ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。

道ばた猫日記

2013年09月10日

ママがいっぱい

 「また 新しい仔猫がやってきたの。会いにきてね」と、5日前、房総の里山カフェ・ダムのマリコさんから電話がかかってきました。
 この猫日記でもついこの前「猫大好き!!犬  ハッピー」でご紹介したように、ダムにはすでに18匹の猫がいます。えーっ、また、仔猫ですって?
 「ノラ母さんから置き去りにされて、一昼夜野ざらしのところを、うちに持ち込まれて引き受けたのだけど、まだほんの赤ちゃんなの。サチとウブとハッピーがさっそくお母さんを交代でやっているのよ」
 
 安楽死を逃れてここにもらわれた半身不随のオス猫サチオことさっちゃんは、先輩猫たちや、猫が大好きな元ノラ犬ハッピーに育てられました。ウブちゃんは、はぐれ仔猫のとき、裏山からハッピーにくわえられてダムに連れてきてもらい、さっちゃんやハッピーを「育ての母」として大きくなったキジトラの雌猫です。
 
 またまた1匹増えたことにもびっくり!だけど、ハッピーや猫たちが、まるで自分たちが幸せになったことのお返しのように、すすんでママになってくれているということが、感動でした。この目で見たくてダムに飛んでいくと・・・・。
 
nekoblog147-1.JPG
 
 本当に小さい!  生後2週間くらいでしょうか。 「えへ、アタチ、ここのコになっちゃった」と言ってるような、ちっちゃな手を頭にあてている姿は、ブローチにしたいほどの可愛らしさ。「いろいろな仔猫がやってきたけど、こんなに小さいのは初めて。哺乳瓶で飲ませるのも初めて。ほら、見て。爪をたてて、哺乳瓶にしがみついてる。すごいよね、生きようとする力」と、マリコさん。
 
nekoblog147-2.JPG
 
 仔猫は、夜10時ころダムに持ち込まれたそうですが、翌日は豪雨だったので、間一髪で助かった命でした。その夜、すぐさま仔猫のママ役を引き受けてくれたのは、オス猫のさっちゃんでした。出ないおっぱいをまさぐる仔猫のために、麻痺した後ろ足を懸命に上げて、迎えます。おっぱいが出なくても、仔猫はサチオ母さんのふところで、安心して眠りました。
 
 さて、仔猫大好き犬のハッピーがこれをほっておくはずがありません。「いつでも交代するからね」とばかり、仔猫に添い寝するさっちゃんのすぐそばで、スタンバイです。
 
nekoblog147-3.JPG
 
 そして、さっちゃんがいなくなったら、すぐに・・・。
 
nekoblog147-4.JPG
 
 でも、ハッピーは愛情がよだれとなって滴り落ちる犬なので、やさしくやさしく毛づくろいしているつもりでも、すぐに仔猫をべちょべちょにしてしまい、マリコさんから「ハッピー、ストップ!」と取り上げられ、未練たらたらの顔なのでした。
 
 「19匹...・さすがにう~んちょっともう、と思うけど(笑)、ここに持ち込まれたのは縁だったと思うし、お客さんみんなが猫たちを可愛がってくださるから」と、里親は募集しないそうです。マリコさんのダンナさまも「猫を飼いたくても飼えない人がたくさんいますしねー、ここは里山で広い分、少々多くたってね、飼ってあげられるのだから」と、なんともご夫婦揃って、この里山のような懐の広さ。「そのかわり、ほったらかし」と、マリコさんは笑うけど、ダムの犬や猫たちはストレスフリーで最高に幸せそう。私もダムの猫になりたい!(笑)
 
 ダムの三毛猫は3匹。ミカン、ユズ、レモン、と、柑橘系の名前がつけられています。(キジトラはバジル、シソ、ミント・・・と葉っぱ系。長毛系は、ララ、ココ、モモ・・と重ね二文字。いっぱいいるので、系統だてているそうです) 4匹目の三毛猫となったこの仔猫は、「ライム」というキュートな名前をつけてもらいました。
 
 会いにいった土曜日、ハッピーが山からくわえてきたウブちゃんは、まだ1歳前の遊びざかりなので、お外で、トンボの観察に夢中でしたが、ライムちゃんの啼き声を聞きつけると、飛んで行ってぺろぺろ舐めてあげているそうです。みなしごだった自分がハッピーやさっちゃんにしてもらったことを、今度は次のコにしてあげているのです。おおらかな愛の循環がここにはあります。これって、密室内でニンゲンの一対一のペットになる以前の、本来の動物の姿では、とふと思ったりもします。

nekoblog147-5.JPG
 
 ライムちゃんは、生まれてすぐに産みの母さんとはぐれ、どんなにか怖くさびしかったことでしょうが、ひと晩で、ママがいっぱいできました。
 哺乳瓶でミルクを飲ませてくれる、ニンゲンのママ2人(マリコさんと、ダンナさま)。抱っこしてあやしてくれる、猫のママ2匹(♂ママとヤンママ)。べちょべちょにするほど愛してくれる犬のママ。そして、遠巻きに見守ってくれるたくさんの先輩猫ママ。
 
 なんて幸せな仔猫でしょう!
 
 このつぎ、会いに行ったら、ライムちゃんはママたちと秋草のなかをころげまわって遊んでいることでしょう。


写真

道ばた猫日記ライター紹介

佐竹 茉莉子(さたけまりこ)

フリーランスのライター。路地や漁村歩きが好き。取材先の町々で出会った猫たちのしたたかけなげな物語を、写真と文で伝えるべく、小さな写真展を展開中。飼い猫4匹。馴染み猫数しれず。
『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫 』(辰巳出版)、『里山の子、さっちゃん』(辰巳出版)好評発売中。

カテゴリ: 道ばた猫日記

この記事を気に入ったらいいね! してニャ

  • ツイート
  • いいね!

