、子猫たちがごねごねしてて可愛すぎます!
猫が一匹いる美術館は結構ありそうですが、こんなにたくさんいるなんて、猫好きには堪らないですね^ ^
行きたいな〜(=^x^=)

by akiko 2015-05-27 08:11

サロンの椅子に1ニャンずつ寛いでる光景は奥の台にいるニャンが議長でみんにゃで優雅な猫会議してるのかな?
空いてる席に私も混ざりたいっす。(笑)

by 才蔵 2015-05-27 18:46

>akikoさん

3チビが運び込まれて10分後の写真なんですよ。すぐに、こんなに先輩たちに(1匹はたった3日の先輩)遊んでもらえて幸せですね~

by 道ばた猫 2015-05-28 01:16

>才蔵さん

国会と同じく、居眠り議員が多いですけどね(笑)。
猫展以外の展示の時はそんなに混んでいないので、私はよく混ぜてもらいます。

by 道ばた猫 2015-05-28 01:19

モモちゃん、うーちゃん、新たに保護された仔猫ちゃん達をお世話しながら
穏やかな日々を過ごしているのですね(~O~)/
みんな、とってもいいお顔して、本当に幸せなんですね。
里親募集中の子にも良い出会いがありますよ~に♪

by りょう 2015-05-28 10:53

先日はお疲れ様でした~♪゚*。(b・∀・b)。*゚
虎之介の動画をFacebookにupしましたので、良かったら見て下さい。

by 花澤 三津子 2015-05-28 20:32

>りょうさん

そうなんです。ここの子たちは、みんな個性的で、のびのび、いい表情。
3チビたちも、会期中に里親さんがあらわれますように!!

by 道ばた猫 2015-05-29 01:48

>花澤さん

童画拝見。わあ、すっかり「花澤虎之介」として安心しきった顔になってますね~ 
かぎ尻尾で、花澤家にいっぱい笑顔と幸せをもたらしますように。
猫展会期中には美術館で会えますね? 保護主さんと一緒に会いに行きま~す。

by 道ばた猫 2015-05-29 01:54

なんてたのしい。
美術館の居間の椅子の写真は、猫審査員たちでしょうか?
なんてやる気のない仕事ぶり。
「この絵はちょっとねーむにゃむにゃ」
「こちらは傑作と言うか、にゃごにゃご、ぐーぐー」


うーちゃんがもみじろーに
よくよく言い聞かせている写真には、笑いが。
「いいかいモミジロー。きみはもう、おにいちゃんなんだ。
いつまでも甘えてちゃいかん。わかったかい?」
「う、う、うん」
肩に置かれたうーちゃんおじちゃんの手がおもくてあったかいなあ。
とモミジローは思ってたかも。

猫って、たのしくて絵になって、誇り高いなあと
改めて思いました。
茉莉子さんの猫目カメラワークも冴えわたってますね!

by あずみん 2015-05-29 10:43

>あずみんさん

ほんとうに、猫ほど眺めていて飽きないものがあるでしょうか。
どんな名画も、ずっと見ていれば飽きるけれど(笑)。
ちなみに、このサロンにかかっているのは、青木忠などそうそうたる画家の絵なのです。

by 道ばた猫 2015-05-30 00:30

わ、わ。そんな名画をちゃかしてごめんなさい!!

by あずみん 2015-05-30 08:40

美術館の猫たち、元気にすくすく育ってますね~♪ 多頭飼いになってから驚いたのは、いつも末っ子が新しく来たチビ猫のお世話をすること。順送りに、ほとんど例外なく!ルールがあるのかな(笑)
わたしも今年は 8匹の子猫たちの里親探しをしましたが、順調に里親さんが決まりほっとしたところです。美術館の猫たちも良い里親さんに巡り会えますように~♪ 子猫たちが遊ぶ姿はいつまでも見ていて飽きませんね~♪ 元気をもらえます! 

by ruineko 2015-06-01 15:46

初めまして、先日、千葉県富津市金谷町にあります。カフェエドモンズ マスターから紹介して頂きました。ものです。
千葉にはこんな素敵な美術館?あるのですね。
私の家の子も、殆ど、近所の野良ちゃんの子供や、頼まれて里親になった子達です。中には大人になってからの子もいますが、現在12匹みな仲良く喧嘩もしますが、暮らしています。

いつか、佐伯様とカフェエドモンズでお目にかかれますように

by 坪田智美 2015-06-01 23:19

>ruinekoさん

毎年やってくる仔猫の季節。ruinekoさんはじめ、いろいろな方の奔走で救われる小さないのちもたくさん。本当にありがとうございます。今年も8匹。お疲れさまでした。みんなしあわせになあれ!

by 道ばた猫 2015-06-02 09:23

>智美さん

エドモンズは、とっても居心地の良いカフェですね~ 
きっときっと、遠からず、智美さんとマスターとで、猫話を。楽しみです。

by 道ばた猫 2015-06-02 09:28

猫ちゃんの美術館こちらにも行ってみたい(≧∇≦)b
家にも沢山下りますが、やはり外で出逢う猫ちゃんはまた違いますね。

いつかお目に掛かれる日を楽しみに致しております

by 坪田智美 2015-06-07 14:30

>智美さん

アプローチのあまりの田園風景に、はじめての訪問者はびっくりするでしょうが、たっどり着いただけの喜びが待っています。また3日前に保護仔猫2匹が加わり、子猫たち6匹もの面倒をモミジロー君がせっせと見ています。

by 道ばた猫 2015-06-09 11:18