みにゃさまのコメント

ちっちゃっ~!ほんと可愛い!!1枚目のお写真、「てへ!」って感じで超ラブリー。野ざらしになってたのはかわいそうだけど、いい場所で保護されて、ほんと良かった・・・みんなに優しい、幸せな仔がまた増えましたね。こんなちっちゃな仔でも、生きるってことを一生懸命がんばってる。すごいです。

by みゅうねこ 2013-09-10 14:25

ほんと、小さい子なんですね、なんて可愛らしいんでしょう~*
優しいたくさんのお母さんに愛情タップリかけてもらえる幸せな子(^O^)/
本当のお母さんからははぐれちゃったけれど、よかったね。
ライムちゃんいいお名前つけてもらって 素敵ね♪

by りょう 2013-09-10 16:37

>みゅうねこさん
>りょうさん

 手のひらサイズなんですよ~。でも、全身にいのちが詰まってる。全国の動物愛護センターがこんな里山にあって、ゆっくりと里親を待ち、里親が見つからなくてもそこで終生暮らす、というシステムができないかなあと、夢見ます。

by 道ばた猫 2013-09-10 21:08

なんて小さいんでしょう。
こんなにかわいい子なのに、ママねこちゃんが置いていってしまったんですね。
雨の振る中、良くぞ生きていてくれました。きっと命の強い子なんですね。

幸せそうでよかった。愛にいってみたいわ。

by しーchan 2013-09-11 17:58

ライムちゃん、かわいい〜
愛情をたくさん受けた動物は、たくさん与えることが出来るんですね〜人間と一緒です〜

・・いつも佐竹さんの写真と文章に癒されています!毎日upされないのは分かっていますが、それでも毎日チェックしてしまいます^_^

by akiko 2013-09-11 18:33

うちも似たような感じて保護してるうちに13ひきです。親とはぐれたのかウチに迷いこんだり、捨てられてたり。13ひきのほとんどは哺乳瓶から育てました。もういい加減…とは思うけど、ピーピー泣いてる姿みたら放っておけないですよね。
自分の子供には恵まれなかったけど、たくさんの猫たちにたくさんの幸せをもらってます♪

by アンディまま 2013-09-11 19:11

たくさん家族がいて、みんな幸せで羨ましいです。

とりあえず都会の賃貸に住んでるいまの自分は無理だから、ガシガシ働いて、老後にたくさん家族を迎えて、マリコさんをお手本にみんなを幸せにしたいと思います。

あ、まず、一緒に面倒を見てくれるパートナーを探さないと(; ・`д・´)

by あんたろう 2013-09-11 23:06

本当にブローチになりそうな大きさなんですね~ びっくり~\(◎o◎)/

核家族で実家にもあまり頼れず子育てをした身として、育ての母がいっぱいのミントちゃん いいな~って思います。とってもいい子に育ちますね
なんたってウブちゃんの姿が、いい家族に囲まれてすくすく育った証拠ですよ

by にゃにゃ 2013-09-12 15:27

素敵なお話
胸があつくなりました

by さやか 2013-09-12 20:27

>しーchanさん
 このくらい小さい仔猫だと、体温勝負だから、ほんとうに危なかった。ノラ母さんにもなにか事情が会ったのだと思いますが。

>akikoさん
 楽しみに見てくださってありがとうございます~ なぜが毎週物語に出会うんですよ(笑)。

>アンディままさん
 すごい!! 13匹の子持ちで、しかもほとんどを哺乳瓶で育てたとは! しあわせ13倍返しですね(笑)。

>あんたろうさん
 私も小学生のときの「将来の夢」に、「はやくおばあさんになって猫をいっぱい飼いたい」と書きました。まあ、夢に近づいていますが(笑)。あんたろうさんも夢を実現してください。

>にゃにゃさん
 ダムの猫たちは、nyaaくんに負けず劣らず、「猫らしい猫」なんですよ~ この季節はココがいい!ってお気に入りの場所を持ってるんです。石窯の上とか、屋根の庇の下とか。これぞ、猫。

>さやかさん
 猫たちには、1匹1匹、それぞれの物語があります。ささやかな物語から、奇跡のような物語まで。とにかく、どの子もいじらしい! どの子もエライ!

by 道ばた猫 2013-09-16 11:26

このブログを読んで21日に友人と3人でダムへ行ってきましたよ~。本当にライムちゃんをみんなで育ててる!
あの小さかったうぶちゃんのおっぱい、お乳も出ないのにライムちゃんに吸われて毛がすりきれてました。
ダムに行くと、みんな笑顔になりますね。

by ねこま 2013-09-22 23:30

>ねこまさん

 ほんと、ダムでは、みんな笑顔!

 キャンプにきていた学生さんが「俺、こんなに猫触り放題の体験、うまれてはじめて~」と感激していましたよ(笑)。

 それにしても、ねこまさんも、フットワーク軽いですね~ ほんとに猫が好きなんだあー。

by 道ばた猫 2013-09-23 02:45

ライムちゃん、よかったね~☆

縁があっての出会い ♪ たくさんのママたちに囲まれてしあわせですね。
愛情の輪廻。。。ねこも犬も人間も。。。ほんとはこんな暮らしがしたいかも~☆

by ruineko 2013-09-26 21:01

なんて羨ましい所でしょう...

by ちったーれ 2013-10-13 10:25